無料ブログはココログ

カテゴリー「暮らし」の記事

2016年11月23日 (水)

百姓日記⑩

 

手塚治虫さんの大予言

 

 

当たってしまったんだから畏ろしいとしかいいようがナイ。

ロボットが開発される。人間の労働をロボットがやるようになる。そのぶん人間は楽になる。という楽観的なSFに対して手塚さんは、ロボットと人間の闘いを描いた。つまり、労働をロボットに奪われて、失業した人々と、何の罪もナイ、ロボットとの戦闘だ。

これ、いまの世相そのまんま。

『鉄腕アトム』の最終話の悲惨さをみよ。救いようのナイ、手塚さんのペシミズムの行き着いたところだ。いうなれば、ブラック・ジャックに勝利したキリコのあの逸話のように。

おおよそのことを機械(あるいは電化製品)がやることになって、しばらくはバラ色だった。主婦の仕事は軽減した。冷凍食品と電子レンジがあればずいぶん事足りる。それを批判するインテリも多いけれど、少なくとも私の生活も電子レンジ抜きではやっていけない。さらにオーブン・レンジがくっつくとなれば、クックパッドみながらたいていのものは料理出来る。いまさら七輪で何が出来る。だから、現状、主婦の料理の腕の善し悪しは包丁の使い方(扱い方)くらいだ。糟糠の妻の時代は終わった。おふくろの味も幻想に過ぎなかったことは、なんとまあ、統計調査で歴然としている。あなたの母親の母親の時代、もっとも食べたかった、美味しいと思った料理は「コロッケ」だったんだよ、きみ。

さらに母親の母親が味噌汁をつくっていた割合は、極めて低い。そうして、母親の世代、もっともご馳走だったのはカレーライスで、誕生日のpartyといえば、必ず登場したのがカレーライスなのだ。

生活からビシネスに視線を移そう。ビジネスも楽になった。ノートパソコンの登場で、雇用しなければならなかった労働者は激減した。人間を雇わなくてもイイという部分が多くなったので、当然、賃金を支払わなくて済む。要するに、たいていのことはノートパソコンがやってくれるので、ヒトがやることといえば、歩いての営業くらいだ。会社もofficeも不要。(とはいえ、名刺とゴルフの心得は必要なんだけどね)。独り暮らしも楽だ。交通系カードがあれば、コンビニ・スーパーで、買い物は完結する。なんしろ、生鮮食品まであるんだから。飯はイート・インで食えばイイ。たいてい笑い話になるのが、モーニングにせよ、昼の弁当にせよ、コーヒータイムにせよ、さて、水をと思ったとき、「そうか、水も買わなきゃいけないんだ」という事実。水はタダでは飲めなくなった。

かつてマグドナルド興隆の頃、あそこのハンバーガーは猫の肉を使っているという噂を流したのが、どんな業者だったのかは知らないが、マック(マグド)はすぐに材料を公表した。これと同じことがつい最近(いやいまでも)コンビニ弁当は、一週間放置しても腐らないという「都市伝説」になっている。保存料にソルビン酸が使われているかららしい。しかし、これはまったくの嘘だった。たしかにソルビン酸は使われているが(コンビニのサンドイッチなどは、現在不使用)、これは普遍的に食品に用いられている保存料だし、コンビニ弁当(の中の個々の食品にはもちろん使用されているものもある)は、それでもなおかつ、その量を100分の一まで少なくして、店頭にはたいてい二日の消費期限でしか弁当を置かなくなった。流通時間を考慮して、だいたい72時間耐久保存のようだ。(ただし、おでんはちょっとオカシイらしい・・・おでん屋にいわせるとだけど、具材が浮くというのは妙なんだそうで、あれはおでんではナイと明言しているおでん屋さんもいる・・・)。

閑話休題。

「しばらくはバラ色だった」と先述したのは、つまりは「バラ色じゃネエよな」、になってきたからだ。「楽になっ」てはいないのだ。なんだか辛くなったのよ。働くことも、職にありつくことも難しくなった。働いても貧乏で、「稼ぎに追いつく貧乏」ばかりになった。マスコミはこれを〈格差〉という。じゃあ、いったい何の、どんな〈格〉に差がついたというのだ。どういう理由(ワケ)で。

少し前までは、いまの貧乏は、貧乏だから家が買えないので車でも買うか。てな具合の貧乏で、むかしのように今日食う米がナイなんて貧乏ではナイ、なんていわれていたが、昨今は、その、今日食う米がナイという貧困、貧窮になっちゃった。韓国なんかの若者の貧窮は深刻で「3放世代」が増大、自殺も増えている。「3放世代」というのは、「恋愛・結婚・出産」を放棄せざるを得ない世代のことで、いやこれは人ごとではナイぞ。

私とて、いわゆる「老後」はヤメタ。六十四年生きてきたんだから、もう、生きられるところまでだなと、楽観すればそうなるが、悲観的にみれば、アト3年持てばヨシで、だからといってこの3年を慎ましくさらにもう3年延ばしたところで、なんかオモシロイことあるか。六十四が六十八になっても似たよなもんだよなあ。

若い女性はもちろん好きだが、六十過ぎると真面目に相手してくれる娘さんなんてよほどの運か縁か円がナイとダメだしな。それにどうしても、「明日来るひと」を「昨日生きたひと」が扱うとなると気が引けるのだ。結婚は三回して離婚も三回したから、ヨシ、じゃあ、今度はgirl friendを三、四人てのはどうかと思うのだが、どうも私はそういうタチ(資質)じゃないから、困ったもんだ。年の差婚てのは、先立つものがナイとね。こっちが先立つんだから。

まあ、いま生きている理由は、

〇死ぬのはツマラナイ。(なんだ、人生ってこんなもんなのとアホラシクて死ねやしない)

〇美味いラーメンと、美味しいお肉(この場合は比喩で女性のことも含む)が食いたい(これも比喩になるが、sexのことに限定していっているのではナイ。つまりは恋情全般をいう)。

〇ひょっとして世界が滅びるのが観られるかも知れないという、ワクワク感がある

からでござんす。

2016年7月 6日 (水)

涙、壊れているけれど⑮

ロウカ と思う

 

朝っぱらから電話が入って、昨日取材で京都へ仕事で出かけていたA女史が「暑さと、また風邪を引いて・・・」今夜予定の食事会には欠席の連絡。このひとは年間300日は風邪を引いているひとだし、きっとクーラー風邪というアレだなあ。京都は蒸し暑さが尋常じゃナイから、今夜は無理だろうと昨日彼女が出かける前に予想していたので、「ああ、いいです、いいです」と返事。私よりたしか二つ上だから、気持ちは少女でも、老化は容赦なく、熱中症で倒れなかったのがなにより。

 

私のばあい、還暦を過ぎたあたりから老化というものを如実に体験してきたが、イチバン困っているのは〈耳〉なのだ。いわゆる難聴というもので、これは耳鼻科で聴力検査を受けたことがあるが、異常はなかった。けれども、あの聴力検査はあまり科学的ではナイと思う。聞こえてくるのは「音」なのだから。

いまでも、「音」はちゃんと聞こえる。(ただし、どういうワケか蝉の声はダメだ。まったく聞こえない)。ただ、低音難聴と遅延難聴というものがあって、低音難聴は、低音の「声」がワカラナイ。これはDVDを何度か戻して耳を近づけても、ワカラナイ〈声〉はワカラナイ。それと、遅延難聴は、相手が早口の場合に起こる。聴力がそれを聞き取っても、脳内で「声」に変換するのに〈0,5から2Second時間がかかるのだ。私たちは一種のテンプレートを利用するような感触で音声を記憶している部分がある。「おはようございます」は、ハッキリそう聞こえなくとも、そのように理解出来る。「おあおうさいあす」といわれても「おはようございます」と聞き取ることが出来る。しかし、早口で何かいわれると(たとえば、コンビニのレジ店員氏などは、マニュアルどおり喋っているものだから、必ず早口になる)聞き直すというより、その音を脳内で変換する操作に時間をとられてしまう。「袋はどうされますか」というこれだけのいつものコトバを早口でやられると、音は捉えられているのだが、「ううおあとおあえうか」になる。ここから「記憶」が「袋はどうされますか」を探索するのに〈0,5から2Secondかかる。たとえば「ありがとうございました」も「あとうました」といえば、たいていのひとは「ありがとうございました」に変換する。演劇の仕事で韓国に行ったとき、食事で店に入ると「アンニョンハセヨ」と店員はいっているのだが、それは予めこちらがそういう韓国語を知っているからそう聞こえるワケで、韓国語はまったく知らないスタッフのひとりは、「ちゃんと、日本人にはイラッシャイマセというんだなあ」と驚いていた。彼の耳はそう(変換して)聞いているのだ。

吉本さんが、ワードプロセッサーの(活躍した時代に)キイボードについて、文字数はもっと少なく出来るという提案をされたことがあった。まず「あいうえお」は、そのままで、次の「かきくけこ」は「くぁ、くぃ、くぅ、くぇ、くぉ」と、すれば、か行は「く」だけで済む。同じように、さ行は「す」だけだ。た行は「と」だけ。と、まあ、これは、『涙、壊れているけれど⑨』で慰み物にしたアホに対しての、音声としての言語のレクチャーにもなっているかな。つまり、・・・「夢を」は「ユメヲ」であって「ユウメヲ」ではナイ・・・のではナイ。正確に音声言語論的に扱うと「夢を」は「ィウムェウォ」であり、「燃ゆる」は「モユル」ではなく「ムォイゥルゥ」になる。これが「歴(れっき)とした」日本語の音声言語の特徴だと考えてイイ。プロの歌手に対して、「出直せ」というからには、それなりの言語学を勉強してからにしたほうがイイ。エビデンスもなしに、伊藤久男センセとかいう、たかが歌手に「勝手に」寄り添って、聞きかじり学問しかナイ、チンピラふぜい、三下インテリのバラケツが、ゴロまくから、私の精神疾患の症状のaggressiveに慰み物にされるのだ。

なんなら、コトバにおける「書き体(文書体)」「語り体(話体)」「歌い体(歌謡体)」について、訓戒、教示してあげてもイイが、そうなると銭とらないとな。

2016年4月11日 (月)

背負って勝負

私の祖母の生まれは京都
ひとにはいえぬところで ございます
隠し通した 出自の因は そこんところにあるんでしょう
それからマレーに逃げまして 馬賊の賄い 務めました
ほとぼり冷めて 日本に戻り 始めた商売 アイスクリン屋
昭和の初めでございます
妾奉公 西向きャ 紅屋 赤い花緒の下駄はいて
子供背負って ジャムパン 一缶
土曜の花会 短冊散らし 更けゆく夜の 勢多の唐橋
母の名を呼ぶ ボートの子らが
聞いた鐘の音 いまはむかしの 哀歌であります
もらい湯の 北斗の星の 帰りの坂道
我は星のこ 不知火の
そうそう 大火事ありまして 学校全焼 焼け棒杭
憶えております 祖母の背中は やっぱり燃えて 
大縁側には 火がいっぱい とんとんとんと 肩たたき
すこうし 地平が傾いて シャボン玉に 丸髷の
くずすくずすは 口説きのもんく
ビィードロ ホッペン おちょぼ口
長患いで 亡くなりましたと ディスクジョッキー いいましたね
悔い改めなさいと 神に談判
したのはこっちだ お門違いのボンズはつんぼ
いちかけ にかけ さんかけまする
このあたりからでしょう 罪とやらを 背負ったのは
背負われて 背負って拝む 石地蔵
ちょうど時間と おかみさん
行きな 黒塀 神輿でワッショイ あとの祭りの盆踊り

あんまりひとにやさしくするもんじゃナイ。我慢にも限度、堪忍袋の緒だって磨り減れば自ずとキレル。意地でささえる夢さへなくなって、莫迦にだけはならないように、コトバの鍛練をしているけれど、和剃刀の研ぎ方も忘れないように心がけている。

ああっ斬りたいな、切りたいな、喉元スパッとやりたいな。

あんたの、だよっ。

2016年4月10日 (日)

でたとこ勝負

ちょいとどこまで お出かけで
月面着陸失敗しまして 女がひとり 泣いております
落とし物はUSB 私の世界のデータです
さがしものなら 隅田川
仕掛け花火の 火の粉をあびて
まぶしいったら ありゃしない
宅配きました 飴のご褒美 ええ いつものように
現世に未練はござんせんと いうんですなあ その
豆苗の小さな花です 道端でひろった娘です
いつもの水割り ドアの把っ手に引っ掛けまして
時間計れぬ 砂時計
ああ 悔しいったら ありゃしない
これでは いつ何処で 死んだらいいのか 困ってしまって
ココロは荒野を 駈けております
ごめんなすって 急いでおります
いいえ 浮いたことなどしちゃいません
振り返れば 出刃包丁
誘っておいて 知らぬ顔
いつものことです もう懲りましたので
潜ってみせましょ 夏まで待てりゃ
それが証拠に 裸足は 人魚の成れの果て
地の果て 氷の海の底
獄(ひとや)に収監されております
あれから 一年 ふた月 三月
律儀に生きてまいりましたが
世間はすっかり 亡んだようで
きょうも 町内会の役員さんが
路頭に迷っておいでです

私は、いままで学んだことをすっかり忘れてしまい、遠いむかしに生きている。
分単位で、相転移して、情緒も思想もはっきりせずになるものだから、こうして、かろうじて、生存の証を刻んでいる。

2016年1月20日 (水)

♡~15

「貧しい人々は、幸いである、神の国はあなたがたのものである」(ルカ福音書6/20)。
この「神の国」というのが「天国」のことなのかどうなのかは、教派によってさまざまで、もともと「天国」という概念は「ゾロアスター教」からのパクリだという説もある。その辺りは今回関係ナイ。ともかくも「いまのこの世界」ではナイことは確かだということだ。「いまのこの世界」は「富むもの」に都合よく出来ている。
2015年、世界の上位1%の富裕層が、残り99%全員分を合わせたよりも多くの富を所有していた。いいかえれば、世界の富の殆どを、わずか1%の人たちが保有していたことになる。(世界の貧困問題に取り組む国際組織オックスファムが、18日に発表した報告書「1%のための経済」)
それを換算してみると、世界で最も裕福な62人の総資産が、貧しい36億人分に相当、36億人というのは世界人口の約半数だ。世界の上位1%とは、どれほどの富裕者になるかというと(オックスファムはこの報告書の作成にあたって、クレディ・スイスが昨年10月に発表した「2015年度グローバル・ウェルス・レポート」を主要なソースとしている)、純資産で75万9900米ドル、約8901万円というのが上位1%のラインになる。
ところで、BBCは「もしあなたがロンドンに、抵当権の設定されていない(支払いの完了した)平均的な一軒家を所有していれば、おそらくあなたは上位1%に入っている」と語っている。これは日本でも、地価が高い都市部などでは当てはまる。クレディ・スイスの「レポート」によると、2015年時点、日本には米ドル建てで純資産100万ドル以上のミリオネアが212万人いたそうだ。
な~んで、そんなに差がつくのというと、これは殆どタックス・ヘイブンの存在に因る。タックス・ヘイブン(直訳なら「税金天国」だが)とは、日本語に訳すると「租税回避地」という意味で、外国資本&外貨獲得の為に、意図的に税金を優遇(無税または極めて低い税率)して、企業や富裕層の資産を誘致している国や地域のことをいう。大企業や富裕層などの資金が、自国からタックス・ヘイブンに流出すれば、当然ながら税収は減ってしまう。日本の一般庶民でも、タックス・ヘイブン諸国に銀行口座を持つ事が可能だ。すでに一部の資産家は、金利ゼロなうえ税金だけはべらぼうに高い日本から、これらタックス・ヘイブン諸国に預貯金を移動させている。
老後、一カ月の生活費はひとり15万円だと算出されている(厚生労働省)。母親は15万円受け取っていて(年金の種別がチガウ)85歳の独居。私は前倒ししているので、老齢年金だけで、一カ月5万円弱だ。40年支払い続けたが、月5万円では家賃にしかならない。2004年(平成16年)4月7日、自由民主党衆議院議員(当時)の安倍晋三は、衆議院厚生労働委員会で、自営業者らが加入する国民年金について、現状のままだと積立金は2017年(平成29年)度に枯渇するとの見通しを述べた。また厚生労働省年金局長(当時)の吉武民樹は、毎年280円の引き上げでも2023年(平成35年)に積立金が枯渇するとの見通しを示した。で、現在、どう改正されているのか、枯渇してんのか、有るのかナイのか、気になるなら調べればイイ。どのみち、年金など支払ってるものは、私の知る限り皆無だ。みな三十代だが、30年後に日本があるのかナイのかもワカンネエんだから。「一億総活躍社会」、悪い冗談だ。「国家総動員法」か、「進め一億、火ダルマだ」か、、んっ。

2015年12月 1日 (火)

Words of the nincompoop ⑭

闘病中につき、ちょっと他人の褌をお借りする。
2015年12月1日(火)6時11分配信、ビジネスジャーナル(神樹兵輔/マネーコンサルタント)さんの記事を感想を付けてまとめてみた。
○先頃、米国の国立心肺血液研究所が発表した「高血圧基準値は120未満を目標にするべき」という大規模な研究報告が波紋を呼んでいる。何故なら→日本では一時期「130未満」が基準値となっていたものが、現在、高齢者が血圧を下げすぎると転倒して骨折を招くおそれがあることから、概ね〈140未満〉を目安とする治療が主流。→つまり片方(米国)が下げ、その差が20になった。で、どっちが正しい。患者のみならず、医師のほうが悩む。最近の医師は自分で考えない〈の〉が多いからナ。みなガイドラインだ。

○肥満者の多い米国人との比較が一律に日本人に当てはまるのかは疑問だが、今回の報告は、50歳以上の高血圧症と心筋梗塞のリスク患者9400人への3年間の追跡研究から導き出された(ということになっている)。9400人に対して、血圧を「120未満」に下げる患者と、「130未満」に下げる患者の2群に分け3年間追跡。その結果、「120未満」にした患者のほうが心不全や心筋梗塞、脳卒中の発症リスクが、「130未満」にした患者よりも27%も低かった。→という統計がエビデンス(科学的根拠)なのだが、統計というと、えらくエビデンスを伴っているものに感ずるが、この統計は、この統計であって、別にチガウ統計があれば、チガウ結果が出ているかも知れないのは、統計そのものが〈シュレーディンガーの猫〉と同様に、測定〈結果〉ではなく、測定〈対象〉に成り得るということを思い描かれるとイイ。

→さて、何故、神樹氏がここに疑義を(つまりは半畳入れる)のかというと
○この研究報告を素直に受け止められないのは、これまでの医療業界、製薬業界のさまざまな過去の経緯から、欺瞞的な匂いがプンプンと漂ってくるから。→漂う程度ではナイ。もはや澱んでいる。私(北村想)なんかは、だいぶんに向精神薬で、その実情を目の当たりにしているからな。

○意外に知られていませんが、日本は米国に次ぐ世界第2位の薬漬け国家です。米国の医薬品市場は世界市場の4割弱を占めますが、日本も同約1割を占める薬漬け国家なのです。薬剤費がべらぼうに使われていることが窺われます。→ここは、ちょいと注釈が要る。米国の場合、日本では薬品になっているものが、第3類程度なら、サプリメントとして買える。有名なL-システィン配合のハイチオールは、成分は同等でも日本は薬剤として販売。30日分が2000円、しかも一錠240㎎。これに対して米国のサプリはビタミンCの量は少ないが、システィンは一錠に500㎎。100日分で1380円。半分にして飲むと200日分になり、700円という安価になる。ちなみに、システィンの一日服用基準は1500㎎まで。こういった類はかなりあるとみていい。

○日本の場合、医薬品は約9割が医療機関向けです。国の医療費は年々伸び続け、2014年度には40兆円に達しています。2000年度と比べて14年間で10.5兆円もの増加です。40兆円の医療費のうち、薬剤費の占める割合は、ほぼ4分の1にまで達しています。2000年度と比べ、調剤薬局の薬剤料だけが2倍以上もの突出した伸びを示しているのです。→私の年間の医療費をいうと、たいていの者はビックリする。抗鬱剤や向精神薬は副作用が多く、「うつ病は精神の糖尿病だ」という名言もある。副作用対策のクスリ代がバカにならないのだ。

○もちろん、厚労省もほぼ2年毎に薬価を見直し引き下げに動いていますが、薬剤費は下がりません。業界はジェネリック医薬品の浸透を阻むべく、薬価基準を巧妙にすり抜ける新薬もどきの製品への切り替えで、薬剤費を膨張させてきたからです。→この手口は危険ドラッグの手口とまったく同じだということを留意。製薬業界の狡猾さは、許し難いものがある。

○製薬会社は、どこも儲かっています。景気に左右されない業態である上に、特許切れによる収益減に備え、潤沢な内部留保を活かしての世界市場でのM&Aに邁進しています。
→かつては抗生物質を一つみつけると、その製薬会社は10年は安泰といわれた。しかし、昨今は、合成抗生剤のために、これが出来なくなった。そこで、目をつけたのが、降圧剤やら、生活習慣病という怪しげな病気やら、中でも罪なのが向精神薬なのだ。右を向いても左を観ても、そこいら中の医院、病院が心療内科の看板を追加している。もちろん、これは内科の領分で精神科とは関係ナイが、出すクスリは似たようなものが多い。精神科の入り口が気になる病人は、どうしてもそっちへ行くが、順序としては、まず内科の診断を受け、精神科へ、が正しい。ただし、どちらもマトモな医師による判断に委ねてという条件がつく。

○薬剤費が下がらないもうひとつ理由は、製薬メーカーが医師や医療機関と癒着した関係のなかで「病気の基準値を変える」というマジックを実現してきたからです。高血圧症、糖尿病、高脂血症(脂質異常症) という3大慢性病の基準値は、これまで次々と改訂され、厳しくなってきたという背景があります。
 たとえば、日本における高血圧症の患者数は1987年には170万人でした。それが2011年には5.3倍の907万人にまで増えています。同様に糖尿病も、1990年の560万人が2012年には950万人と1.7倍に増えています。高脂血症も1996年の968万人が2011年には1900万人と約2倍以上に増えています。
→もちろん、統計の数字をいじっただけで、〈医学的エビデンス〉はナイ。
○1980年代までは、高血圧の基準は「年齢+90」といわれ、概ね180/100と大らかなものだったのです(旧厚生省)。それが、1993年にはWHO(世界保健機関)と国際高血圧学会が140/90を打ち出したことにより、日本の高血圧症患者数はグンと伸び、96年には750万人を突破しました。→下の数値の90など、ちょっと仕事すればすぐにそうなる。また、私独自で、役者の稽古後の血圧を測定したことがあるが、100以下のものはいなかった。
○さらに2008年には、日本高血圧学会が130/85の数値を正常値と定めたおかげで、患者数は797万人まで膨れ上がりました(14年に140未満に緩和された)。この基準値でいくと潜在患者数、つまり基準値を上回る人の推定は4300万人といわれますから、製薬会社は笑いが止まりません。高血圧症の医療費だけで2兆円となり、そのうちの9000億円が薬剤費となったのです。今では「成人の3人に1人が高血圧症」とWHOも警告する始末なのです。しょせん、WHOも各医学研究団体も共存共栄の構図があるゆえんです。
○高血圧といえば、世界第2位の売り上げ(約500億ドル)を誇るスイスの製薬メーカー・ノバルティスファーマの日本支社で、14年6月に元社員が逮捕され、家宅捜索が行われています。これは、同社の看板薬で年間1000億円を売り上げていた高血圧治療薬「ディオバン(一般名称はバルサルタン)」が他社製品よりも優れていると見せかけるため、大学の研究機関に捏造データを渡して論文を作成させ、それを販促活動に使っていたという不正によるものでした。
 このことからも明らかなように、医学界において製薬メーカーは偉大なスポンサーです。研究名目や寄付で医者や研究者を御用学者として手なずけ、学会やセミナーで自社製品に都合のよい発表をさせるなど、相互にズブズブの癒着関係があるのです。
○2011年の製薬メーカーの研究開発費は平均データで売り上げの18%を占め、これは自動車や家電メーカーの3倍強に当たります。他産業と比較して突出して高いことで知られますが、実はこの中に医学界への潤沢な謝金が含まれているのです。
 日本製薬工業協会加盟72社の医師など医療関係者への謝金額総額は4793億円です(2013年度)。うち研究開発費が2472億円、情報提供関係費が1405億円、学術研究助成費が536億円、原稿料が267億円、接遇費が113億円です。
 医者や医療研究者が、製薬メーカーに逆らえない構図がここにはっきりと見て取れるでしょう。
→世界総ての製薬会社に、年間10億円の法人寄付を『国境なき医師団』に納めることを義務づけたいくらいだ。しかし、そうすればそうしたで、今度は薬価が上がるだけだもんな。