無料ブログはココログ

カテゴリー「アニメ・コミック」の記事

2016年8月31日 (水)

途端調風雅⑥

 発想トンビ

かつて大映のSF映画で、『透明人間と蝿男』(1957)というのがあって、これはタイトルほど荒唐無稽な内容でもなく、特撮も工夫されていて、いまでも充分鑑賞に耐える。んで、一気に本論に入ると、ヤクザと透明人間が闘うマンガ『アダムとイブ』(作・山本英夫、画・池上遼一)は、二巻で完結したが、発想の斬新さは驚くべきもので、物語の展開も見事だったのだが、量子力学を手品のタネにしたことで、殆どがおジャンになった。

山本英夫には『殺し屋1』という優れた作品があるし、池上とくれば大家なんだから読ませぬワケはナイのだが、五感の異常に鋭いヤクザたちを殺しまくる透明人間が何処から現れたかの謎解きに該るところで、応用物理学の博士号を18歳で取得、米国国防総省で量子コンピュータの研究をしていた、双子の姉妹を登場させ、まあ、天才リケジョということで、池上センセも、例の細胞問題でなんやかんやあった彼女を彷彿とさせる顔だちの女性を描いてらっしゃるのだが、ここで「量子の世界では、極端にいうと『月は見ているときだけ存在している』ということになるの」と発言させ、みていないときは「ゆらいでいる」と答えさせ、「分散して、透明な存在」で、「観測したときだけ粒として凝縮して存在を表すの」とさらに述べさせ、それは科学的実験でも立証されていて、アインシュタインも渋々認めていると、語らせる。これは、山本さんのマチガイというより、完全にデタラメなことだ。

まず「量子の世界では」というのは「量子力学においては」としなくては文脈が通らない。「極端にいうと」ではなく、この月についての発言は、実はアインシュタインがいいだしたことで、アインシュタインは「私はいま月を見ている。月はたしかにそこにある。しかし、私が月を見るのをやめれば、量子力学が正しければ、月がその位置にあるということはできない。こんな馬鹿なことを信じられるか」なんだけど、これは、波動関数によって求められる量子(たとえば電子)の状態が、確率によることについて、「神はサイコロをふらない」と噛みついたアインシュタインからすれば、物体がすべて量子で出来ているとすれば、とても納得出来る答ではナイ。

マンガ原作の山本さんはそれを踏襲しているのだが、参考資料に読んだ物理学の書籍が不味かったとしかいいようがナイ。マチガイというよりデタラメはいっぱいある。まず、月の問題と「ゆらぎ」とは何の関係もナイ。また「観測したときだけ凝縮」というのもデタラメで、量子の状態は、観測の影響をまったく受けない。観測と量子の動きとは何の関係もナイ。アインシュタインはべつに渋々認めたのではなく、ボーアとの熱烈な論争の末、これを受け入れたのだ。だいたい、科学者たるものが〈渋々〉学説を受諾するなどあり得ない。

月の問題について、ここにつらつら書いても、何だかワカラナイだろうから、結論だけ書いてしまえば、「月は、見ていなければ、そこにあるとはいえない」というのは、量子力学的に原理的な意味では、正しいのだが、現実の観測や日常経験では、ニュートン力学に入るため、まったく可能性はナイ。つまり、月も量子の固まりであることにはチガイナイのだが、その質量から考えて古典物理の法則に従うのは明白なのだ。透明人間が何処から来たかについては、マンガだから、納得するしかないが、『幻魔大戦』ほどぶっ飛んでいればともかく、現代ヤクザとの格闘というsequenceになると、少々首を傾けざるを得ない。その『幻魔大戦Rebirth』も、いいかげん、「並行宇宙」を「平行宇宙」と表記するのは恥だからヤメタほうがイイ。

 

2015年12月29日 (火)

私想的生活-08

シミュラークルというシロモノは、ほんとうは存在しない。それが元ネタのナイ模造品、贋物だからというのではナイ。『恋愛的演劇論』は〈現実と虚構〉についての論考だから、そっちを読んで頂ければ、すぐにその理由はワカル。だから、ここでは述べない。
シミュラークルを拡張してみると、擬似的なものにテンプレートてなのがある。/テンプレート(template)は、文書などのコンピュータデータを作成する上で雛形となるデータ/
/具象的なテンプレートは、それ自体文書であり、数箇所の修正または空白への書き込みで目的の文書となる。元の意味は建築物の梁受けで、そこから、鋳型のように働くさまざまなものを意味するように派生した/と、「ウィキペディア」にはあるが、要するに「型紙」あるいは「クリシェ(活字印刷の場合に頻繁に出てくる組型)から、定型的文章をこういう」。ルーチンワークなんかをするときには便利なシロモノだ。
落語などの語り芸において、その主要な(あるいは頻繁な脇役)登場人物(たとえば、ご隠居とか、クマとか与太郎とか、キーコとか、大店の旦那とか、宿屋の女中・・・et cetera)をいちいち創りだしていたら、おそろしく面倒になる。こういうとき、テンプレートを何枚かファイルしていると、それを取り出して、ちょっと書き込みするだけでイイ。多くの落語家は、この方法でやってる。
情報や知識、教養にしても、テンプレートを脳の中にファイルしておけば、そこからサンプリングして組み合わせていけば、戯曲の一曲くらい書けなくもナイ。昨今のコミックスなんかは、ほんとうにテンプレートへの書き込みだけ、てのばかりだ。たいていの大元は、山田風太郎さんの創作の中に存在している。つまり亜流でしかナイ。(時折、それとは逸脱して『女子攻兵』みたいな〈キチガイよろし〉の作品もあるが)。帯などに「アニメ化決定」とある場合、それはまったく逆で、最初からアニメ化出来るかどうかを吟味した上で、出来そうなのを雑誌で先行掲載しているだけだ。非情なことに、コミック雑誌は売れない。単行本が赤字にならず、アニメに出来ると、やっとマンガ家の懐も潤う。最近のマンガ家がペンなど使わず、パソコンで描くのは、そのほうがのちのちアニメにしやすいからだ。しかしながら、「実写決定」となると、要するに昨今のproducerはマンガしか読んでいないという証明にしか過ぎない。かつての文学映画は観るに堪えた。小津映画など、リアルタイムの当初では「芸術映画」だなどと思って鑑賞した庶民は誰もいない。あれはあれで、娯楽映画の一分野(小津落語てふうにいわれた)だったのだ。
ハリウッドですら、絶対ヒットの映画しかやんなくなった。『スターウォーズ・フォースの覚醒剤』(一字余分)などはそのいい例だ。映画興行は、洋画が多いという感触、雰囲気はあるが、ほんとうはその三倍程度は邦画が封切られているのだ。すぐ終わるけど。DVDに「劇場公開」と書き込むためだけの興行だから。(さて、もう一回くらいやるか)

2010年9月 3日 (金)

ルバイヤート

太宰治の著作権がきれたので、ちょうど、宮沢賢治のときのように、関をきって、雪崩のように、出るわ出るわ、コミックから映画まで。やっぱピカレスクなのかなあ。かつて、とある有名劇作家の愛人やってた女優がいったね。「私は悪人のほうが好き。だって、悪人のほうが断然、魅力があるもの」んで、その後、結婚されたのは善人だったのか悪人だったのか、おらは知らない。・・・しかし、古屋兎丸の『人間失格』には、脱帽です。このひとのコミック、以前、何か読んで、そのときも驚いたんだけど、さすが新潮社(太宰の最たる版元)、たぶん、脚色がみごとだから、編集者もいいのだと思われる。2巻までだが、『ルバイヤート』を持ち出したのにまた仰天。太宰を読んだのは40年前だから、記憶がさだかでないので、原作に出てきたかどうか。太宰は、「相対化」もしくは「対象化」するのに時間もかかる。そう出来なくて終わるひともいる。ともかくも、短編は、海外文学ですら、追随をゆるさない。ところで『ルバイヤート』、古屋さんのには、「ままよ、どうあろうと」の(84)が使われていて、

恋する者と酒のみは地獄に行くと言う、

根も葉もない戯言にしかすぎぬ。

恋する者や酒のみが地獄に落ちたら、

天国は人影もなくさびれよう!

である。ちなみに、「解き得ぬ謎」から、かましてくれるぞ。(2)と(3)をみてみよう。

(2)

もともと無理やりつれ出された世界なんだ、

生きてなやみのほか得るところ何があったか?

今は、何のために来たり住みそして去るのやら

わかりもしないで、しぶしぶ世を去るのだ!

(3)

自分が来て宇宙になんの変化があったか?

また行けばとて格別変化があったか?

いったい何のためにこうして来たり去るのか、

この耳に説きあかしてくれた人があったか?

しかし、古屋兎丸さんの『人間失格』は、ちょっと女性がステロタイプ過ぎます。そのあたりだけは不満。脚色は、いいのよ。