無料ブログはココログ
フォト

« 2023年6月 | トップページ | 2023年8月 »

2023年7月

2023年7月30日 (日)

時世録・27

マイナカードは持っていてよい。「返納」したい方はそうしてもイイが、役所の人件業務が増えるだけで、連日の残業。コロナの次はこれかよと悲鳴をあげて鬱病になるのは係のものだけだ。
マイナカードとマイナンバーとはチガウ。これは河野デジタルの云い方がワカラナイだけだ。マイナンバーは国民個人番号であり、マイナカードに入っている情報などはこれ以外は微々たるもので、チップに個人情報などは無い。その微々たる情報だけで紐つけが出来ることをやろうとしているのだが、当初(いまでもサイトを読むとそうなんだけど)カードで保険証が一本化出来ます、とても便利っ。てなことが、いつの間にかどういうワケか、保険証が無くなる、カードは義務化されるというまるで詐術のような事態に誰が誘導したのか、いまだに官僚や与野党もワカッテいないようだ。河野デジタルも「私ではありません」と明言している。じゃあ、誰なんだ。
とはいえ、掲載されているマイナンバーは国民の個人番号だから、たとえば量子コンピュータを用いればたちどころに個々人の(資産)情報など1億人分並べられる。これはコンプライアンス違反になるので、よって、この紐つけには四桁の暗証番号が必要になった。たった四個でいいのかというと、それでイイらしい。この操作を三回間違えれば、24時間ガード(停止)するような仕組みになっている。いくらなんでも三回の組み合わせで一発当てることは量子ビットでも無理だ。
政府がやろうとしているデジタル化は、理念としてはマチガイではナイ。こいつをヤっておかないと、たぶん30年後あたりで日本社会は労働力不足で壊滅する。生成AIがうるさくいわれているのはその危険性だけではナイ。便利なものはなんでもキケンなのだが、こいつは将来の国家盛衰に関わるからだ。冷凍冷蔵庫と電子レンジと洗濯機と炊飯器によって、暮らしがどれだけ楽になったか、ちょっとかんがえてみればイイのだ。コンビニストアとアマゾンでどれだけ老人の寿命が伸びたか、だ。
さて、広末不倫も、ビッグモーターも屁のようなもので、そんなものに関わっているヒマはほんとうはナイのだ。現状、世界気温はここ十二万年のあいだで最高を記録している。北半球のほうかなり酷いようだ。北極の氷はアト30年といわれていたが、加速的にそんなに持たないだろう。海面の上昇は無いにしても、北極海の氷の下に眠っていた太古の炭疽菌(これはもう4人の死者を出している)や、毒性バクテリア、COVID-19のような未知のウイルスなどが次々にパンデミックの再来を予想させる。あのね、COVID-19はまだ終わってナイのよ。そこへきて、熱中症なんだからね。昼間(朝も夜も)人通りが無いのよ。
さてロシアの永久凍土は溶け、穀倉地帯は壊滅するだろう。中国共産党は先を読んだのか、COVID-19パンデミック直前に、カナダをはじめ、あちこちから家畜の飼料の爆買いを始めた。そのため、鳥インフルが解消出来ても(ワクチンはあるんです。しかし、ワクチンを打った鳥のウイルスがヒトにどんな作用を及ぼすかがワカッテないんです)日本の鶏卵も元の価格にもどることは無い。一日一食を20円のうどんに河岸の雑草を煮込んで食っていた母子のハナシもすぐに特異な出来事ではなくなるだろう。(すでに20円のうどんはここ半年で50円になった)。
こちとらは「栄養失調」も知っているし、40℃の暑さの中での作業もトタン屋根の下の稽古場で経験してきた。いまや身をもって知っていることだけが事実というより他はナイ。メディアに引っ張られないようにだけ、メディアを活用するべきだということをお忘れなく。メディアもインテリ芸人のマイナカード攻撃も、コロナワクチンのときのように、何処か何か科学的なことをスルーしたままで、拳を挙げている気がするのだ。
『きみたちはどう生きるか』じゃアリマセン。『きみたちはどう生き残るか』という人新世が始まっている。おいらなんか、盆には近隣のホルに宿泊して、美味いものを友人夫婦とともに食う。盆と正月が来るのももうナイかも知れないからな。でと、UNICEFと国境なき医師団とカタリバには同程度の寄付をして、浄財とする。とりあえず今夜の飯は豚の生姜焼きだ。いつまで食えるのか豚肉よ。有終の美であれ地球よ。憂醜の尾なんかで死んでたまるか、だ。泣くぞもう。

2023年7月24日 (月)

時世録・26

ほぼ1年ぶりに、脳神経外科頸椎狭窄疾患におけるMRIを撮りましたが、結論だけ記せば「現状、打つ手ナシ」。それ以外の疾病と複合して(鬱病と両膝とも緩衝材が磨り減っていますから)歩行は不自由。加齢、老害(半世紀に及ぶ仕事の影響で腰痛をプラス)というのはそういうものなでしょう。で、アトは、どう生きるかではなく、そういう生き延び方をいつヤメルかだけですネ。
To be, or not to be: that is the question.と、これはいわずと知れた『ハムレット』ですが、answerなどはナシというに尽きます。
猫と同化しての私からの七十年の感想ならいえマスね。
〇ひとに頼ってはダメ。腹がタツというより、莫迦をみるだけ。笑ってオワリになればなかなか微笑ましい。といえば、そんな感じ。
〇ひとに頼られてもダメ。ここで多くは「最近、近親交友、世間、冷たくなったなあ」と、自分のあしらわれ方をマチガイます。おもいだしてごらんなさい。そんなに頼られてなんかいなかったですよ、いまもそうですよ。対人関係なんて「温かい」というより「あ闘い」だったじゃナイですか。それはそれでオモシロイもんでしたけど。
〇人生についてかんがえたのは失敗。こういうものなんだが正解。まあ、みなさんみんなこれで失敗しているんですけどね。勘違いして成功している方も多々いらっしゃるようですけど。
ナチの強制収容所を経験され、卑劣な環境の中で生き延びた精神科医の故ヴィクトール・フランクルのコトバを引用。
「そもそも我々が人生の意味を問うべきではありません。我々は人生に問われている立場であり我々が自分の人生の責任を引き受けることにのみ、その問いかけに答えることができるのです」
「責任」かどうかはともかく、引き受けてはきたとおもっていますが。その証左ですか、それって成した悪事の数々のことですかネ。

さて、昼飯。本日のポンチ絵おわり。

2023年7月21日 (金)

時世録・25

数カ月前の電子版で、東京のとある産院の新生児保育器に入っている三割の乳児は両親の血液型と合致しないというニュースが、まるで都市伝説か怪談のように掲載されていたが、医師や看護師にしてみれば、口止め料どころか、「血液型再検査の余地あり」のカルテ一行で大枚の紙幣が懐を温める、心温まることだなあ。
で、ヒロスエW不倫に関しては、岸田内閣支持率急降下の覆い被しのつもりで世に出たものなんだろうが、そうでもナイらしく、世の麗夫人の方々(でもなく、普通の生活既婚者)においては、「みなさんそうなのね」で、これまた電子版のresearchでは、既婚者の女性32%(1,2%は記憶誤差アリ)はそのW不倫の真っ最中で、「お互い家庭があると、それぞれ割り切ってデキる」のでココロ安らかなのだそうだ。ちなみに、現在進行中ではナイが経験がアルと答えた男女の不倫率はこの倍になる。
私は若いころ硬派だったワケでもナイが、なにぶん、世界は政治的な季節だったので、そっちのほうは奥手も奥手、まあ、私のことなんかもうイイや。
私の死ぬまでにヤリたいこと。一本だけアダルト作品の作・監督。でタイトルは『じゃあ、ちょっと』となんとも呆れたものだが、ともかくsituationとしては普通の日常の情景があって、まるで社交辞令の挨拶、時候の挨拶、朝晩の挨拶のように、たとえば、道々通り掛かった営業マンと、買い物帰りの若妻。すれ違いざまに、営業マンのほうが「こんちわ、買い物ですか」「ええ、今夜は張り込んで赤鳥にしたの」「そりゃ、旦那も大喜びでしょう。すると今晩あたりはもう肉のアトの肉合戦ですか」「そうなるでしょうね」「どうです、ちょっと前哨戦」「そうね、じゃあ、ちょっと」と、近隣の神社の杜に入っていく。「お肉、腐るのイヤだから、さっさとしようね。ああ、ゴメン。パンツ脱いじゃった。脱がしたかったでしょ」「いえもう、ワカッテますから」と木立の下で映画「〇〇夫人」てなことになる。すぐ裏手の神社経営のラブホ。こっちは、高校生らしい男女数人が、「数Ⅱのセンコー、わりとひねった問題テストに出すってほんと」「ほんとらしいよ」「それより、物理よ、なんか面倒みたいって聞いたワ」なんてガヤガヤ話しながら「乱交ルーム」とかに(いつもの如く)入っていく。「うっわ中に出すの、また妊娠させるつもりか、きみは」「アフピ(アフターピルのこと)誰か持ってるだろ。だって、もう出ちゃうんだもん」。で、その近所のコンビニ・レジでは、「交通系で支払います」「わかりました」「あれ、きみの名札、きみ、ヴトちゃん」「そう。日本語の勉強に来てるの」「そんなの教えるからさ、ちょっとどう」「そうね、じゃあ、ちょっと。〇〇さん30分休憩してくるのでお願いね」と、コンビニの休憩室に入ると先客がいる。「あれ、店長、それと今日からの新人さんじゃないの。もう、始まってるの。しょうがナイなあ、また、梅毒うつしちゃうのね。ねえトイレでもイイ。うちのトイレきれいにしてあるのよ」「ああいいよ」「じゃあ、ちょっと」「私さ、いきなりバックって好きなの」「ああ、いいね、そういうのさいきん、けっこういるよ。きみ、ビョーキは大丈夫かな」「こないだ治ったから、平気」
こういうのを連鎖的に年齢、職業、場所をかえ、延々と、国会なんかでも質疑応答中の女性議員に「だいたい、元アイドルを議員にしたのはなんでだとおもってんだ」「わかってるわよ。だからちゃんと並んでね。きょうは五人までよ。で、えーと質問ですが、大臣、ああ、ダメ。えーと、沖縄独立と台湾問題について、イヤイヤ、ソコ、イッチャウから」
こういう、むか~し観た、『未亡人下宿』みたいなノリで撮りたいなあ。
いろいろ、バカバカしくてねえ。でも、メソメソ泣いてるよりはマシだとおもうんですよ。

2023年7月 8日 (土)

時世録・24

未来は常に過去形でしか語れない。
あるいは、生成AIには未来予測は不可能である。
二つとも特に難しい命題ではナイ。深遠な認識論でもナイ。「そうだから、そうなのだ」ということを述べる。
簡単に理解するために(あるいはしやすくするために)、将棋盤(と、駒)で闘う二人の棋士、もしくは、真剣勝負の剣士二人があれば充分なのだが、前者のほうがimageしやすいのでそうする。
大雑把に「時間」というものを分別すると次の三つしかナイ。(もちろん、時間というものが存在するという前提でだが)。
/「過去」「現在」「未来」/だ。
① いま、二人の棋士が将棋盤を挟んで対座した。これから盤上(あるいはかれらの脳裏)で将棋戦が始まる。←「現在」
② 将棋にはまず戦形の駒組が何通りもある。さて、先手はどういう駒組でいくか考えて駒を一つすすめる。これは盤上の「未来」を予測してのものだ。それをみて、あるいは無視して、後手は一つ駒をすすめる。と、これも「未来」を予測しての「現在」なのだが、棋士二人の脳裏にあるdataとalgorithmは「過去」のものだ。それ以外のものは二人の脳髄は持ち合わせナイ。ここにおいて、棋士二人は「過去」を考慮、思案しながら「未来」を創っていることになる。つまり、盤上に現れているものはこれからの「未来」ではあるのだが、それらは「過去」のdataからのalgorithm、もしくはfunctionに過ぎない。つまり、盤上に展開されつつある「未来」は「過去」にはなかったものなのだが、そのprototypeは「過去」のものだ。
③ かくして、盤上の闘争はつづくが、「金がああきて、角をこうして、玉が上がって、云々」、これを読み筋というが、それらはすべて「過去」のdataによる。いくら藤井名人が衆目、プロ解説者にもワカラナイ駒の動かし方をみせても、藤井名人は出鱈目にそうしているのではナイ。全ては「過去」から「未来」(勝ち筋)を創ろうとしている作業工程(process)なのだ。
④ ここで、ちょいと横道。生成AIに「来年の景気予測はどうでしょう」と、質問する。生成AIは、データをサンプリングして確率の高いものをリミックス、文章化する。ここで生成AIが成していることは、棋士二人が行っているprocessと同じだ。ただ、人口知能とはいわれているけれど知能などはなく(考えているのではなく)、確率計算機でしかナイ。そこは棋士とは千里の隔たりがある。
⑤ ここまでの結論をいえば「未来」はすべて「過去形」で語られている。否、語るしかナイということだ。
⑥ これは何を意味するか。簡単なことだ「あしたのことはワカラナイ」「明日はあすの風が吹く」「ケセラセラ」「成るようにしか成らない」不確定ばかりなものばかりではナイ。確実なものをいえば「ひとは必ず死ぬ。古今東西死ななかったひとはいない」。アタリマエのことだ。
⑦ さらにここから導かれるものは何か。
⑧ 「今日の絶望、諦念は、そこでオワル、そこからはどうなるかワカラン」「みよや野の花、空の鳥、ソロモンの栄華」なんてことをいわなくてもイイということだ。もちろん、今日も明日も戦争や平和はある。しかし、悲観してはイケナイ。それらは〈状況〉にしか過ぎない。〈本質〉ではナイ。こと、本質については、ヒトは全宇宙の2%しかワカラナイ存在なのだ。
⑨ そこで、私たちはこの「世界」にどう対峙すればいいのか。残りの98%を生きていくしかナイ。
⑩ 「現在」、このあってナイような「いま」、すぐ過去になり未来になるいまを受動的にか能動的にか認めるしかナイ。
⑪ だがしかし、目に見えてワカル「未来」もあるのだ。もちろん、こいつも「過去」に因るのだが、たとえば、スマホの「雨雲レーダー」。だいたい数時間、数分後の未来に雨が降るのか降らないのかはワカルのだ。傘が要るのか不要なのかはワカルのだ。
⑫ ということは「未来」というのはその程度のものだ。
⑬ また「未来」は「重層的」「複合的」な不決定であるから、「おっと30分後には雨か」と、傘を手にしてドアを開け、一歩踏み出て、階段で滑って脳挫傷ということだってあるのだ。もう、彼に未来の降雨は関係ナイ。
と、いうワケで、アト2分で洗濯が終わる。そこまでの未来はワカル。これも過去形に因る。それを乾燥機に入れに行く。すると、そこで、えらい可愛い姐ちゃんと出逢う。というような妄想は、「過去」「現在」「未来」とは一切関係ナイ。過去形で語られることでもナイし、過去のデータにもナイ。この妄想を如何にもタコにもありそうにペテン化したものがドラマと呼ばれる。Romanticismと称される。

2023年7月 4日 (火)

時世録・23

生成AI(人工知能)「ChatGPT」はまだテキ屋の商品の段階だとおもいます。この程度のものを「技術の成果だ」「科学の進歩だ」などと、啖呵きって世間に出して、私は科学者というものはもう少し恥を知っている人種だとおもっていましたが、それをまったく裏切るにはなかなかのシロモノです。
ちょっと他の科学、私たちの身近な医学と比較してみましょう。薬品が薬品として流通を認められるまでの過程です。ふつう研究所での完成から市販までかなり急いで10年かかります。此度のCOVID-19メッセンジャーワクチンで私たちはそのことをよく勉強させてもらいました。詳細は『時世録・18』にも書いてあります。
担架をきって世に出したはいいが、不備が多い、となると、たとえば自動車の場合は全て引き上げてやり直して、これなら良しというところで、今一度世の中にもどってきます。リコールです。生成AI(人工知能)「ChatGPT」もリコールして、仕切り直したほうがイイ。
ガッコなんかは阿呆の源、莫迦の義経ですから、生成AI(人工知能)「ChatGPT」の不備を学んで、「学習」しようという流れもありますが、これが、薬品の場合だとどうなります。
100人服用したら、三人死んだので、アト5人ばかり具合が悪くなったので、そういうことをよく「学習」しておこう。ですみますかね。
「テキ屋の商品の段階」と書いたのではテキ屋の連中に失礼なので、これはもう「詐欺」だといったほうがよろしい。詐欺の手口は巧妙です。日本の公共放送がニュースとお報せでその手口を毎日のように放送していますが、ありゃあ、あんた、時代後れも甚だしい。あんな原始時代の手口なんかもう存在しません。私も一度、電話があって某ウェブサイトの支払いが未払いになっているので、いますぐ17万円振り込むようにという詐欺電を受けたことがあります。私はこの方面では阿呆でも莫迦でもナイので(だって半世紀、演劇をヤッているんですから)、口調から「詐欺」だとワカリマシタが、確証をとるために、そのウエブサイトがどんなサイトか訊ねました。案の定アダルト・サイトでした。で、私がそこを視聴した日付を訊ねました。「昨年の〇月〇日」ということでしたので、これは法規上、支払い請求義務期間をズレているので、詐欺だと確信出来ました。つまり相手の義務違反ですのでほんとうに私が視聴していても支払いはしなくてもよろしい。と、ワカリマシタと返事して、警察に電話、そこから警察の「詐欺係」に電話が繋がり、と、こでは、私はその回線を疑っていましたから、researchして、ホンモノであるところまで、調べました。
これは日本の電話詐欺の手口がお粗末だから私にも対応出来たワケですが、たとえば隣国の韓国などは、まず、カモを選んでその名簿蒐集から始めます。で、偽の警察も、詐欺係も、銀行窓口も、相談室も設置します。カモが念のために確認するのはそのあたりだからです。これがまだ第一段階なんです。恐ろしいです。
さて、生成AI(人工知能)「ChatGPT」にもどりましょう。まず、素人だろうが、文章のプロだろうが、その丁寧な文章に驚きます。ここで、「ChatGPT」文だと気づくひとはかなり少ないでしょう。専門家は専門的な質問をします。ここでも、おそろしくデータの多い「ChatGPT」はなかなか間違えません。で、データにナイよう質問をします。ヤッと「ChatGPT」はしくじります。
私たちのような専門知識のナイものはどうすればよいでしょう。さて、私も騙されるかも知れませんが、ここで、生成AI(人工知能)「ChatGPT」と人間のチガイ。決定的な相違だけ識っておけばイイとおもいます。私たち人間は「ひとのカタチをした自然」です、が、生成AIにはこの「自然」というものが存在しません。私たちと生成AIのチガイは「自然」であるかどうかなのです。私たちは自然に働きかけてモノを創ります。生成AIはデータだけが頼りで、データでモノを創ります。
テキ屋商品も「自然」から創られたものです。COVID-19ワクチンもそうです。生成AI(人工知能)「ChatGPT」はこの「自然」をすっ飛ばすんです。ですから「氷がとけるとどうなる」と訊ねて「水になる」と応えた場合、当方の「春になるが正しいんだよ」という反論におそらく「ChatGPT」は、かなりデータの中を走り回るでしょう。
ともかくも、まだ地球が『禁断の惑星』になるには早すぎます。アト100年、生成AI(人工知能)「ChatGPT」は出番待ちですね。

« 2023年6月 | トップページ | 2023年8月 »