無料ブログはココログ
フォト

« Sophism sonnet return 10 | トップページ | お報せ »

2022年10月 2日 (日)

Sophism sonnet return 11

死人にくちなしの花

いまでは指輪もまわるほど痩せて窶(やつれ)た〈おまえ〉の~の、〈おまえ〉は他ならぬ〈日本国〉のことなのはここに記すまでもナイ。いままで沈黙を使命としていたかのようmass communicationも、いっせいに「6200品目以上が値上げですっ」って、この国のmediaはこの国が戦時中であることすらハッキリ報道しねえんだから。「これからどうなるんでしょうか」しかいわない。

テレビは観ないし、映画はDVDにcomicは単行本になってからだから、いま『空母いぶき』の最新刊「8」を読み終わって、私なんて任侠映画育ちだもんだから、柳沢律子総理のロシア大統領に対するメッセージにはちょっと泣いたな。このcomicにおける内閣支持率は50%/fiction(虚構)はreality(現実)が半分なければ創れません/ですが、その類の比率でいくと現内閣の支持率は0%になります。
岸田というのは、「おい、国葬とかにしたら、安倍のヤったことチャラになんないかな」なんて手帳に書き込んで茂木(これ、「もてぎ」って読むのか。知らなかったなあ。おれもそうとう阿呆だな)幹事長に大発見みたいに相談したら、茂木幹事長「(そうくるとおもったワ、この阿呆総理)それは妙案ですね。それだとQ統一協会の件も死人にくちなし、ですからねえ」と舌を出す。「しかし、国会、通るかな」と心配顔の岸田に「閣議だけでイイんじゃないですか。だって国会はもう憲法変えられる数字なんですから」と、スカ屁。「そうだよな、藩主主義だもんな」「総理、藩主主義じゃなくて民主主義です」「そうそう、ところで、日本っていつから民主主義になったんだっけ」「アメリカに戦争で負けてからじゃナイですか」「そうそう、敗戦国だもんナ。しかし、野党から民主主義とは何だとおもっているんだとか口撃されたらどうするんだ」「総理、日本に民主主義なんか実態としてはアリマセンから、いつものように聞くだけにしておけばイイんです」「そうだよナ。ところで〈くちなし〉ってあれ、やっぱり鼻なのか」「ハナだから、口でナイで〈くちなし〉なんです」「おっ、さすが、モギくんうまいこというね」「私はモギではなくて、モテギです」「だからモテルのか。台湾にも頑張ってもらわないとね。わが国最南端の領土だからナ」「総理、台湾は日本の領土ではアリマセン。それと、国家というふうには認められておりません」「えっ、そうだったの。でも、中華大国が欲しがっているんだろ。シー・コッコとか、占領するとかいっているし」「総理、軍事侵攻の領土化は認められておりません。それに中華大国首席は本気で台湾侵攻なんて考えていませんよ。だからアメリカの大統領だって、攻められ(たら)守ってヤルっていえるんです」「でも、日本もアメリカに占領されたって、きみ、云ったじゃナイか」「日本は国家でした。で、戦争に負けたと私は云ったのです。正確にいえば無条件降伏です」「ああ、それいいなあ、無条件幸福。国民のみなさん、無条件幸福に向かって一歩、一歩あゆんでいきましょう。これ、catch copyにしよう」「総理、それで行き先は」「そんなものモテギくん、閣議で決めればイイんだよ」「総理、だいぶんに政治家らしくなってきましたね」「一歩、一歩だ、地獄の道も一歩からだ」 

以上、閣僚漫才でした。

« Sophism sonnet return 10 | トップページ | お報せ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事