無料ブログはココログ
フォト

« アト千と一夜の晩飯 | トップページ | アト千と一夜の晩飯 »

2022年10月23日 (日)

アト千と一夜の晩飯

第二夜

〇週に一度、泳ぎにいったら昼飯で活用の昔馴染みの中華屋、来月(11月)末から店舗改修のため来年の春まで休業だそうで、料理長(といってもコックさん独りなんですけど)の憔悴からみるに、ちょっと〈相〉が良くない。昼飯は中華屋の近所のインドカレー屋で充分なので(といってもヤッているのはパキスタン人)いいのだが、新装開店したらとんかつ屋になっているのではないかと、まあ、週一回トンカツ食うのも悪くはナイ。
そこで、一曲
ηあなたといれば トンカツの香り
いつか食べたい あなたとトンカツ
そうして 食べられたい 私という名のトンカツ
コロモのままで がぶりとトンカツ
子供のままで 永遠に ピーター・パン あなたのトンカツ
嗚呼っ ティンクァー・ベルの嘆き
トンカツの あなたとともに

ティンカー・ベルは一種の妖精なんですが、ネバーランドにおいても、唯一加齢する存在とされています。何故なら、妊娠可能な年齢になって、次のティンカー・ベルを産まねばならないからです。父親が誰かは不明ですが、ピーター・パンでないことは確かなようです

〇ロシア・プーチン・ツルリンコフは、いつのまにかsalesmanになったようで、イランまで出かけて、最新式の自爆ドローン2000機とミサイルを買いつけたようです。現在、ウクライナを無差別爆撃(空爆)しているミサイルは旧式のロシアのもので、もはや在庫がなく、こうなりゃイランものはすべて買い物。その替わり、核技術を提供するというワケで、とうとう、ロ×ウ戦争は中東まで広がってしまいそうです。具体的にはイランとイスラエルですけどね。 
ウクライナにしてみれば、クリミア奪還で勝利宣言。ロシアにしてみれば、ナチス・ウクライナから祖国を守った(一応本国侵攻はくい止めた-新認した州のことは棚上げという)ことで、軍事作戦終了。残ったのは、ロシア兵の死骸の山と、ウクライナ諸都市の瓦礫。
日本にしてみれば、他のことでてんやわんやなので、「えっ、中東に戦火が移ったのっ」と、「そうじゃないのか。どうなの、どうでもいいや。こっちは台湾がどうなるのか、沖縄なんてどうでもいいんだけど。ともかく韓国の賃金のほうが何時の間にか日本人サラリーマンより高額になっているというのには笑ったナ。アベノミクスというのはそういうことだったのかと」ここで、モダゲ幹事長が、ケシダ総理のアッパッパーに注射を一本。「コロナ後遺症でグレーブレイン現象がときどき起こるんです」と、周囲のメディアに説明。
〇昨晩は、イワシのつみれ汁、今晩はアジの開きを予定。一昨晩は久しぶりに和牛「すき鍋」で。食前酒に久保田千寿をお猪口一杯。しかし、「長崎牛」なんて初めて聞いた観た食った。

« アト千と一夜の晩飯 | トップページ | アト千と一夜の晩飯 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事