無料ブログはココログ
フォト

« Sophism sonnet・69,12-09 | トップページ | Sophism sonnet・69,12-11 »

2022年6月19日 (日)

Sophism sonnet・69,12-10

日誌

非課税対象者に該当したもんで、お上から「十万円ヤル、手続きせよ」と通知があった。
「棚ぼた」だか、選挙前の空景気か知らないが、ということで、すぐ「国境なき医師団」の四項目に49,000円を支援会員募金して、残りで、栗塚旭、左右田一平、島田順司、トリオの用心棒シリーズ『帰ってきた用心棒』ボックスの1,2を購入(予約)。ついでに『黄金の七人』も第三作の『新』がアマゾンで中古が出たので購入(これはDVD1枚だが6,080円、やっぱり、いいものは高価)。と、銭を支給される前に使い果たした。
生きているうち、森羅万象、諸行無常。色即是空、空即是色。自燈明、自燈明、と。

:古希を口語英訳すれば、nostalgieになる。なるほど。nostalgieとは記憶を辿って独り歩むこと。これも、なるほど。

« Sophism sonnet・69,12-09 | トップページ | Sophism sonnet・69,12-11 »