無料ブログはココログ
フォト

« 珍論愚談 9 | トップページ | 珍論愚談 10 »

2020年12月23日 (水)

無学渡世・四

アマゾンで本(書籍ともいうが、本屋はあっても書籍屋はナイ)を買っていると、ときどき、よく調べもせずポカをやらかして、しかしこのポカがなかなかのポカ買いになることもある。『老子講義』(五井昌久)と『道教思想10講』(神塚淑子)をとりあえず買ったが、後者はまだ開いていないので置くとして、前者は、新興宗教の開祖が突然閃いて書いたというシロモノ。にしては第一講で「道に囚われてはいけない」とえらくマトモなことを粛々と述べ始めたので、こりゃ、なかなかのものかなとおもったら、二講過ぎあたりから〈宇宙神〉というのが出てきた。そこで、ありゃあ、と、この書籍の根本教義がナンデあるかに気づいたのだが、この手のホンも意外にオモシロイところはあるのだ。まず、鬱病のとき、こういうのを読むと、いちいち「莫迦に出来る」ということで、やや、鬱が和らぐ。聖人とはなんであるかなど高校倫理のようなものを説いているかとおもえば、釈迦などは宇宙人の存在なんかは当然の如く知っておりまして、てなふうに大真面目にいわれると、それには私たちは/反論出来ない/ことにも気づくという按配で、だいたい浄土系は阿弥陀如来なんてのを/創造しなければならなかった/という論理的必然があるもんだから、まあ同じことで、大乗というのは危ういところで新興宗教と見做していいんじゃないかと脳髄が傾斜する。宇宙神も阿弥陀如来も髪の毛一本ほどの差しかナイ。少なくとも、浄土系は仏教史を辿っていかなければ、単なる新興宗教でしかナクなってしまうという勉強になる。
まあ、そういう与太は別にして、釈迦牟尼は老子の思想にはかなり影響を受けたのではないかと、もう三十年ばかり前にそう考えたことがあるのだが、〈空〉については両者(老子の思想と仏教)とでは似て非なるものだが、hintにはなったろう。
もう一冊、『偶然の本質』(アーサー・ケストラー、村上陽一郎訳)も古書で買った。これは、ニューサイエンスが流行りだした頃に読んだ懐かしい本で、ロシアがまだソ連だった頃、量子力学では、コペンハーゲン派がブイブイいわせていた頃の本で、古書なもんで、他人の持ち物だったワケだから、いろいろ書き込みが入っていてオモシロイ。かつてワクワクしながら読んだなあと、懐かしさで買ってしまった。
悪いクセで、こんなふうにホンは増えていく。三十年前は、「いま、どんな本を読んでらっしゃいますか」というinterviewに「三十冊ほどいっぺんに読んでいるんです。そういう読書の方法しか出来ないんで。で、読むのに疲れたらミステリを読んでます。新人では、島田荘司さんなんか、イイですね」なんてこといってたんだからなあ。齢を重ねるのも悪くはないねえ。
外では呑まず、博打もやらず、女はあちこちのお嬢さんお姉さんに妄想膨らませていれば銭はかからないから、自分の買い物としては本だけということになるのだが、寺山さんの如く「書を棄てよ」ではなく「書はどんどん読み棄てよ」なもんだから、「町へ出よう」といったところで、雪駄履いて、買い物にコンビニやスーパー行くのが好きだし、通院も多いし、なかなか町が巨大な書籍になるということはナイ。昭和の痕跡がないかなあと、キョロキョロとはしているけど。

« 珍論愚談 9 | トップページ | 珍論愚談 10 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事