無料ブログはココログ
フォト

« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »

2020年8月

2020年8月31日 (月)

港町memory 133

「雑炊」を「おじや」といい、女性性器を「おまんこ・おめこ」という、華族、貴族、皇族、いわゆる雲上人のつくったコトバは多いが、「オナラ」その類だろう。まさか「屁」というワケにはいくまい。推測の粋を出ないがさまざまな古語辞典や語源の書にあたって出ていないので、気楽にいってしまうとこれは「お」は接頭語だとして、「鳴る」が変容したものなのだろう。「お鳴り」から「おなら」だ。
「ニイちゃん、なんかアホなこと賢そうに考えてるやろ」
「あっ、おばさん、起訴猶予で良かったですね」
「よう効くクスリには、脳から麻薬成分を分泌させるもんがまぜてあるらしいさけな、気いつけなあかんで。まあ、驚くほどのことやないけんどな。驚くいうたら、こないだメールが来て、/紙の節約で、株主さまにはダウンロード可能なカタチで現在の情報をお送りすることになりましたので、ログインをお願いします/。ログインか京都大原三千院か知らんけど、ほんなもん、パスワード忘れてるさかいにな、「パスワードをお忘れの方はこちらから」ちゅうとこをクリックして、/新しくパスワードを作製してください/にはいったら、メールアドレスとな、これがどう考えても驚きやねんけど、旧パスワートを入力せなあかんねん。どうおもう。旧パスワードをどうやって思い出したらええねんやろ」
「さあ、それアポリア(難問)ですね」
「首吊りよった弟のほうが以前住んどったアパートの管理者とかから、壁紙の貼り替え代金の督促状が来てたのも驚きや。おかしなもんやな。壁紙の貼り替えなどの原状復帰は、住居者ではなく所有者の責任と法律上はそうなっとんねんけど、そんなことしとるのおらんな。だいたい、その管理者の本職がメンテナンス業やで。法律知らんワケがないやろけど、日本の悪しき恒例で、やっつけよんねんな」
「そうですよね。まあ、最近は礼金とかいうオカシナ銭を払わなくてよくなりましたからね。借りるほうが貸すほうにお礼するという悪しき慣習でしたね」
「弟のほうは、不憫や」
「おっと、急展開。そりゃ、そうでしょう」
「あれはな、父親がチガウねん。うちがちょっと遊んで、まあ、いまでいう不倫や、gossipやscandalや。それででけた子やったからな」
「おっと、おばさん、若いときはけっこうご盛んだったんですね」
「いま、訪問看護が問題になっとるやろ。八十前後の利用者が、女性訪問看護師に猥褻行為を働く事件が急増しとんねん。オトコもいつまでたっても、スケベは治らんな」
「そうなんですかね。私も七十に近くなってますから」
「まあ、しゃあない。一休禅師は七十五歳で子供つくっとるさかいにな。まあ、ニイちゃんも頑張ってみいな」
「それはこの世界では無理です。/知らぬ間に知るぞ哀しき齢の不思議/ですね」
「/世の中に不思議なことなど何一つとてなし/、どや、ええの付けといたったで」
「いやあ、勇気出ますね」
「ニイちゃん、あんた、ほんまのアホやなぁ」

2020年8月28日 (金)

港町memory 132

「ナニを物騒なもの、懐にしてるんですか。光ってますよ」
「そら、ヒカリものちゅうくらいやさかいにな。出刃や。よう切れるで」
「そんなもの持って、院外処方箋薬局の入り口付近で立ってたら、薬局から麻薬性薬剤でも強盗するんやないかとおもわれますよ」
「伜の弟のほうがな、いよいよ老齢年金支給の歳になりよった。四十年余、ようコツコツ積みよった。ほんでな、幾ら貰えるんやろかと、調べとなるわな」
「私も調べましたよ。私は前倒ししましたけど。でも、あれは調べるのは〈ねんきんネット〉とかいうパソコンの中でしかワカランでしょ」
「そやねん、その〈ねんきんネット〉に必要事項を書き込んで、送信しよった。ほしたらこうや/ご入力いただいた内容を日本年金機構で確認した結果、以下の理由により、ユーザIDの発行が出来ません/と、ハガキが来た。そらなにかのマチガイやろ、ああ、そうかこないだ引っ越したから転入先の届けに不備があったんやな、と、伜は二度目の書き込み送信や。けんども、引っ越したところの住所が書いたるだけで、それが理由でIDが出せへん、とおんなじ返事のハガキや。これはな、米穀通帳世代は震えるで。ニイちゃんも、ギリギリその世代やろ」
「そうですね。通帳持って米屋いきましたし、小学校の修学旅行もそうでした」
「食券食堂ちゅうのもあったわな」
「なんか、あの米穀通帳は、いつの間にか、まさにいつの間にか、無くなりましたね。1979年(昭和54年)7月22日の読売新聞のニュースにこんなんがありますね。/米穀通帳有名無実化、米穀通帳を使っているのは、法務大臣古井喜実だけであると(つまり農林水産大臣すら使っていない)と判明/なんだか知らん間になくなりましたね」
「それやそれ、それとおんなじや。伜は、ユーザIDが無かったら年金の支給がナイのとちゃうやろかとおもて、三通目出しよった。でも応えは同じ」
「電話したら良かったんじゃナイですか」
「アホか、ニイちゃん、電話せな片づかへんもんをなんで、ネットでやんねん」
「それもそうだな」
「可哀相に伜、それを苦にして首、吊りよったワ」
「それで、その敵討ちに出刃ですか」
「嫁は電話しよったんや。そうしたら、いま処理中なんです。とこうや。そんで嫁が、処理中てあんた、引っ越して転出届けマイナンバーの年金紐付きで出して二ヶ月経ってますやん。それに、そういうことやったら返信ハガキや〈ねんきんネット〉の何処かに、/こういう処理にはこんだけかかります。お待たせしているみなさまへ/とか、保険でも、宅配でも、光熱上下水道とかでも、ともかくユーザID使うてるとこ、ちゃんと書いて、お報せありますやん。それ、礼儀ちゃいますのん/」
「そりゃ、そうでしょう。しかし、出刃はちょっと」
「アホかいなニイちゃん、そのとき、年金の公務員こういいよったんや。/うちは民間ではナイのでそういうサービスはありません/、どや、出刃やろ」
「出刃ですね。どうも、その公務員の方を筆頭に年金機構の方々は自分らの仕事を勘違いしてますね。なんか、こないだもそういう事故ありましたね。それから、/年金を納めましょう/とかいうCMに出てた女優が年金払ってなかったり、国会議員の中でも大勢、そんなんがいたり、えらいたいへんでしたね」
「年金七十五歳からになるかも知れへんのにな」
「あれは詭弁ですね。寿命が伸びたから、出来るだけ働いて七十五歳くらいから十年ばかりをのんびりと、て、そんな余裕のある生活しているひといませんよ、この世間」
「さあ、出刃、行くでっ」
と、けっきょくおばさんは、院外処方箋薬局に飛び込んで、出刃を突き付け、麻薬性薬剤をたんまり頂戴して、逃げたのだった。しかし、メーカーのほうでは、これは非麻薬ですと喧伝して販売しているので、そんなキツイ罪にはならなかった。
年金はユーザIDとは関係なく支給される。しかし、ややこしい制度になってきたもんだなあ。米穀通帳の世界は簡単で良かったなあ。大食らいがいて、配給米では足りず栄養失調になったというハナシは聞いたことはナイ。ちゃんとヤミ米があったからだ。きっとヤミ年金もあるにチガイナイ。

2020年8月20日 (木)

港町memory 131

「燃えるような恋、て、あるやろ。あら、なんやな、ほんまにしてみたら焼け死ぬナ」
「その燃えるは、火が燃えるのではなく西田幾多郎の哲学がいうには」
「せ うエエ。アカンわ。ニイちゃん、二人とも、このままでは熱中症で死ぬで」
院外処方箋薬局の入り口付近、日差し用のテント幕の下、何故、ニイちゃんとおばさんは冷房の効いた薬局の中に入らないのか。書いてる私も不思議でならないのだが、ト書きに院外処方箋薬局の入り口付近とあれば、けして店内が舞台になることはナイ。
「こういう暑いのにも、コロナ(COVID-19)は強いんやいうてたかな、テレビ」
「bacteriaでも、摂氏99度の沸騰水でないと死にません。ましてや、私の予想ではウイルスは、第一次地球外気の中を生きてきた嫌酸素生命体ですから、ちょっとやそっとでは」
「ああ、饅頭屋で饂飩が食べたいっ、と、何をいうてんのかワカランこというて、誤魔化してみても、暑さはカワランな。なんや/危険な暑さ/やいうてたな。地震のときは/命を守る行動/いうてたワ、エネエッチケー。どっちもどないしたらエエのんか、ようワカランねんけど。政府はほうかむりしとるしナ。こないだ銀行に孫が住所変更に行ってきたら、えらい、行員のみなさんが、まんで、国賓でも来たかみたいな親切丁寧厚礼な態度で、きしょく悪かったいうてたワ。いろいろと政府がバラまいとる銭を借りるために来てるのが多いさかいに、みな、食うのに必死で気がたっとるさかいに、行員も行儀ようしとんねんな。住所変更だけでやで」
「暑いんですが、今年の名古屋の夏はちょっと暑さの質がチガイマスね」
「おっ、ニイちゃん、科学者発言するんか。ほんで、なんや」
「湿度がね、それほど高くナイんです。インドなんか暑いときは50°でしょ。それでも木陰で生きていられるのは湿度が低かったからなんです。そのインドでも、最近はバタバタと熱中症でヒトか死んでる。何故かというと、産業化のせいで、二酸化炭素過多になって、湿度が上昇してるからだそうです。モンゴルなんか、ゲルに草原、羊にゲル(ゲルはモンゴル遊牧民の移動式住居です。中国語ではパオ(包)と呼ばれています)、満点の星空みたいなもん、もう殆ど無いそうですよ。PM2,5で、みんなマスクしてるそうです」
「ほんまかいな。しかし、湿度が低いのはええなあ。なんでや知らんけど、なんで、低いねんやろ」
「そんなことワカッテたら、ほんとに科学者になってますよ。ここんとこ、もどってますけど、気象学士のハナシでは、フェーン現象だということですけど、やっぱり氷河期の始まりはこんなもんなんでしょうねえ」
「いまは、氷河期の反対やな。外は吹雪や、のうて、熱波。涼しいとこで一杯呑んだらコロナ(COVID-19)やからな」
「相変わらず、報道は感染者数の発表と、ベッド数の逼迫だけですね」
「前にもいうたけど、自宅療養でもなんでも、どういう療養したらエエのか、誰にもワカランのとちゃうんか。なんや別の部屋でひとりで寝かせとけて、そら、死ぬで」
「新型てすからね」
「病気になって、謝るちゅうのも、コロナ(COVID-19)だけやで。なんで防ぐ方法も手洗いに、「ソーシャルです、タンス屋」て、家具屋やナイちゅうねん。それで、気ぃつけて病気になって、そらなるで、病院でコロナ患者の世話してる看護師が罹る確率、めちゃ高いやろ。そんだけ頑張って、そんで罹患して、病院はなんで謝んねん、名誉の戦死やないけ。ああ、もう世間のアホもここまできたな」
「コロナ(COVID-19)の死者より熱中症の死者のほうが多いんですからね。/高齢者は特に気をつけて、と、いわれて知る我が年齢/、ですかね」
「/誰でもいつかは高齢者、可愛いあの娘(こ)もイケメンも/や、どや、うちの勝ちやナ」
ハイ、まいりました。

2020年8月11日 (火)

港町memory 130

ショボッと微笑んで涙ぐんでいる。
院外処方箋薬局の入り口付近というのは、そういうところだな。
そこで、おばさんが、そんなふうにsentimentalになっている。
「どうしたんですか、と、いってもいつものことですけど」
「あんたかニイちゃん、ご機嫌さん。実はな、甥やったか、姪やったかの孫がな、うちへ来よった。それはええねん。そしたら、縁側でいつものあれや、体育坐りや。膝に頭うずめてベソっとんねん。なんやどないしたんや、と、訊くまでもナイわな。16歳のへたれは、失恋が98%や。しかし、自殺の原因もそれくらいやそうや。まあ、なんでもええわ。どないしたんや、数学の試験の点数悪かったんか。まあ、やさしいふりして訊いたわいな。そしたら、/もう僕は生きていけへん。この世で生きていくことは僕には無理や/と、まあ、決まり文句や。
ほんで、いうたってん。/あのなあ、おばさんはな、おまえより半世紀以上、それに十年足して足らんくらい生きてるねんけどナ、/もうアカン、生きていけへん/そやな、百回はおもうたかな。おまえ、何回目や、初めてやったら、アト九十九回はあるで。どんなんがあんのんか、楽しみにしとり。そのほが得やで。
ほんで、なんや。死んでしまいたいんか。そらアカン。死んでもどないもならへんで。死んで花実が咲くものかちゅうてな、死んだら死んだところに辛さ苦しさ哀しさ重さ、みいんな曳きづっていくだけや。死んだらオワリみたいな都合ようでけたらへんで。天国、極楽、そんなもんは無い。あんねんやったら、とっととみんな死んどるワ。みな、死なへんやろ、知っとんねんてそんなもん無いて。
しゃあけど地獄は在る。ちゅうても、あの世のあるワケやナイ。この世そのものが地獄や。そんなことくらい、もうエエカゲン解らんとアカンんで。右を向いても左をみても、豆を剥いても子芋を煮ても、ここが地獄というもんや。/縁側で夕立を待った日のありし/、ええ句やなあ。この「を」ちゅう助詞が副詞になってるところがエエねん」
おばさん、煙草を一服やりだした。もちろん、医師には止められているが、そういうときだけはおばさん、勝手ツンボになる。
たしかに、私も若かった頃「死にたい」と何度おもったことだろう、いや、私の場合、鬱季は鬱病疾患の症状で、毎夜寝る前の30分は布団に爪を立て苦しさを我慢し、起床30分は自殺念慮の誤魔化しにツイヤされているので、「若かった」と過去形で書くことではナイ。
/空がある
雲がある
太陽がある
おーい空、おーい雲、おーい太陽
と手をふってみたい
なのに いつも手を合わせている/
この詩を戯曲にするまでは、どんなトンチキな事態になろうと、私はきちんと飯を三度食うのだ。鶏頭幾度是訓戒 然忘却頓痴奇述 以諦念我忘去恥識

« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »