無料ブログはココログ
フォト

« 港町memory 35 | トップページ | 第二十四回 »

2019年8月25日 (日)

港町memory 36

大韓民国(以下、韓国・・・発音するとハングクになる)は、ワカリニクイ国ですなァ。行ってみりゃ納得するでしょうが、庶民大衆は、あんまり政治なんかにゃ興味(というより信用)がナイ。私のホンを多数、韓国語に訳してくれているパクさんなんかは「韓国人は明日のことなんか考えてませんよ」と、自嘲ともとれるため息でいう。で、河を指さして「あの河、渡ったら北ですよ。日本人の方は勘違いしているヒトが多いけど、北とはまだ戦時中なんですから、明日になったらまた戦争になるかも知れない。だから、今日一日生きられたら儲け物、今日を大事にしています。北もgovernmentもウソつきですから、誰も何も信じてはいません。信じられるのは、北もgovernment信じていない同胞だけかな」
再び戦闘になったら、北は無数のトンネルから庶民に化けて侵入してくる作戦だから、敵味方の見分けがツカナイ・・・ということは、北にとっても同じことなんだけど、なんかサインがあるんだろ・・・アメリカは、地上戦なら二時間でカタがつくと豪語しているが、たしかに、地上戦(たいていの軍部中枢部はすでに地下にあるんだけど)でならそうだろう。ただ、そうなると、難民と脱走兵士が大挙して、日本海を渡る。これにはイージス艦も役に立たない。総力戦ではナイのに、日本本土で民間人を巻き込んでの銃撃戦やら、肉弾戦になる。そんな様相をみせてくるでしょうねえ。そうなると、いうまでもなく悲惨なのは、日本海側の市民県民町民村民だろうなあ。殺略、争奪、強奪、と、これがやがてゲリラ化すると、ますますヤッカイ。熊が里山から出没するのとはワケがチガウ。討伐までにはこれまた時間がかかる。
なんとはなく、おもいますに、いまの文大統領は北をちょっと過信していて、いざとなったら、同胞なんだから、そこで手を組んで日本と一戦交えて、てなふうに、日本を政治的に利用しての楽観で、南北統一を夢みているようなふうですが、北は頭イイから、絶対にそんなことは損なことなのでやんない。韓国ほど、日本の自衛隊の戦力を甘くみておりません。海軍力では、海自の実力は中国なんかよりかなり上ですから。竹島やら魚釣島やら、なんだかかんだかも占領されても、一日で奪還出来る能力があるので、そうジタバタはしてません。
そのうち、韓国の企業が政府に愛想尽かすか、軍部がクーデターに出るか、韓国は、ついこないだまでは軍政だったんですぞ。軍政のほうが、合衆国にしたってハナシが早いから、面倒くさくなくて、すむので、民主化なんかより、そっちのほうがイイとおもってんじゃナイかネエ。ともかくは、両国の話し合いでとトランプでさへ呑気にしていたのに、例の「日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)」破棄となると、ほんとに軍部も巻き込むカタチになった。べつに日本と韓国は直截にそのての情報をやりとりしているワケではなく、一度米国に上げてから両国への通達ということになるんですけどね、情報戦では、合衆国をもしのぐといわれている北は、これで、大笑いなんじゃナイかな。軍事情報をハッキングしたって、米国は文句のつけようがなくなるんだから。
いやもう、政治ってのは、軍事で、一事が万事です。このときとばかりに、ほんとに花火のごとく、北もプーチンも、ミサイルの連発試射でお祝いときたもんだ。もちろん、これは米国を揶揄することでもありましょうが、文governmentに対しての威嚇ですな。いわゆるケツに火をつけるというアレね。文governmentにしたって、そういつまでも「悪いのは日本だ」路線は通用しないでしょう。持ち出すネタが過去の歴史の類の博物館モノばかりで、手持ちがなくなったから、ええいもう、GSOMIAだっ、どうだ驚いたかっ、なんだろうけどなあ。チガウ意味で驚いてるようですねえ、日米、かつ韓国の庶民大衆。ワカッタことといえば、つまるところGSOMIAは、さほど重要な戦略事項ではナイんじゃないかという程度かなあ。その程度の情報は、北なんかにゃもうすでにハッキングされてますから。
日本の官邸では「総理、どうしましょう」
安倍「えっ、きょうはウナギの長焼きじゃなかったっけ」
なんて、ランチのハナシしてるくらいだから、ともかく韓国情勢が危うくなって、憲法9条問題が起き上がってくるのを待ってりゃイイ。アジアの安保は、もう独自になんとかしないとダメなのよって、いえるようになりゃあ、しめたものだからなあ。
餓死を賭けた北の頭脳戦は勝利をおさめつつあり、中国は対米貿易戦争で、朝鮮半島なんてどうでもよく、ロシアは、プーチンがのさばってるうちに対ヨーロッパ戦略を強化しているだけでイイ。
いま、文大統領の脳裏にあるのは「ともかく亡命先だな。北なんか、諸手を挙げての大拍手かな」なんて妄想くらいかなあ。

« 港町memory 35 | トップページ | 第二十四回 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事