無料ブログはココログ

« DVD感想『哭声(コクソン)』 | トップページ | 色即是空について① »

2017年10月28日 (土)

法然-親鸞のかんがえ

法然、親鸞などなどのいわゆる「浄土系仏教」は何をどうかんがえたのか、について凡俗の私はこうかんがえた。

まず、それまでの「仏教」、ここでは上座(小乗)仏教の否定。小乗仏教はともかく修行を積んで(これを菩薩行というのだが)如来となり、その後、衆生を救うというシステムを持っている。法然-親鸞は、このシステムを「結集」以降の教示として、それは釈迦のほんとうの考えではナイと、これを退けた。ここは首肯してもよいところだ。現に、釈迦の最後の弟子である阿南(アーナンダ)は「結集」による仏陀の教えの仕分けとまとめ(経典)を否定して破門扱いとなったワケなのだから、「結集」における上座仏教(の教示-経典)は上座派の勝手な「かんがえ」として認めなくてもヨイ、というのはもっともだ。

では、そのような上座仏教(経典)を否定して、前方に釈迦仏陀、後方に衆生の信仰という地平に立って、どのような釈迦-仏陀の教えを拠り所とすればよいのか。

ここで、法然-親鸞は、ずいぶんおもいきった態度、姿勢、方向性を選択するのだが、つまり、〈釈迦仏〉そのものを括弧にくくってしまうのだ。で、代替として〈阿弥陀仏〉という別の仏をひっぱり出す。釈迦は現実に存在した人間だが、阿弥陀如来や大日如来、釈迦の次に如来となるとされている薬師寺如来は、現実に存在したワケではナイ。

けれども、法然-親鸞にとっては、仏というものは、〈ある概念〉であればそれでよかった。

つまり衆生を救済する〈概念〉、もしくは〈価値〉としての存在であれば、それで事足りた。

浄土系仏教派は『般若心経』(つまりは『大般若経』)を認めてはいない。というより、これを認めると、浄土系の教義には矛盾が起こる。具体的にいえば、菩薩行を否定しているのだから、その菩薩(観自在菩薩)が看破した世界の有り様(色即是空 空即是色)は当然否定すべき対象となる。「この世界が〈もの〉ではなく〈こと〉」であるということは、形而上学的には認知出来ても、仏教が本来やらねばならいことは、自身の修行ではなく、衆生の救済「覚有情」に尽きる。「自力」ではなく「他力」なのだ。この辺りまで至ると、仏教というよりキリスト教の思想と類似してくる。

仏教とキリスト教の違いは多々あるが、現存した釈迦とイエスとの違いは明白で、釈迦は修行したが(その前には多くの、当時の最高の学問を教育されている)、イエスはそのまま神の子だから、修行などナニもやってはいない。(おそらく大工の子だからまともに学問もしていないはずだ)。

ちなみに、釈迦は、遊行から苦行へ、それを両方とも否定して、のちに菩提樹と称される樹木(ピッパラ)のもとで瞑想したとされているが、瞑想なら、いっとう最初に「終わっている」釈迦は、出家して最初に、インドでは聖人と称されていた二人の者のところに次々と訪れ、二人のもとで「瞑想」の修行を〈終えて〉いる。終えているというのは、この二人の聖人からそれぞれ後継者の誘いを受けながら、「こんなものはテクニックに過ぎない」と「瞑想」の修行を一蹴しているところから明らかだ。

従って、釈迦が最後に座して行ったのは、〈瞑想〉ではなく〈思考〉だとしたほうが正しい。

彼は「かんがえた」のだ。

何を、か。この〈穢土〉をどう受け入れ、さらにはどうするのか。その答えが、〈悟り〉と称されているものであるのは、いうまでもナイ。だから、釈迦は「悟りを得た」のではなく、「悟りを拓いた」というべきだ。(予め悟りなどというものが、何処かに存在するワケではナイからネ)。

さて、法然-親鸞の仏教(釈迦仏陀)からの逸脱、あるいは仏教の解体は、釈迦が行ったように、この「かんがえる」ところまで遡る。つまり、釈迦と同じように、この穢土からの衆生の救済を如何にせんと、「かんがえた」のだ。

すでに、釈迦仏陀という悟りを拓いた覚者がある。その後継としての上座仏教がある。仏陀を否定せずに、仏教を否定するという矛盾と、法然-親鸞は真っ向から対峙することになる。

そこで「阿弥陀如来」という「仏」の登場ということになる。彼らは上座仏教を否定、解体して、そこから逸脱し、自力から他力へのシステムをつくり上げた。つまり、上座仏教は、法然-親鸞で終わっていることになる。

だが、これは、菩薩行をも否定することになる。菩薩行を基に穢土の革命を描いた『法華経』を真髄とする日蓮が浄土系仏教派を糾弾したのはアタリマエのことだ。

法然-親鸞の浄土系仏教のシステムでは、衆生は死してのち、「往生」することになる。そこで初めて修行があって、「成仏」することになる。現世で修行などしなくとも、一応は、誰でも阿弥陀如来の仏国、「浄土」へと往くことは出来る。けれども、『般若心経』における菩薩の智恵の教えでは、「浄土」も「もの(物質・物体)」ではなく「こと(事象・現象)」にしか過ぎない。この考え方は、浄土系においては受け入れられない。「浄土」は存在するのが前提なのだから。

法然-親鸞は、かくして上座(小乗)仏教を廃した。浄土系仏教の企ては、その辺りに在ったとおもわれる。

かんたんにいうと、この程度が私の「かんがえ」というべきかなあ。

« DVD感想『哭声(コクソン)』 | トップページ | 色即是空について① »

仏教・宗教」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558792/65972614

この記事へのトラックバック一覧です: 法然-親鸞のかんがえ:

« DVD感想『哭声(コクソン)』 | トップページ | 色即是空について① »