無料ブログはココログ

« 〔デン魔大戦編〕4 | トップページ | 〔デン魔大戦編〕5 »

2017年9月19日 (火)

ナマケモノ

「怠け者」のことではナイ。あの、森(密林、ジャングル)に生息する動物なんだけど、ありゃあ、ナンのためにいるのかがまずワカラナイ。一日20時間は寝ている。従って、あまり食わなくてイイ(一日およそ8グラムの木の葉っぱを喰う)。イイどころの話ではナイ。食わなくてそのまま餓死することも多い。一週間から十日に一度、排便をする。自分の住んでる木の根元まで降りていって、そこであたかも肥料でもヤルようにする。完全なる自給自足。ところで、食物連鎖の世界で生きているワケだから捕食される。抵抗しない。ただ、食われるだけ。それでも種が存続しているのは、殆ど動かないので目立たないからだ。

釈尊も達磨もここまでは悟れないナイだろう。

ニンゲンはどうだ。ナマケモノより酷いといえば酷い。国境なき医師団のresearchでは、5秒に一人、子供(5歳未満)が死んでいる。毎度、寄付するたんびに、自分の貧乏がイヤになる。せいぜいが五千円から1万円(老齢年金、月6万円の中からね)。いくら貧者の一灯とはいえ、これはもう、ペストに対する反抗(カミュ・『ペスト』のベルナール・リウー)にも及ばない。ほんとうに貧者なんだから仕方ないのだが。

現在(2017年)の飢餓人口は約8億人。この世界の9人に一人が、食えていない。かつて、マルクスが「全世界のプロレタリアート(無産階級)よ、団結せよ」と『共産党宣言』で雄叫びをあげたとき、誰だったか、ちょっと記憶にナイんだけど、「搾取とか、剰余価値とかいうけれど、要するに、飢えて死にたくないだけなんじゃナイかな」と、ボソっというた市井の民が在ったとさ。

「ウォール街を占拠せよ」と叫んでも、「働いて、競争して、勝ち残ったものが富を得るのだ」というのが、アメリカ資本主義の基本だから、本質的に、いいですか本質的にですよ、アメリカは、北朝鮮をとやかくいう資格なんざ基よりナイのだ。北朝鮮は、アメリカに対して、競争して勝ち残って、生き残るるつもりなんだから。

北朝鮮では、餓死するものも、貧困ももうすぐ根絶することになる。なぜなら、餓死するものは、みな餓死し、貧困者はみな餓死するだろうから、北朝鮮国家から餓死も貧困も消えるという寸法だ。

銭を出せっ、さもなくば、核攻撃するぞっ。そういう方法的生存ネ。

核は国家を救う、だ。

しかし待てよと、歌謡曲、演歌でもポップスでもなんでもいいんだけど、歌詞の中によく出てくるのが「愛」だよな。あの「愛」を「核」に置き換えても、そんなに違和感ナイんだよな。具体的に書くと、JASRACに叱られそうなんでヤメルけど。「夢」もそうだな。

~いっているいるお持ちなさいな いつでも核を いつでも核を~(古いところですけど)

で、ナマケモノだけど、一日20時間寝るのなら,起きてる4時間なんて大したことナイから、いっそ24時間寝たらどうか。つまり一生寝てんの。そうすりゃナンの苦労も不安も悩みもなくなるね。そういうひと、いるよ実際に、不治の病かなんかで、人工冬眠(冷凍保存)されちゃって、100年後くらいに起きるらしいけど、人類自体が100年もつかなあ。

えーと、次回は未来は明るいって話にします。

« 〔デン魔大戦編〕4 | トップページ | 〔デン魔大戦編〕5 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558792/65811565

この記事へのトラックバック一覧です: ナマケモノ:

« 〔デン魔大戦編〕4 | トップページ | 〔デン魔大戦編〕5 »