無料ブログはココログ

« 夢幻の函 Phantom share⑬ | トップページ | 夢幻の函 Phantom share⑮ »

2017年1月21日 (土)

夢幻の函 Phantom share⑭

「そりゃあ、きみ。私はクリスチャンだからですよ。キリシタンじゃありません。ありゃあ、ポルトガル語か何かでしょ。キリシタン、クリスタン、クリスチャン。そんなふうにラテン語が変化したのかなあ。どう思います」

 何にも思わネエよ。土方歳三がキリスト教徒っ。どういう歴史だ。

「~さん、ここはね、人種のドツボなんだよ」

「坩堝でしょ」

「そう、ウツボ、海ん中にいる怖い魚」

 まあイイかと思った。信長が出てきても奇怪しくはナイんだから。

 いや、まあイイということはナイ。

「そりゃ、ちょっと困りますね」私は、やや凄んだ。

「困るってっ」

「土方さんがクリスチャンだということになってしまうと、まるで、storyが展開しているかのようにみえるじゃナイですか」

storyが転回っ」

「展開です」

「あの、徳川三代に仕えたという、存命二百年を経て、影で君臨したという、」

「天海僧正ではありません。私がclaimをつけているのは、土方さんがクリスチャンてなことになると、まるでこれはparallel worldのような世界になってしまうという危惧が生じるからです。いいですか、これは私の夢なんです」

 夢は夢らしく、錯綜し、破綻していなくてはいけない。新撰組一番隊長土方歳三がキリスト教徒で、しかもマリアと密通しているなんて。いや、密通はナイだろうけど。なら、何で、聖母はこんなところでこんなふうにstoryになってしまうのだ。しかし、錯綜して破綻しているのだから、これは夢ではいいのではないかしらん、という気もしてきたが、それを私は奇妙な論理癖で払拭した。錯綜、破綻しているのは〈夢〉でなくてはいけない。いま錯綜と破綻を感じとっているのは私だ。夢の中でもっとも正気なのは夢みている本人であるはずだ。べつに奇妙ではナイ。この論理はしっかりしている。

 と、突然、私の思考を遮るように、マリア(敬称略)が、

「私も、creamはつけてます。ヒアルロン酸入りの、」

 いうと思った、このマリアなら。とはいえ、claimcream、聖母がいってイイような親父gagか。

「親父ガグ、ガグってナアニ」

 gag、なるほど、「ガグ」と読むほうが自然だろう。yかuが綴りに入っていてもよさそうなもんじゃナイか。

 すました顔でマリアは、乳房を出した。何のマネだ。

「お乳の時間なの」

 母子像にでもなるつもりか。神の子イエスに乳を飲まそうというのか。

 そうではなかった。夢なら覚めてくれ。いや、夢なんだよな。

 乳を吸っているのは土方だ。

 とりあえず、私が吸いつくというplotでなくて良かった。

« 夢幻の函 Phantom share⑬ | トップページ | 夢幻の函 Phantom share⑮ »

ブログ小説」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558792/64789578

この記事へのトラックバック一覧です: 夢幻の函 Phantom share⑭:

« 夢幻の函 Phantom share⑬ | トップページ | 夢幻の函 Phantom share⑮ »