無料ブログはココログ

« 夢幻の函 Phantom share⑩ | トップページ | 夢幻の函 Phantom share⑫ »

2017年1月16日 (月)

夢幻の函 Phantom share⑪

どうしてこんなacademicな話になったのか、ああ、愛だったな。愛ねえ。

「そうだ、ハルちゃん、愛というのは重力のようなものだよ」

 と、口が滑るんだから、夢のおかげだ。

「ああ、そうですね、私もそう思います」

 と、二人はdeep kiss をするのも夢だから。口が滑る、舌が滑る、この連想だナ。

「ああ、ん、重力がっ」

「重力には四十八手があるんです。その一つが重力波です」 

 一句出来た。/シートベルトをしているからといってハンドルを離してはアカン/

 これって、自由律なのかい。どうでもいいけど、カーブだよハルちゃん、いつまでも舌吸ってナイで、ハンドル握って。って、握るところがチガウ。そこは、いやもう、二年近く女体に接していないと、書くことまでfrustrationの発露だ連発だ。これを夢だと誤魔化すとは物書きの風上にも置けない。から、風下へっ、

「ハルちゃん、函館市内は風下って矢印がっ、掲示板に」

「函館はね、色街がナイんです。だから、女子大生が売春するんです」

 その話はレイさんからも聞いた。ここでそれを始めるとloopしてしまう。

「『愛して愛して愛しちゃったのよ』って歌ありますよね」

 ハルちゃん、息が荒い。うーむ、まだくるか。

「マヒナスターズだったか、暇になりなすった、だったかが歌っていました。いや、ここは正確を期しましょう。和田弘とマヒナスターズに田代美代子さんが加わって、これはハマクラさん、浜口庫之助さんの作詞作曲ですよ。あのひとらしい歌だなあ」

「みんな走るんですよね」

 走るって、なんでっ。

「~愛しちゃったのよララ、ラン ラン~ でしょ」

 ああ、そうだ走るのだ。愛すれば走るのだ。run run run runだ。しかし愛を知らぬものも走るのだ。『走れっ、愛を知らぬ子よ』という戯曲もあるぞ。

「愛して愛して愛しちゃったら、もう走るしかナイんですよっ」

 そうだっ、ハルちゃん、きみは正しい。しかし、函館は風下の⇒だよ。そっちに向けて車は走らそうね。

「みえてきました、函館の市内に間もなく、あれっ」

 どうしました、と訊くまでもナイ。燃えているのだ。火事。函館市内だ。かなりの大火だ。

« 夢幻の函 Phantom share⑩ | トップページ | 夢幻の函 Phantom share⑫ »

ブログ小説」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558792/64770138

この記事へのトラックバック一覧です: 夢幻の函 Phantom share⑪:

« 夢幻の函 Phantom share⑩ | トップページ | 夢幻の函 Phantom share⑫ »