無料ブログはココログ

« 百姓日記① | トップページ | 百姓日記③ »

2016年9月22日 (木)

百姓日記②

 

やからやからな

 

「姓」というのは「やから」だ。関西弁では「やくざもん」でんな。

「旅をします」なんて、たいした旅でもなく、ほんとうに歩けるうちに目がみえるうちにと、そう思い立ったワケ。常人よりもバランス感覚と運動神経はかなりイイほうで、若い頃などは、ふいに頭で何かを避けてから、ふと振り向くと、工事中の囲い壁から角材が歩道に飛び出ていて、ふつうならぶつかっているところだった、てなこともあった。

それが、このあいだ、自転車置き場から自転車を出して、跨がったところで横転した。打ち身で済んだが、こりゃあ、明日、負荷のかかったところが痛むぞと覚悟していたが、あちこち、痛みましたね。

こんなことは初めてだったので、なるほど加齢とはこういうことでもあるのかと、笑い話に、精神科の主治医に話したら、「それは、・・・のせいですよ」と、依存だけで服用している二種の向精神薬の名前をいわれた。「あれは、足の筋肉にくるんですよ」「なるほど、そういうことか」

一種は、前の主治医が、セロトニン症候群を更年期障害とマチガエテ処方して、それで依存になった。もう一種も依存で、こいつは向精神薬の中でも依存患者が最も多い。つい先日、知り合いの薬剤師からその話は聞いた。理由は、内科の医師が、頭痛薬の代わりに(頭痛薬の効果の少ない患者に向けて)、あるいは、不眠症の患者に底無しに処方していたからで、いまでも、1000錠の手持ちがあっという間に空箱になるという。最近やっと、そのスジのほうから厳重注意のお触れが出たそうだ、が、遅いわっ。精神科の主治医に「・・の依存患者、多いらしいね」とふってみたら「多いんですよ、これが、ものすごい」とため息していた。

つまり、薬害だけが、私のいまの障害ということになる。目も、向精神薬全般において、ダメにするということは覚悟していたが、映画館にも試写会場、劇場にも行くことはナイ。海外ドラマは45分以内に一話なので助かるが、この前『シビル・ウォー』を観るのに4回休みをとった。眼鏡屋さんは、眼鏡で矯正するのはこれが限界というところまでやってくれているので、以前よりうんと楽ではあるが、1時間が精一杯。ふつう、一本観るのに二回休む。舞台は、観るというより聴いている。ときどき、ここはというところだけ、舞台に視線をやる。

まあ、そういうことなので、歩けるうち、みえるうち、ということですワ。

セロトニン症候群とその離脱症状との具合は、湿度が上がると、ちょっとキツクなるが、現状3㎎まで落とした。十月で0、そこから半年は離脱症状との取り組みということになる。

それでも、もう鬱々と、自宅にいるのもイヤになったし、いろいろとダンシャリ(私の場合はモノを棄てるのではなく、人間の関係を解消する)して、平均余命19年、こいつは無理だから、平均健康余命5年のうち3年は、お分けする。今日は二件、旅する費用と同じ額をカードで寄付して、お分けさせて頂いた。5秒に一人、子供が死んでいる。それが、世界の実情だ。

私は神のことはどうでもイイと思っているが、宗教は、必ず権力として語らねばならなくなる。それはフーコーから学んだことだ。有神論はとどのつまりは権力論にならざるを得ない。これがたしか、フーコーのいいぶんだったような気がする。

宗教以前、神格化以前の釈迦の思想が、最もヨロシイ。いまは、牛歩で、かつ鶏頭でだが、法華経が何故、後世に影響を与えたのか、お勉強しております。

« 百姓日記① | トップページ | 百姓日記③ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558792/64241004

この記事へのトラックバック一覧です: 百姓日記②:

« 百姓日記① | トップページ | 百姓日記③ »