無料ブログはココログ

« 途端調風雅② | トップページ | 途端調風雅④ »

2016年8月 7日 (日)

途端調風雅③

トンチンコンカン

 

2Bの鉛筆で真横に線を引く。真っ直ぐに線を引く。黒い線が伸びていく。鉛筆で文字を書こうと思ったが、黒い線一本で充分だと途中で考え直して、線を引く。

書こうと思った文字は、〈鎮魂〉。

鎮魂は、日本人がもっとも得意とする儀式だ。魂は鎮めればヨシとされる。しかし、鎮魂は錯綜する。

「殺されたもの」と「人殺し」をいっしょに鎮魂することは出来ないという了見からだ。

けれども、「殺されたもの」にドラマがあったように「人殺し」にもドラマはあったのだ。と、我がドラマツルグはかく語る

ドラマは存在した確かなものだ。しかし〈魂〉は、そんなものあるのかないのかワカンナイものだ。それを鎮めて、それでヨシ。それでヨシとするものに対しては、鉛筆の黒い線一本を報いることで充分だ。と、我がドラマツルグはかく語る。

鉛筆の黒い線は、ドームも、ヘイワゾウも、未だに燃えるゲンシロも、神道の擬制も貫いて、ただ、伸びてゆく。

この鉛筆の黒い線、これがトンチンコンカンという我がドラマツルグだ。

/赤蜻蛉 右に左に 飛べど悩みて /

« 途端調風雅② | トップページ | 途端調風雅④ »

思想」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558792/64024009

この記事へのトラックバック一覧です: 途端調風雅③:

« 途端調風雅② | トップページ | 途端調風雅④ »