無料ブログはココログ

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

2016年8月31日 (水)

途端調風雅⑥

 発想トンビ

かつて大映のSF映画で、『透明人間と蝿男』(1957)というのがあって、これはタイトルほど荒唐無稽な内容でもなく、特撮も工夫されていて、いまでも充分鑑賞に耐える。んで、一気に本論に入ると、ヤクザと透明人間が闘うマンガ『アダムとイブ』(作・山本英夫、画・池上遼一)は、二巻で完結したが、発想の斬新さは驚くべきもので、物語の展開も見事だったのだが、量子力学を手品のタネにしたことで、殆どがおジャンになった。

山本英夫には『殺し屋1』という優れた作品があるし、池上とくれば大家なんだから読ませぬワケはナイのだが、五感の異常に鋭いヤクザたちを殺しまくる透明人間が何処から現れたかの謎解きに該るところで、応用物理学の博士号を18歳で取得、米国国防総省で量子コンピュータの研究をしていた、双子の姉妹を登場させ、まあ、天才リケジョということで、池上センセも、例の細胞問題でなんやかんやあった彼女を彷彿とさせる顔だちの女性を描いてらっしゃるのだが、ここで「量子の世界では、極端にいうと『月は見ているときだけ存在している』ということになるの」と発言させ、みていないときは「ゆらいでいる」と答えさせ、「分散して、透明な存在」で、「観測したときだけ粒として凝縮して存在を表すの」とさらに述べさせ、それは科学的実験でも立証されていて、アインシュタインも渋々認めていると、語らせる。これは、山本さんのマチガイというより、完全にデタラメなことだ。

まず「量子の世界では」というのは「量子力学においては」としなくては文脈が通らない。「極端にいうと」ではなく、この月についての発言は、実はアインシュタインがいいだしたことで、アインシュタインは「私はいま月を見ている。月はたしかにそこにある。しかし、私が月を見るのをやめれば、量子力学が正しければ、月がその位置にあるということはできない。こんな馬鹿なことを信じられるか」なんだけど、これは、波動関数によって求められる量子(たとえば電子)の状態が、確率によることについて、「神はサイコロをふらない」と噛みついたアインシュタインからすれば、物体がすべて量子で出来ているとすれば、とても納得出来る答ではナイ。

マンガ原作の山本さんはそれを踏襲しているのだが、参考資料に読んだ物理学の書籍が不味かったとしかいいようがナイ。マチガイというよりデタラメはいっぱいある。まず、月の問題と「ゆらぎ」とは何の関係もナイ。また「観測したときだけ凝縮」というのもデタラメで、量子の状態は、観測の影響をまったく受けない。観測と量子の動きとは何の関係もナイ。アインシュタインはべつに渋々認めたのではなく、ボーアとの熱烈な論争の末、これを受け入れたのだ。だいたい、科学者たるものが〈渋々〉学説を受諾するなどあり得ない。

月の問題について、ここにつらつら書いても、何だかワカラナイだろうから、結論だけ書いてしまえば、「月は、見ていなければ、そこにあるとはいえない」というのは、量子力学的に原理的な意味では、正しいのだが、現実の観測や日常経験では、ニュートン力学に入るため、まったく可能性はナイ。つまり、月も量子の固まりであることにはチガイナイのだが、その質量から考えて古典物理の法則に従うのは明白なのだ。透明人間が何処から来たかについては、マンガだから、納得するしかないが、『幻魔大戦』ほどぶっ飛んでいればともかく、現代ヤクザとの格闘というsequenceになると、少々首を傾けざるを得ない。その『幻魔大戦Rebirth』も、いいかげん、「並行宇宙」を「平行宇宙」と表記するのは恥だからヤメタほうがイイ。

 

2016年8月17日 (水)

途端調風雅⑤

不義理よ今夜もありがとう

 

タイトルは思いつきだけで、とくに書くことの内容との関連はナイが、まんざらそうでもナイところに落ち着くんじゃナイかな。

前回、卓球、なるほどとおもった。宮本武蔵に勝った武芸者はおらんうーたん。中国の卓球選手ってのは、宮本武蔵なんやなあ。卓球は中国のもん。かつて相撲は日本のもんやったんやけど、いまはモンゴルのもんになってんねんけど、やがて、そういう日が卓球にもくるんやろか。柔道もジュードーになってからは、日本のもんではなくなった。(余談、蛇足になるが、団体戦をみるにつけ、福原愛は卓球というものについて、潜在的にambivalenceなトラウマがあるんじゃナイのかなあ)べつに私はナショナリストではナイし、コスモポリタンでもナイ。オリンピックはむかしからキライなほうで、いま、パラリンピックと同時に行われるこの世界的イベントは、その何れもが〈異常者〉のスポーツ競技会という点ではまったく同じだ。もちっと具体的にいえば、〈異常な能力を持ったもの〉のスポーツ競技会。(注意しておくが、パラリンピックは疾病者、の、ではけしてナイ)。

コミュニケーションとやらで、〈異常な能力〉を発揮するものには、「アスペルガー症候群」という称号が与えられ、疾病者扱いされるが、100mを10秒以下で走るという異常な能力を保持しているものは、メダルがもらえることもある。なあに、前者は生まれつきだし、後者は訓練の賜物ですから、ぜんぜんチガイマスよ。ほんとに、そうか。ならば、前者はnatural(自然)だし、後者はMan-made人工的な)というたら、nuanceがこれまたじぇんじぇ~んチガウやろ。いやいや、後者の中には天才も存在してですね、人間の能力の限界に挑む姿は・・・美しいのケ。猛々しいのケ。そうでっか、オレも戯曲を書かせたら「天才」とか「怪物」とかいわれたりすることがあるけど(昨今は「伝説」と称されたこともある)、電話ひとつかけることや、ニチジョウ会話の下手くそさや、人づきあいの不自然さにに関しては、アスペルガーといわれることが多いのだ。オレをそう認識しておくことのほうが、相手にとっては安心らしい。さて、

何か書くべきことがあって、書き始めたのだけど、何を書かねばならなかったのか、記憶がナイというのは、最近たまに起きるのだが、これはセロトニン症候群とその離脱症状との薬害のせいで、声を大にしていうが、これは疾病ではなく薬害だ。

名古屋のクリニックで変調を訴えたとき、医師はまずセロトニン症候群を疑って然るべきだったのを、いまではもうどんな精神科医も処方しないようなクスリでthroughさせて、それからのおよその6年、いまでは真っ直ぐ歩くことすら出来ない。これを断ち切るのに、アト1年~2年。たとえ断ち切っても、うつ病それ自体が再発したら、いったいどう対処すべきか。その〈恐怖〉で目覚めた朝は、一度や二度ではナイ。

こんな呪詛のような文言を連ねているより、私は〈愛〉の小説を書こう。ほんのすこうしずつだが、私にも〈愛〉というものが、何なのか、ワカッテきた気がしている。聖書に「自らを愛するように、あなたの隣人を愛しなさい」(マタイ22・32~40)というのがあるが、なるほど、そうなのかと、この箴言を灯台もと暗しで読んでいたことに気がついた。まず「自らを」愛する、これは自愛(narcissism)をいっているのではナイ。愛についての〈手続き〉をいっているのだ。この命題は難しい。たとえば、どうしても和解出来ない二人の女性と、始まれば悲恋に終わるしかナイ三つの恋とを、last workとして、書いてみる。これを遺書として遺そう。

てなことをね、10年前ならかっこよくいえたのよ。

もう、いいのよ。投げたワケじゃナイんだけどね。これ以上義理のように仕事はやりたくナイんです。もう、充分です。勘弁して下さい、って、私が私にいってんだけど、ね。

でも、愛はほんとよ。すぐそこに在るんだけど、深入りすると「愛別離苦」になる。「おジャンになる」よ。

そうそう、落語『火炎太鼓』のサゲの「おジャンになる」だけど、あの「ジャン」というのは「ジャンク」のことなんじゃナイのかな。junk (がらくた,くず物)。

2016年8月10日 (水)

途端調風雅④

卓球便

 

運良く、3回戦の北朝鮮カットマン(女性なんだけどね)との対戦は、伊丹のホテルにいたのでテレビで観ることが出来た。リ・ミョンスン、ここまで、さすがに軽く相手を打倒なのか、解説によると、カットマン(女性なんだけど)としては、世界number oneだそうで、試合開始直前の解説者、担当アナの掛け合い漫才では、「強敵ですが、どうしても倒さなければならない選手です」、とかで、こういうアタリマエのことをなんか凄そうにヘラっというところがオモシロイんだけどね。倒しても倒さんでも、どっちでもエエ相手みたいなもん、おらへん、いうねん。

確かに日本選手は、カットプレイに弱い。これは、いまを猿キッキ、もうずうっと前、まだ日本と国交のなかった中国の卓球選手団と、当時世界一を有していた日本の卓球選手団による親善試合、いわゆるのちに卓球外交と称されたときから明白な事実でありました。そのとき、リアルタイムで、テレビで試合の様子を私は観ております。なんで、観たのかは忘れたが、世界選手権者の日本選手が、まったく歯がたたなかったのは記憶にあります。強打をどれだけ打ち込んでも、中国選手は無表情で、ゆう~っくり手を廻して、球を返す。つまりこれぞ中国の十八番、カットプレイなのだ。そのうち日本選手はミスをして負ける。全てこのパターン。中国卓球が、世界の表に出てきたのはこれが最初で、カットプレイはあるにはあったが、ここまで執拗なのはなかった。これを得意とし、カットして相手のミスを待ちながら、甘い球が返ってきたらすかさず強打。狡い卓球やなあ。

で、リ・ミョンスンだ。世界一のカットマン(女なんだけどね)。

これを福原愛4-0で撃破。まさに撃破だった。ストレート勝ちなんだからなあ。2セット先取されたあたりで、リ・ミョンスンの顔から汗が滝のように流れだす。福原のほうは、ひとまわり大きくなったみたいにみえるカラダなのだが、汗の一滴も流していない。これはもう、練習量が圧倒的にチガウのか、あるいは、リ・ミョンスン、「ナニヨ、コレ、オカシクナイカ、ヘンヨ、ウソヨ、ソンナハズ、ナイヨ」との蟇の膏汗かも知れない。ファイナル・セットは、もう〈死に体〉でしたからねえ。「フルセットの接戦になると思ってましたが、30分で終わってしまいました」と、アナ。まさに神懸かりか、福原愛。そんなこたねえだろ。私のような素人考え、床屋談義を述べると、福原愛は、いつもの福原愛的闘いを棄てた。これはおそらくコーチの指導の成功だと思われる。なるほど、福原愛は天才教育を受けてきて、抜群の福原愛的強さをもっている。で、いつもそれで闘ってきて、勝ったり負けたり。ところが、このオリンピックでは、それをあっさり棄てた。二度いうが、おそらくコーチの指導だ。そのあたりは、演劇歴四十余年の私にもワカル。「敵を知り、おのれを知れば、百戦百勝す」(孫子)。この兵法をもう少しかみ砕けば、「敵に応じて、自らの闘い方を整えれば、必ず勝てる」ということだ。で、福原はそうしたのだと思う。徹底的なカットマン対策があったことは、コーチの優秀さを物語っている。リ・ミョンスンの顔から汗、「ソンナ、バカナ」は、福原には、カットプレイで充分という、油断があったのだ。得意のカットプレイがまったく通じない。そりゃあ、汗もかくで。しょうがないので、相手の正面にストレートで打ち込む(こういう打ち込み方の呼称を私は知らないんだけど)、しかし、この打ち込みは、相手が弾いてミスをしてくれんことには、ピンポン球は、浮くんです。そやから、放っておいたら卓球台にかすりもせず、飛んでいく。

さて、ベスト8。相手はシンガポールというても、シンガボールに住んではる中国人。世界ランキング五位。格上。ここでも、コーチの作戦勝ちがうかがえた。。私はこれを買ったばかりのラジオで聞いていた。ラジオは「5時の方向から11時の方向に・・・」とアナがいう。まるで、太平洋戦争の空中戦みたいです。福原は相手のナントカに、この前負けている。負けたということは有利なことだ。ふつう何で勝ったのかワカランけど勝ったはあるが、負けたら、何故に負けたのか、考えまっせ。これも、演劇歴四十余年がいわせている。「下手な役者の下手が、ワカランようにするにはどうすればよいか」あるいは「下手な役者でも客に好感をもたせるにはどうすればよいか」、私の劇団公演歴は総てこれ。ラジオだから、イメージでしか脳裏にはナイのだが、たぶん、コーチの指示は、シンガポールのナンタラには「打たせなさい」だったと思う。「打って勝とうと思うな。それなら相手が一枚上なんだから、とにかく打たせなさい、それを確実に拾いなさい。確実に拾えれば必ず勝てます」。福原愛は、「打てるときまで待つ」というより「自然に打てるときに打つ」という反射で、接戦を征して4-0のストレート勝ち。

今夜、準決勝。つまり、残ってんのは四人。メダルは三つ。

相手はやはり中国。これは4-0とはいかないだろうが、フルセットまでのもつれこみはナイと思う。

4-1で、福原。で、どうやっ。

 

2016年8月 7日 (日)

途端調風雅③

トンチンコンカン

 

2Bの鉛筆で真横に線を引く。真っ直ぐに線を引く。黒い線が伸びていく。鉛筆で文字を書こうと思ったが、黒い線一本で充分だと途中で考え直して、線を引く。

書こうと思った文字は、〈鎮魂〉。

鎮魂は、日本人がもっとも得意とする儀式だ。魂は鎮めればヨシとされる。しかし、鎮魂は錯綜する。

「殺されたもの」と「人殺し」をいっしょに鎮魂することは出来ないという了見からだ。

けれども、「殺されたもの」にドラマがあったように「人殺し」にもドラマはあったのだ。と、我がドラマツルグはかく語る

ドラマは存在した確かなものだ。しかし〈魂〉は、そんなものあるのかないのかワカンナイものだ。それを鎮めて、それでヨシ。それでヨシとするものに対しては、鉛筆の黒い線一本を報いることで充分だ。と、我がドラマツルグはかく語る。

鉛筆の黒い線は、ドームも、ヘイワゾウも、未だに燃えるゲンシロも、神道の擬制も貫いて、ただ、伸びてゆく。

この鉛筆の黒い線、これがトンチンコンカンという我がドラマツルグだ。

/赤蜻蛉 右に左に 飛べど悩みて /

2016年8月 6日 (土)

途端調風雅②

Bad night 

 

『寿歌・4』では、ラストシーンでゲサクはキョウコと別れ、ゲサクの「柝」がチョーンと入って「はじまり、はじまり」で、終わる。

『寿歌』は私が私に対してした〈予言〉だから、そのとおりにキョウコを演んじていた女優は享年五十八で籍を変え、私は/何がはじまるのか/と、平均余命19年、健康余年ほぼ45年を予想して、やり残したこと、さらにやりたいこと、などを思い浮かべる。

にしても、セロトニン症候群とその離脱症状とのキツさは、なんとか12(一日)まで減薬を続行しているが、あまり変わらない。減らして変わらないということは功を奏しているという証左でもあるのだが、年内は6㎎、来年前半で0、その後、完全に抜けるのに六ヶ月として、来年1年は離脱作用はつづくだろうと覚悟している。

覚悟したって、痛いもんは痛いねん。

昨日は、午前中と午後少し具合が良くて、今日は楽だなとやや浮かれ気味だったが、夕方から左腕の前兆が始まり、あっという間に全身に至り水行陸行、邪馬台国に至る。これは最長不倒距離の記録を抜いて、深夜までつづき、飲むと辛いかなと予想しつつ、しかし、酔わないと痛みを誤魔化せないので、飲むには飲んだが、七転八倒。二度ほど台所に立ったときに貧血で倒れそうになる。このとき心臓はひどくゆっくりとしか拍動がなく、なるほど虚血性心不全というのは、こんなふうに起きるのだなあと、おそらくかの女優もこれで逝っちゃったななどと思いを馳せ、25時就寝するも、4時過ぎには目が覚めて、β-ブロッカー服用。

鎮痛剤が効かないのでアルコールで酔うということで痛みを誤魔化すしかナイのだが、ときにこうして裏目に出て、基本的にうつの疾病だから「自殺念慮」が出て来る。出てきても死にはしないのだが、ここが不思議なのだが、どんなに強い自殺念慮があっても「イヤだね」という反抗のほうが現実的なのだ。「自殺したいのはワカル。しかし、それは出来ない」と心的、精神的に応じている。

そこで、何が自殺を念慮させているのか、その問題点を洗い出すという作業をやってみる。

こういうときは、フツウではナイので、普段は思いもつかなかった潜在にまで観察が及ぶ。いわゆる内観というもので、ここには書けない幾つかの無意識領域の問題点が浮上してくる。そこで、異性に対する愛情(恋情)より、何故、友情のほうが強いのか、あるいは愛というものが、何故、理解出来ないのか、いろいろとワカッテくる。まるで、拷問されて白状しているようなもんですナ。

具体的には書けないが、私にはどうしても「和解出来ない」ものがあるのだ。

和解は出来なくとも、同情くらいは出来るだろうと、これがゆんべの結論。

アト一年と数ヶ月。もう「はじまって」いるのだから、はじまった世界に企投するしか他、出来ることなどはナイ。

 

2016年8月 2日 (火)

途端調風雅①

怪談

 

夏なので「怪談」の一つもやってみる。

名古屋に出てきて数年の頃、たつきを立てるために、私はあるタレント事務所に所属しながら雑多なタレント仕事をなんでもかんでも引き受けていた。当然だが、ラジオCMの仕事もあった。(奇妙なことでもナンデモナイのだが、この頃のギャラと、現在のギャラは殆ど変化がナイ。これはこれで怪談ともいえるのだが、理由をいえば簡単なことで、ベテランと称されるタレント諸氏が、その頃のギャラでいまも仕事を引き受けているだけのことだ)

怪談といっても、幽霊、心霊の類はでてこない。だいたい私はそのての怪談はまるっと信じてナイので。しかし、私なりに心底ゾッとしたことはあるのだ。

ラジオCMは、語るほうがボックス(金魚鉢とスラングでいわれる)に入り、カフ(on offのスイッチ)とマイクのあるデスクに座る。窓一枚で隔たれた調整室では、ディレクターやらクライアントが私の語りを聞いていて、注文を出す。これは、スピーカーを通じてか、イアホンを通じて、私に聞こえるようになっている。

たいていのCMは15秒、30秒、60秒、とこの三種類だが、ときには一発芸のような5秒というものもある。もちろん、その長さで読み切れる原稿を読むワケなのだが、その日手渡されたのは、ざっとみて800字ほどあったろうか。これは長いなあと思いつつ、出来るだけ間違えないように、テイクを少なくやんなきゃなあと緊張もしつつ、ボックスに入った。ラジオCMの難しさは、15秒なら1秒の狂いもなく15秒で、30秒なら30秒で、原稿をキチンと読まねばならないところだ。時計を睨みながらやるワケではナイので、そこはだいたいの勘というもので、読み切る。

さて、怪談の始まり。

ディレクターのほうからスピーカーを通じて指示がきた。

「えーと、30秒CMなので、よろしく」

・・・この長いのを30秒、こりゃ猛烈に速く読まないと、いや、それでもちょっと・・・

「はい、どうぞ」

私は、これ以上の速さは無理というくらいの速さで読み始めた。すると、途中で、

「ストップッ、速いよ、そんな早口で読んじゃダメだよ」

・・・・「わかりました」・・・

私は速度をちょっと落とした。

「ストップ、まだ速い。ふつうの速さで」

・・・・「あの、これ30秒ですよね」・・・3分のマチガイじゃナイよなあ。・・・・

私は、ふつうの速度で読んだ。と、しばらくして、

「速さはそれでいいんだけど、2分以上かかってるよ。30秒だよ30秒」

これは技術の問題ではナイと、私は思った。何か勘違いしてんじゃナイだろうか。もちろん、ディレクターのほうがだ。

・・・・「あの、原稿はあってますよね」・・・・

「うん、」と、いったまま、原稿に目を通して口を動かしているディレクター。自分で読んでどれくらいかかるか、ストップ・ウォッチを片手にしている。やがて、

「ちょっと、原稿が長すぎるので、カットするワ」

アタリマエだろ。で、10分ほど休憩して、ディレクターはカットした原稿を私に差し出した。なるほど、カットされている。三行ほど。

で、この怪談の結末がどうなったのか、それを述べる。原稿のカットは繰り返されたが、一行、二行というカットの仕方で、30秒に近づけるのには、ほど遠く、けっきょく貸しスタジオの時間が切れて、録音は延期になった。その後、誰にこの仕事がまわされたのか私は知らない。

私はこういう人間に出会うと、心底、ゾッとする。

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »