無料ブログはココログ

« And in the End⑬ | トップページ | 狂言役者の悩ましきイイワケ »

2015年5月16日 (土)

幕間(まくあい)の狂言

釈迦の悟りともいえる「デタラメ」を「シュレーディンガーの猫」から繙くつもりが、選択をマチガッタかと、反省しているところで(狙いは正確だったのだけど、もちっとワカリやすいのにすれば良かったという意味だ)、着地点はワカッテいるのだが、「シュレーディンガーの猫」を(というか、それにまつわるさまざまな誤謬を)解き明かしていかねばならないことになってしまったのが、ブログのしばらくのブランクの理由の一つだ。他にも、鬱病症状による弊害やら、他の仕事に追われてというのもあるにはあるのだが。ともかく、この「猫」をどうするか。やっぱりキチンとやっておこう、と、そう考えたので、釈迦からかなり迂回することになるが、ネットで展開されている「シュレーディンガーの猫」の論壇も、ひでえのになると、量子力学を信じているいるものは、狂人か「トンデモの類」てなのもあるゆえ、ともかく、今一度、自分が学習しきた量子力学について、確認をしなおす作業にはいることにした。
よって、少々、のんびりと、お待ちねがいたい。これだけは述べておくが、ニールス・ボーアの見識は正しい。むろん、釈迦の悟りの「デタラメ」も、虚構の物語としては、正鵠を射ていることにブレはナイ。

« And in the End⑬ | トップページ | 狂言役者の悩ましきイイワケ »

仏教・宗教」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558792/61598021

この記事へのトラックバック一覧です: 幕間(まくあい)の狂言:

« And in the End⑬ | トップページ | 狂言役者の悩ましきイイワケ »