無料ブログはココログ

« And in the End⑫ | トップページ | And in the End⑬ »

2015年5月 5日 (火)

朝、歩く

目覚めが酷く悪い。強い自殺念慮で、慌てるようにして起きて、ともかくそこから逃げるようにして、散歩に出る。鬱病に早起きと朝の光は、セロトニンの分泌を良くして効果があるそうだが、そんな目的のために歩いているのではナイ。
都市の朝の景色はghost townで、ひとの気配は無い。
『ムーミン谷の冬』がシリーズの中ではイチバン好きだが、そのときのムーミンのように「みんなが冬眠しているのに、独り眼覚めてしまった」あの、孤独でもない、寂しさでもナイ、何かしら「マチガッテしまった」という感覚はよくワカル。
余談めいて書くが、いがらしみきお氏の『I(アイ)』の問題提起はワカル。しかし、このての問題は、こんなに力んで描いてはダメだと思う。便秘のままで終わった、という感が否めない。神などは糞なのだから、詰まらせたらしんどいだけだ。『今日を歩く』も、なんでこのマンガ家は、こんなに力むんだろうかと、もちっと楽に散歩していれば、手塚賞もノミネートだけでなく、受賞したんじゃナイかと思う。
私は力むどころか、寝起きは自律神経のバランスが悪くて、ふらふらと歩いている。私はひとを観るより家、建築物を観るほうが好きなので、家を観る。邸宅とまではいかないが、お邸めいた、似たような多少は豪奢な新築の家が並んでいる。この辺りは、いまそういう土地になっているらしい。
クラモチくんが生前、何処だったか東京、私と二人、お屋敷、邸宅を観ながら歩いて、こういったのをおぼえている。
「よっぽど悪いことしなきゃ、こんな家は、建てられねえよ」
そんな家を観ながら朝、歩く。ひとが住んでいる気配がナイ。ときどき昭和の家が挟まって出現する。そんなふうに時滑りして、江戸時代の長屋とかに抜けられたらオモシロイだろうなあと、思う。
とても、退屈な朝だ。

« And in the End⑫ | トップページ | And in the End⑬ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558792/61544815

この記事へのトラックバック一覧です: 朝、歩く:

« And in the End⑫ | トップページ | And in the End⑬ »