無料ブログはココログ

« ふーん、そうなのか。 | トップページ | 確定申告におけるゲシュタルト崩壊 »

2015年2月 5日 (木)

人道支援とはナンなのか

ODA(Official Development Assistance・政府開発援助)の頭文字。 政府または政府の実施機関によって開発途上国または国際機関に供与されるもので,開発途上国の経済・社会の発展や福祉の向上に役立つために行う資金・技術提供による公的資金を用いた協力をいう。~
ここ数日の「イスラム国」関連のニュース、報道番組で、日本政府がやたらと「人道支援」というコトバを強調するので、ちょっと調べてみた。で、それは上記のODAのことをいうのだろうと、考える。
日本人捕虜処刑(殺害)については、「戦死」「討ち死に」という他、私にはいうことはナイ。なんなら、その前に「無念の」と付けてもイイが。ともかく「イスラム国」は「戦争」をしているのだから、「善意のジャーナリスト」だろうが、当の「イスラム国」軍が敵と見做せば敵だし、戦争というのは敵を殺す行為(政治)なのはアタリマエのことだ。もちろん、「イスラム国」をテロと名指しても、イスラム教とは無関係だとムスリム関係者が説明しても、それほど意味はナイ。それと同様に日本は武器提供はしていない、戦闘には加担していない。人道支援をしている。と声高に訴えても、「イスラム国」にしてみれば、まったく意味がナイ。
とはいえ、「イスラム国」と名乗る集団が、貧困や抑圧を根源として生じてきたものならば、その無知や飢餓を救済するために、人道支援をする日本の営為は悪いこととはいえない。だから、どんな「人道支援」をしているのか、つまりはその銭の流れと、成果とを国民は(税金を支払っている以上、その税金が人道支援に使われている以上)知る権利があるし、政府、関係機関は情報を公開する義務があるはずだ。
で、ウィキペディアなどで(オレは、月々700円、この機関に銭払ってっからな。堂々としておこう)調べてみたが、どうも、そのあたりはグレーなのだ。つまり、何にどんだけ銭使って、どんな成果があったかは、大事なところで非公開なのだ。要するにワカンナイのだ。
国民がワカンナイことを、錦の御旗のごとくおったてて、主張しても、納得出来るワケがナイ。ODAについての批判、要望も読んだが、こっちのほうが説得力がある(詳細調査はご自分でやって頂戴ね)。このさい、政府はその辺の声に耳を傾け、強調している日本の「人道支援」の具体性を国民に情報開示したほうがイイ。
昨日、『ひるおび』(毎日放送)で、「にほん、ワルクナイ、ニホン、りっぱ」てなことをやっていたので、ほんとかよと、面倒くさかったが、ちょっと調べてみた。
あんまり、感情的歯切れの良すぎる安倍ちゃんの言説やら、マスコミ報道の煽りに踊らされて、アトで泣きをみたくないからな。

« ふーん、そうなのか。 | トップページ | 確定申告におけるゲシュタルト崩壊 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558792/61088284

この記事へのトラックバック一覧です: 人道支援とはナンなのか:

« ふーん、そうなのか。 | トップページ | 確定申告におけるゲシュタルト崩壊 »