無料ブログはココログ

« 『うちやまつり』とはなにか① | トップページ | 『うちやまつり』とはなにか③ »

2015年2月22日 (日)

『うちやまつり』とはなにか②

『うちやまつり』(作・深津篤史)は、「何にインスパイアされて」書かれたものなのだろうか。作品そのものが与える錯綜の強調や、そのことによって生じるストーリーの変調(それを追うことの迷走)よりも、まず、私が最も興味を惹かれるのは、作者のそのモチベーションだ。おそらく演技者はこの作品の全貌を知らないでいる(のではないかという私の推測は、アフタートークによって、確認されたけどネ)。荒っぽくいってしまえば、作者は、この作品のplotをさまざまに提出してはいるが、そのつながりは明らかにしていない。というより、むしろplotをさまざまに提出することによって成立する戯曲の完成を目指しているふうにさへ思える。とはいえ、それでは演技者、観客のattractを逸する。そこで、形態(形式)としてミステリの位相が導入されることになる。ドラマツルギーとしては、それで充分だという気がする。しかし、この作品は新手のミステリなどではナイことは、たとえ誤読が演出者や読者、役者の特権だとはいえ、留意すべきことだ。また、観客の「解釈に任せる」というのも、それはこの作品特有のことではなく、かなりカテゴライズの強固なものやテーマ性の強い演目の舞台を除外すれば、どのような演劇にもいえることだ。
私は深津作品の熱心な読者や観客ではナイが、『うちやまつり』はさすがに岸田戯曲賞作品だけあって、この作品の表現が持つ特異性とは格闘してもいいのではないかと考える。宿痾の鬱病の悪化で、心身の状態があまり良くはナイが、たとえ途切れ途切れでも、そんな作業はやってみるつもりだ。そのほうが私にとって、深津さんを「夭折の天才」として惜しむよりは、充分な供養になると信じている。
次回は『うちやまつり』というタイトルから演繹して、作者のモチベーションを探れればと思う。(続く)

« 『うちやまつり』とはなにか① | トップページ | 『うちやまつり』とはなにか③ »

演劇」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558792/61176119

この記事へのトラックバック一覧です: 『うちやまつり』とはなにか②:

« 『うちやまつり』とはなにか① | トップページ | 『うちやまつり』とはなにか③ »