無料ブログはココログ

« お・も・て・な・し | トップページ | 男は何処にいった、女は何処にいった »

2013年12月 9日 (月)

特定秘密保護法

/特定秘密保護法案に反対する学者や文化人さんの日本語がワタシよく分からないのです。「国民の知る権利」ってなんのことなんですかね。「戦前に逆戻り」って何のことなんですかね。「審議を尽くす」ってどういう状態を言うのですかね。「民主主義国家・国民主権」って何を指すのですかね。ああ、日本語が分からない!/
最近、古くからの知己からもらったメールに上記、あった。私は単純なので、特定秘密保護法というものが、日本国憲法に抵触するなら、それを遵守したものでナイなら、違憲と思われるならば、その法案の是非が争われるのは、国会などではなくて、司法の場だとだけ考えている。訴訟すれば、それで足りる。
また、この「秘密」というものが、どんな秘密なのか、あくまで日本は受動的で、提供される秘密の保護に努めなければ、提供者(まあ、主に米国でやんしょ)からの提供が受けられない不利を補うものだと、だけ考えている。おおっぴらに「特定秘密保護」などというくらいなのだから、そういう「秘密」があるのだろう。つまり、この法律は、国政には秘密というものがあるのですと、公言しているという、矛盾が存在する。
「多くの人を知るよりも できれば隣を知りたい」(泉谷しげる『個人的理由』)と、こういうコトバを持ち出すと、お前は、「公」と「個人」の区別が出来ていないといわれそうだが、では問う。「公」とは、ナニか。「みんな」のことか。もし、そう解釈すると、日本国憲法に今度は矛盾が生ずる。日本国憲法はなによりも、個人の人権を最高位に尊重するからだ。つまり、「公の○○に反しない限り」という法令の文言は、矛盾することになる。「公とは国家、国民のことだ」では、それこそ、戦前、戦中と同じになってしまうのではないか。
私は、この特定秘密保護法が、日本国憲法を遵守していないのなら、反対だ。そんなことは、どんなバカにでもワカル、アタリマエのことだ。また、特定秘密保護法を守るために改憲しようなどというのなら、それこそ、大矛盾だ。

« お・も・て・な・し | トップページ | 男は何処にいった、女は何処にいった »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558792/58727810

この記事へのトラックバック一覧です: 特定秘密保護法:

« お・も・て・な・し | トップページ | 男は何処にいった、女は何処にいった »