無料ブログはココログ

« 吉本さんの演技論に半畳入れる | トップページ | 感想『少女仮面』桃園会10/05・アイホール »

2013年9月26日 (木)

ずいぶん、ね

この夏の気象の異常さもあってか(とはいっても、あくまでも、それは人間にとってでのことで、地球自体は自然なんだけどね)、カラダのほうのダメージはほぼ限界に達した。トドメが良性発作性頭偏位目眩症とかで、ともかく動くとクラクラになるんだから、始末が悪い。宿痾の鬱症と、過敏性腸炎、眼精疲労に、とにかくもうこれ、老化よ老化。
とはいえ、やるべく仕事はつい昨日、avecビーズの再来年の作品『twilight at time この黄昏よ』を仕上げて、これでオシマイ。今日は、『恋愛的演劇論』の編集校正の検討(著者校正は一応すんでいる)と、出版契約をして、再校正して上がり。
こいつは自費出版で300冊買い取り。遺品ですから、いろんな方々に贈ります。
11月末から始まるシス・カンパニーの『グッドバイ』は、長年やりたかった太宰治さんの戯曲化。(これ、『日本文学シリーズ』になっちゃったから、次と次の次の三作、書いちゃったけど。続くんなら、やるだけやるけど)こんで、もう、やるべきことはオシマイ。アトは余生。「余生(よせ)やいっ」とでもいいたくなるような余生。どれだけ余ったのか、自分ではワカラナイが、で、何をやるかというと、嫁の提案で、あの壁を素手でよじ登るアレ、なんとかいうらしいけど、アレやりてえな。私の勘では、あれ、力じゃなくて、バランス感覚で登るんじゃナイかな。ヒマラヤにのったりひょこっと、歩いて登山するのも、老人の趣味ならば、こっちも初期高齢者の趣味よ。どうせ、カラダは半壊状態なんだから、残り半分でやりゃあ、いいんじゃないの。
現在は、脳死状態かなあ。脳なんか死んでも、文章くらい書けるのよ。しばらく脳のほう、死んでおこうっと。
さてと、このアトは、『寿歌Ⅳ』の演出。これは脳なんかあんまり使わない。カラダ使うから。最近は「脳で書かれたお芝居」が多すぎんのなあ。オリザなんかは「私は指先で書きます」っていってたけど、うん、それは立派だと思うよ。私は「眼と耳」で書くけど。
「戯曲とはココロの業、天を読み、風を嗅ぎ、地の音を聞く、森羅万象 おのが意のまま げにおそるべし おそるべし」よ。

« 吉本さんの演技論に半畳入れる | トップページ | 感想『少女仮面』桃園会10/05・アイホール »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558792/58268108

この記事へのトラックバック一覧です: ずいぶん、ね:

« 吉本さんの演技論に半畳入れる | トップページ | 感想『少女仮面』桃園会10/05・アイホール »