無料ブログはココログ

« マスク・THE・忍法帳-36 | トップページ | マスク・THE・忍法帳-37 »

2013年8月 6日 (火)

ココロに遺るコトバ『銀河鉄道の夜』(宮沢賢治)

さそりは一生けん命遁げて遁げたけどとうとういたちに押おさえられそうになったわ、そのときいきなり前に井戸があってその中に落ちてしまったわ、もうどうしてもあがられないでさそりは溺れはじめたのよ。そのときさそりは斯う云ってお祈りしたというの、
 ああ、わたしはいままでいくつのものの命をとったかわからない、そしてその私がこんどいたちにとられようとしたときはあんなに一生けん命にげた。それでもとうとうこんなになってしまった。ああなんにもあてにならない。どうしてわたしはわたしのからだをだまっていたちに呉れてやらなかったろう。そしたらいたちも一日生きのびたろうに。どうか神さま。私の心をごらん下さい。こんなにむなしく命をすてずどうかこの次にはまことのみんなの幸いのために私のからだをおつかい下さい。って云ったというの。そしたらいつか蝎はじぶんのからだがまっ赤なうつくしい火になって燃えてよるのやみを照らしているのを見たって。

« マスク・THE・忍法帳-36 | トップページ | マスク・THE・忍法帳-37 »

テキヤの祈り」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558792/57938331

この記事へのトラックバック一覧です: ココロに遺るコトバ『銀河鉄道の夜』(宮沢賢治):

« マスク・THE・忍法帳-36 | トップページ | マスク・THE・忍法帳-37 »