無料ブログはココログ

« マスク・THE・忍法帳-4 | トップページ | マスク・THE・忍法帳-6 »

2013年7月 5日 (金)

マスク・THE・忍法帳-5

しばらく姿を消す。とだけ、新宿の張大元のところに、平吉から連絡が入った。
「どうしたんでしょうか」
と、新介は心配した顔を張に向けた。
張は、いつものように水煙草をくゆらすと、
「今度の仕事は、二十面相の裏の仕事です。つまり、血をともなう仕事でしょう。しかもよほど危険なことに思えます。表の泥棒稼業ならまだしも、今度ばかりは、新介さんや葉子さんを巻き込んではマズイと考えたに違いありません」
大丈夫なんですかい、と、秘書がその眼で張に伺った。
応えずに、張は、煙草の煙を吐いた。
それから、
「二十面相は、この煙ですら盗む男です。もし、それが、盗むに値する悪の命なら、彼は全身全霊でこれを盗むでしょう。吉凶は風のごとく水の如し、さだまるところを知らず。よってこれを風水というのです」                         
平吉二十面相は、シシンを例のブーメラン殺法で倒しただけではない。シシンの身体を探って、手がかりになるものを盗み出していた。このあたりにも、さすがに手抜かりというものがナイ。
といってもカタチある物は「仏」と印字された指輪であり、他はモノ、つまり物質ではなかった。着衣、靴、これらは物質であるが、持っていったワケではナイ。調べただけだ。平吉は、シシンから嗅ぎ取ることの出来る臭いを嗅いだ。手足の様子、爪の色やカタチ、その手入れの仕方を観た。
あたかもそれはメスを用いない監察医のような仕業であった。
西洋の名探偵、シャーロック・ホームズが、初対面の相手を一目みて、その職業から家柄までを当てたことは、ドイルの小説の中では有名だ。と、同様に、我が二十面相は、いま少し物証的に、その男が何処でどのような生活をしていたのかを、調べたのだ。

洋服は仕立てたものだが、リバーシブルになっている。泥棒の仕事着と同じ仕組みだ。そのようなものを創る仕立屋は、東京といえどあまりナイ。
指輪は、「仏」という印字をずらすと、白い小さな錠剤が仕込まれていた。誰かを抹殺するときか、あるいは、自らを死に至らしめるときに用いる自害用なのだろう。
指輪の裏面に、Mという文字が彫られて、四桁の番号が記されてあった。その末尾に小文字でm.uとある。小文字のほうは、名前の頭文字かも知れぬ。
カラダ全体から匂うのは、インドの香木のものだ。それは着衣からも匂った。それと潮の香りがする。海に近いところが関係している。
手足や爪はきれいに手入れされている。つまり、この男は二重生活をしていたといって間違いないだろう。単なる殺し屋が、これほど手や爪を手入れしているワケがナイ。さすれば、その表の仕事は、人前に出ることが多い職種のはずだ。
靴は舶来のシロモノだ。口臭は、麻薬の常習者特有のものであった。これで、どんなふうに人前に出ていたのだろうか。

平吉は自分のアジトへ戻った。
長屋はあくまで住居である。平吉には、二十面相としてのアジトが別にある。
そのアジト、といっても、さほど大きくはナイ、とあるビルの地下室だが、手っとり早く説明すると、いまのパソコンの機能をひとつの部屋にしたようなものだ。
平吉は、まず陸軍中野学校のファイルから、頭文字m.uを取り出す。該当者は三名、うち一人は戦死。一人は暗号解読。残る一人。
インドの香木の輸入先を今度はファイルから引き出す。さらにリバーシブルの仕立屋を。そうして、指輪細工の職人を。
こうしてさまざまな要素を引き出すと、傍らの電話に手をかけた。
その電話口に出た、おそらくは女性であろう、その女性に、
「平吉だ、つないでもらいたい」
と、コマンドする。
電話口の女が、「はい」と返事をして、それから、数秒。
男とも女とも判別のつかない声が電話の向こうから聞こえた。
その声に、平吉は、自分の調べた情報をすべて伝え、じっと、相手の返事を待つ。
一、二分して、電話からは、こう答えが返ってきた。
「博愛弥勒教団」
平吉は、静かに受話器をおろす。
敵の表の顔は、宗教団体の「博愛弥勒教団」・・・戦災孤児の救済から、大きく勢力を伸ばした新興宗教の教団だが、その内情は謎に包まれているらしい。
そも、この電話の相手はナニモノなのか。
これはいわゆる裏社会のレファレンスと考えればいい。
レファレンスというのは、図書館用語で、参考情報提供業務をいう。そのような業務を請け負っているシステムを、その時代に平吉は仲間にしていたということになる。
平吉の手が「宗教団体」の本棚、つまりパソコンでいえばフォルダになるが、その「は」のファイルを抜き出す。
ファイルを開く。
敵の本拠地は近い。鎌倉江ノ島である。

« マスク・THE・忍法帳-4 | トップページ | マスク・THE・忍法帳-6 »

ブログ小説」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558792/57688275

この記事へのトラックバック一覧です: マスク・THE・忍法帳-5:

« マスク・THE・忍法帳-4 | トップページ | マスク・THE・忍法帳-6 »