無料ブログはココログ
フォト

« 予告 | トップページ | なにヤツ »

2013年6月25日 (火)

転がる石ではあるのだが

風はひとりで吹いている 月はひとりで照っている オレはひとりで流れてく 明日の墓場はわからない 転がる石のようにやってはみるが 諸行無常 因果応報 会者常離 てなことも転がる石にはわからない 梅雨の晴れ間の五月晴れ 二文字変えれば 五月蝿いとは、変えるのにも無理があるか とはいえ、頭ん中がやかましい 素直に転がればいいものを そうは問屋がおろさない そうは流れが許さない 水の流れとひとの世は ままにならぬと、かの明治の文豪も、のたもうた なかなか石とて 思いどうりにゃ転がらね。 転がっているには、間違いないないが。

« 予告 | トップページ | なにヤツ »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 転がる石ではあるのだが:

« 予告 | トップページ | なにヤツ »