無料ブログはココログ

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月30日 (日)

集団・共同体・個

朝から近隣に畑を耕作している昔からの馴染みの大工さん(いまは現役を半ば引退、子息が跡を継いでいる)が、収穫されたトマトと胡瓜とピーマン、唐芥子を持って来て下さった。立派な出来の野菜をみて、母親も感心していた。母親のほうも、時折、エビフライやらなんやかんや、私も美味そうな酒があれば、大工さんに届ける。こんなふうにあちこちからナニヤラが届けられて、母親のほうもナニヤラを届けて、いわゆる贈与交換が行なわれている共同体は、おそらく母親たちの代で終わるだろう。ふつうアジア共同体と呼ばれているシステムは、日本の地方の田舎には数多く残っているが、次第に消えていくにチガイナイ。いま人々は集合として生活しているワケではなく、放射線状に生きている。この地を塒にしていても、近所づきあいはなく、京都、大阪に働きに行っては、この地に帰って来るだけという、いわゆる流入の民も多くなった。私の子供の頃は家に錠前など必要なかったのだが、夜は外に面した窓にシャッターを降ろす。新興住宅地となったこの地にもう田畑は殆どみられない。実家の土地価格も3倍ほどになった。農耕地から住宅地になったのだろう。私にしたところで、月の半分は実家にいないのだが、同居ということで、母親は独居老人の枠から外されそうになっている。そこは私の仕事の特殊な事情を説明して独居老人と変わりナイことを、認めてもらわねばならない。
アジア共同体は、戦時中の隣組というやっかいな組織も残しているが、いざ、冠婚葬祭となると、これがシステマチックに作動するのだ。何処の誰がどうしているのかは、口伝えであっというまに広まる。いい面も、プライバシーに関しての悪しき面も持つ。善悪は問えない。これがまあ、終の住処だ。

劇団・太陽族の『林檎幻燈』の感想を書こうと思ったが、まだ公演中なので、公演が終了してから、つまり、今夕に掲載することにする。ふつう齢を重ねるとひとは丸くなるらしいが、私のばあいはまったく逆に、そうこの先のナイ命、いいたいことは気兼ねなく(というより迷惑を省みず)いうようになってきた。先日も樋口ミユに苦言を呈したばかりだ。とはいえ、私は将来のあるひとにしか、キツイことはいわない。ただのアホはアホとしかいいようがナイからな。まあ、そういうことで。

2013年6月29日 (土)

やっとこひょっとこ

六月三日から始まった引越し作業も、昨日、業者が残材ダンボールを回収に来てくれて、ともかくやっと終わった。この間、私は10日ほど大阪の嫁宅に行っていて、ブログには退屈しのぎの短文を寄せただけだが、ひとつ思いがけないことが、あった。マリンバ奏者でパーカッションもこなし、最近は歌ってもいはる新谷祥子さんが、ブログに応答したメールを送ってくれたことだが、アカシアの雨にうたれて、という内容の鬱々とした気分の短文で、あまり褒めた内容でもナイこのブログのタイトルを私は7月からの本格的ブログ開始に対して「幕前」とした。ところが、ワープロ者にはありがちのことなのだが、新谷さんはこれを「墓前」と読み間違えて、内容の琴線に触れたことなど、メールして下さった。なるほど、あの意味のナイような雑文も、タイトルを「幕前」から「墓前」とすることで、シチュエーションががらりと変わる。墓地にたつアカシアの木、墓参りでもしているのだろうか、墓前にいる私にアカシアの花と小糠雨が降りそそぐ。これは絵になる詩になる。そこで、インチキをして、タイトルを「墓前」にこっそり変えておいた。新谷さんには、thank youというしかナイ。
新谷さんとはこの秋、「エボリューション・リーディング 『寿歌Ⅳ』」を伊丹アイホールと、名古屋(場所未定)でやっちゃう。マリンバ、パーカッションに新谷さん(ひょっとしたら歌もつくかも)、語り方は三人、ゲサク(桂九雀師匠)、キョウコ(船戸香里)ソウジュン(ごまのはえ)で、ふつうなら、セッションとでもするところだが、私としては、リーディングの新しい方向を模索、試行錯誤したくて、たいそうにもエボリューション(進化)という冠をつけた。
秋には、SLOFT/Nと「星の女子さん」の共催・合同公演で『ash children-灰の子供たち』が名古屋で上演される。演出は渡山博崇。SLOFT/Nについては、いずれ、総括的なことを記さねばならないが、とりあえず、こいつが終わってから。
それと、昨日だったかから始まった、シス・カンパニーの公演「ドレッサー」のパンフレットで、速報情報として、私の書き下ろし作品『グッドバイ』が掲載されている。本格的な情報は8月に発表されるそうだ。『グッドバイ』はご存知、太宰治未完の絶筆を、いまふうにいうならラブ・ロマンス、かつてでいうならメロドラマとして書き上げたものだ。某女性演劇評論家氏に戯曲を読んでもらったが、「戯曲を読んで泣いたのは初めて」という最大級のほめコトバを頂戴した。宮崎駿さんも『風立ちぬ』と、近代文学と泣かせ路線に、現代ウェーブへの戦術転換してんだから、こっちも負けじと、そっちのほうだ。
まずは、何れも乞ご期待。
でと、このブログでは、7月1日から、『怪人二十面相伝・外伝~マスク・THE・忍法帳』と、山風さんのマネマネ小説を連載する。これはもう、こちとらが楽しみながら書くつもりだ。これも、乞ご期待。

2013年6月27日 (木)

なにヤツ

オレはもうすぐ六十一の誕生日を迎えるが、ほんとうは生後一週間で、腸ジュウセキになってしまって、医者から、残念ながらといわれ、両親もオレの命諦めて、ともかく死んだらしい。ところが次の日にすっかり良くなってしまって、これは奇蹟やと医者も驚きだったんだけど、たぶん、死んだことは死んだらしい。ところが、オレは今なお存在している。いま生きているのは、おそらく違うオレなのだろう。何かが、今のオレなのだろう。で、今のオレはなにヤツなのか、オレにもワカラナイ。

2013年6月25日 (火)

転がる石ではあるのだが

風はひとりで吹いている 月はひとりで照っている オレはひとりで流れてく 明日の墓場はわからない 転がる石のようにやってはみるが 諸行無常 因果応報 会者常離 てなことも転がる石にはわからない 梅雨の晴れ間の五月晴れ 二文字変えれば 五月蝿いとは、変えるのにも無理があるか とはいえ、頭ん中がやかましい 素直に転がればいいものを そうは問屋がおろさない そうは流れが許さない 水の流れとひとの世は ままにならぬと、かの明治の文豪も、のたもうた なかなか石とて 思いどうりにゃ転がらね。 転がっているには、間違いないないが。

2013年6月20日 (木)

予告

少数精鋭の読者の皆様、いろいろと、お待たせしてます。お詫びといっちゃ、何ですが、7月より、ブログ小説として、『怪人二十面相伝・外伝』を、ブログの他にここで連載開始します。山風さんばりのエンターテインメントにするつもりです。ちょっと、ご期待下さいね。

墓前

アカシアの雨、に、うたれて、このまま死んでしまいたい。という歌が、唄うところの雨というのは、アカシアの花そのものが、散る様子で、ほんとうの雨ではナイ。とはいえ、アカシアの花のはざまから、こぼれくる、こぬか雨にうたれながら、死ねるものなら、それも一興。の、微熱の梅雨の日、、。

2013年6月17日 (月)

いましばらく

未だ、主筆の準備が整いません。本格的には、7月あた りからの再開の予定。いましばらくお待ちのほどを。

2013年6月 2日 (日)

あっちはどっちや

何処へいってもどこでもないし、と、最近は『寿歌』のせりふを思い出しては口にする頻度が高くなった。で、明日は転居で、私はもう名古屋にはいないのだ。独居老人とかいわれる母親の住む実家に帰還する。とはいえ、故郷に帰るという感慨はまるでナイ。私には故郷などはナイということは、ずっとむかし『しんげき』(白水社)という演劇雑誌に書いた。
私は後悔というものだけはしたことはナイ。「ひとさへひとにとどまらぬ」ものであるということは「ひとしかひとにとどまらぬ」ことと同義だし、何事も一期一会、多生の縁。おそらく私がこの名古屋の四十余年で成したことは、私の初期設定だということをひとつの総括とした。
学んでオモシロソウなことはまだまだありそうだし、演劇においても、書くということ全般においても、まだやれることはありそうだ。銭の切れ目が命の切れ目ではあるけれど、死ぬまで生きるというのがヒトだから死ぬまで生きていればイイと思う。
SLOFT/Nをどうするのかは、未だに判断出来ないでいるが、avecビーズは、年に一回のペースで、私がchief producerとして、とりあえずはアト2~3公演は確保出来るようにはした。SLOFT/Nは10月に「星の女子さん」との合同公演が残っている。SLOFT/Nのことはそれが終わってから考える。
『恋愛的演劇論』は11月に上梓の予定だが、出来れば『続・』といきたいもんだ。ブログで展開中の『黄昏への帰還』もまだ続く。
余談のようになるが、7月の16日(火)には、劇団太陽族の岩崎氏と一緒にguitar live 、黄昏て宵闇、ふらり饗演、で、道楽してみる。インチキで、デタラメなギター歌謡を披露しようとい無謀な企てだ。
ともあれ、この自然の根本が、量子力学であるのなら、ひともまたそのように、そのごとく動いて生きて当然だ。つまり、「ええかげんやなあ」

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »