無料ブログはココログ

« 黒蜥蜴いや光と影 | トップページ | 中医学 »

2012年10月12日 (金)

シンメトリー

極東退屈道場の『タイムズ』(林慎一郎・作、演出・於アイホール)については、兄弟弟子の中村賢司が自身のブログでたいていのことは批評しつくしている。私は終演後、急いで翌日の盟友の命日墓参に間に合わすため、東京に発ったが、林には二、三述べておいた。「シンメトリーの舞台というのは扱いが難しいのだ」何故なら、シンメトリーは遠近法となり、それは消失点をおのずとつくってしまう。『タイムズ』の失敗の一つは、この舞台を持ったことによる。つまり、役者、せりふ、劇、は、この消失点に求心されて舞台から前に出てこられない。「もし、再演するならキュビスムにしたほうがイイ」と、アドバイスしたが、林自身、戯曲を書いている時点では、キュビスムを意識していたのが、演出途上において、シンメトリーの舞台に疎外されてどうしても演出がうまくいかず、苦悶したらしい。あの演目はキュビスムの舞台でやるべきだった。振り付けの原さんも、今回はダンスではなく、フォルムだったが、これも、キュビスムにすることによって息を吹き返すと思う。失敗は成功の母。離婚しないと新しい結婚は出来ない。私がバツ2で学んだのはそれだけ。如何に未練ある舞台でも(衣装も音楽も)、伐るべきはキレ。で、先に、どんどん先に進め、林慎一郎。

« 黒蜥蜴いや光と影 | トップページ | 中医学 »

演劇」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558792/55873489

この記事へのトラックバック一覧です: シンメトリー:

« 黒蜥蜴いや光と影 | トップページ | 中医学 »