無料ブログはココログ

« SLOFT/N稽古日誌・3 | トップページ | SLOFT/N稽古日誌・5 »

2012年6月 7日 (木)

SLOFT/N稽古日誌・4

たとえば、力士(相撲取り)が、その日は一日中四股を踏まされるとする。野球選手の投手が一日中ランニングをやらされるとする。剣道で上段からの一挙動の素振りをやらされるとする。彼らは何の「稽古」をしているのか。四股を踏む場合も、投手のランニングも、剣道の素振りも、足腰の鍛練、つまり「土台」をつくっている稽古だ。彼らはそれを知っている。
昨日、一通りの読み合わせが頭から最後まで終わったので、私は演出担当に「ところで、今日は何の稽古をしたんですか」と訊ねてみた。こういうアタリマエのことを訊くと、けっこう場がフリーズする。「役者のみなさんにも、同じ質問をしてもいいんです。みなさん、今日は何の稽古をしたんですか」。虚をつかれたというふうに沈黙が訪れる。こういうことを素通りしている「稽古」時間が意外に演劇現場では多いのだ。SLOFT/Nは演劇塾だから、こんなことも訊ねてみる。ふつう、私は、自分が劇団に演出する場合、そういうことはいわない。面倒だからだ。しかし、塾だから、そういうことも問題として挙げねばならない。「演出は、今日の稽古はこれこれをやってみます」ということを稽古の初めに述べねばならない。で、稽古の終わったアト、その成果について述べねばならない。で、なければ、稽古の意味がナイ。稽古は「反復」だ。では、何故「反復」するのだろう。こんなことは、もし、演劇を学ぼうとするのであれば、考えねばならないことだ。チェッたかが芝居に七面倒くさい、なら、それでもイイのだ。それでもイイが、客から銭をとって、何かをみせるということについて、ある程度は真摯にならねばならないし、稽古時間を毎日の自身の所有時間から削り取られて、なおかつ、guaranteeもナシに舞台に立つということがどういうことなのかも、同時に考えねばならない。
演出者はどうしても、演技指導をしようとする。それがもっとも簡単だからだ。しかし、演技指導というのは突き詰めれば、役者の演技に対する批評でしかナイ。その批評は限界(制限)がある。演出者自らが演じられる範囲に応じて、という限界(制限)だ。だから、演出者は、自分が出来ない(及ばない)ものに対しては演出(演技指導)が出来ない。とすると、その演目は、演出者の演技術の限界をみせるだけのものになる。
役者は役作りをしようとする。当初、役作りをする場合は(もし、するのなら)シチュエーションをその中に含めること、あるいはシチュエーションに自身を放り投げること。を注意したが、それには、みなさん不慣れなようで、せりふは、その役者の物理的な身体以上のものをもち得ない。それは日常の身体だ。演劇の身体は日常の身体とは違って、観念的(幻想領域)のものだ。つまり、身体は拡張されて演じられる劇のシチュエーションすべてをその身体としなければならない。
役者はせりふを語る。いまのところ、役者のみなさんの、せりふのベクトルが曖昧だ。たった一行のせりふにも、さまざまなベクトルが含まれる。助詞ひとつをとっても、「は」「が」「も」「に」の振幅の向きと力は、意味を違える。ここに戯曲文学の持つ特異な身体の美学というのがある。また、やっていることがつまらなければ、何の価値もナイ。にんげん、遊んでいるときがもっとも面白い。
演劇もまた「美学と遊び」だ。表現である以上、そうとしかいいようはナイ。

« SLOFT/N稽古日誌・3 | トップページ | SLOFT/N稽古日誌・5 »

演劇」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558792/54899021

この記事へのトラックバック一覧です: SLOFT/N稽古日誌・4:

« SLOFT/N稽古日誌・3 | トップページ | SLOFT/N稽古日誌・5 »