無料ブログはココログ

« 続・恋愛的演劇論(実践編)・2 | トップページ | 続・恋愛的演劇論(実践編)・3 »

2012年3月25日 (日)

『シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム』

ガイ・リッチー監督とミシェル&ラン・マローニー(脚本、この二人、夫婦なんだそうです)によって、二枚目半のナイスガイに変身を遂げたホームズ(ロバート・ダウニーjr)と、ただの年寄りから鋭敏なる片腕となったワトスン(ジュード・ロウ)の二作目だ。私はこの映画、買いです。たぶん、憤慨しているであろう、全世界のシャーロキアンを相手にしてでも、買い、ね。あのホームズ・シリーズをアクション映画にしただけでなく、その推理を映像(シャドウ ゲーム)でみせるという斬新なやり口は賞賛に値しますワ。ジャッキー・チェンの香港映画みたいだ、なんてことはどうでもよろしい。その影響を受けているというより、いいとこどりをしていることはワカリマス。ともかくも、アクションの観せかたがイイ。あるときはカット・バックして、如何にして現時点になったのかをみせる。あるときはその推理を、あるときはアクションのシミュレーションを、あるときは、まさにアクションそのものをスローモーションとストップモーションで。3Dなんかくそくらえです。で、これだけだと、ほんとにB級香港映画になるんですが、理路が通っているので、納得がいく。つまり、伏線(input)に対しての結果(output)がキチンと描けています。しかも、あのアイリーン(レイチェル・マクアダムス)を冒頭で死なせちゃう。代わりにヒロインとなるのが『ミレニアム(三部作)ドラゴンタトゥの女』のヒロイン、リスベットを演じたノミオ・ラパス。レイチェルも欲しいところなんだけど、ノミオでやっちゃう英断が凄まじい。おそらくシリーズ「3」では、アイリーンは復活するでしょう。でないと話になんない。この脚本家はそういう悪戯が好きですね。ホームズがモリアーティ教授の大学の教授室に訪れます。「サインが欲しくて」と差し出した本がモリアーティの著作『小惑星の力学』、こういう遊びは、ホームズには天文学の知識がまったくなかったという原作の設定を知らないと書けない。しかしながら、滝です。もう、結末はワカッテいる。そのプロットをどう描くのか。これを、整形手術を受けて顔を変えたノミオの兄、暗殺者をパーティー会場からワトスンとノミオがともに捜すのと、滝を背にチェスをやりながら、ホームズとモリアーティ教授がシャドウ ゲームを行使するのとを交叉させて描く、なんというスリリングな展開。かくして、その結末も、ちゃんと伏線に応えてのもの。私は、これはもう買いです。

« 続・恋愛的演劇論(実践編)・2 | トップページ | 続・恋愛的演劇論(実践編)・3 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558792/54304579

この記事へのトラックバック一覧です: 『シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム』:

« 続・恋愛的演劇論(実践編)・2 | トップページ | 続・恋愛的演劇論(実践編)・3 »