無料ブログはココログ

« 『ザ・シェルター』『寿歌』二本立て、他 | トップページ | 続・恋愛的演劇論・5 »

2012年3月15日 (木)

『CUT』を観て

偏執や妄執と愛とはチガウ、と思う。愛というものがどういうものかは、よく知らないが、それくらいのことはいえる。映画『CUT』(アミール・ナデリ、監督、西島秀俊主演)は暴力団の取り立て屋だった兄が自ら組に借金を残してチャイナ・マフィアに殺され、その返済を組に迫られる映画監督秀二が、そのカタをつけるために兄が殺された組のトイレで殴られ屋をして、銭をつくるという粗筋だが、秀二は街中でラウドスピーカーを手にして「映画は死んだ。もう一度あの芸術としての映画を」とアジテートし、溝口健二や小津安二郎、黒澤明の墓参り(墓に抱きつくなんてフェチでもある)をするような、常人から観れば「あっちのひと」だ。殴られながらも、一発ごとに映画のタイトル、製作年、監督名を口にしてそれに耐える、という寸法だ。と、こう書けば、この映画の企画がオモシロソウだということはワカル。しかし、如何せん映画には著作権、版権があって、いちいち映像の断片を流すワケにはいかない。最後の100発になって、次々と往年の名画のタイトル、監督名、製作年が字幕で出てくるのだが、ほんとうなら、ここに映像の断片を入れたかったことだろう。また、ウォルト・ディズニー製作関連のものは一切出ない。これはアタリマエで、たとえば、私は新作戯曲の資料のために『メリー・ポピンズ』の「チムチムチェリー」の歌詞をネットで捜したが、予想どおり、なかった。かつてあったものは削除されたそうで、たいていそういうことをすると、損害賠償問題になる。こういうことが、過去の名作を観ることの出来る機会を持てない要因にもなっているはずだ。最近では、愛知県の文化振興事業団が『ゴドーを待ちながら』を二人の新人演出家にそれぞれ1時間の作品にして上演する企画を進めたが、ドタキャンになった。上演権を持っている外国のゴドー関連のほうから、1時間にcutして上演することは不可とキツイ(まあ、アタリマエですが)返答があったからだ(つまり、ゴドーは来なかったんですナ)。こういう、常識でも見当がつくことを平気でやってしまう、事業団の無知もいまさらだが、まあ、それはイイや。閑話休題。『CUT』は、ホンの理路がナイ。理路整然どころか、場当たり的で、そもそも、最もタイセツな主人公と兄の関係が描かれていない。たった一枚のツーショット写真だけでは無理だろう。兄-秀二-映画、この関係がまったく書けていない。よくもまあ、こんなホンで映画を撮ったなと呆れるくらいた。秀二は「いまの映画はクズだ。映画は芸術だ」と叫ぶが、そういう場合、目には目を、映画には映画でもって応じなければ話にならない。この映画は芸術なのだろうか。私はクズとしてしか観ることが出来なかった。殴られ屋で、あれだけ殴られたら命に関わるのだが(あるいは、鼓膜が破れたり、眼がつぶれたりして、映画なんか撮れなくなると思うのだが)、まあ、それはフィクションとしてギリギリ許容するとして、殴られ屋として、トイレに立っても、どうしてあれだけ毎日、彼を殴りに来る「お客」がいるのだろうか。「お客」が暴力団だからか。それなら大間違いだ。暴力団は、銭にならない暴力など行使しない。暴力が商売なんだから。これはフィクションとしても、単なる嘘にしか過ぎない。再度いっておく、こんな映画こそクズだ。

« 『ザ・シェルター』『寿歌』二本立て、他 | トップページ | 続・恋愛的演劇論・5 »

演劇」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558792/54226342

この記事へのトラックバック一覧です: 『CUT』を観て:

« 『ザ・シェルター』『寿歌』二本立て、他 | トップページ | 続・恋愛的演劇論・5 »