無料ブログはココログ

« SLOFT通信・36 | トップページ | SLOFT通信・37 »

2011年9月23日 (金)

バカヤロウ

いわゆるディレクター チェアーなどナイから、あっても座っているより動いているほうが多いのだろうが、時折、黙って座って稽古を観るときは、いつも中日、落合監督の気分にココロ重ねてしまう。勝手な思い込みだけなのだが、じっと動かず試合の情況を分析している眼鏡の奥に、如何にこの試合に勝つかという演算の静かな音を聞く。最近の中日の試合は観たことはナイが(テレビを観ないので)、相も変わらずだったろう。毎朝、ネットで昨日の結果を観る。僅か1点差勝利が多いということに大袈裟にいえば感無量な心境になる。ともかく相手より1点多くとれば勝ち。1点少なければ負けの世界だ。大量得点など(試合はオモシロクなるだろうが)私にはどうでもイイ。
かつて巨人の江川投手が、味方に3点差があれば、相手には2点とらせてもイイというピッチングをすると発言して、多くのファンに傲慢不遜と嫌われたことがあったが、私はこのピッチャーが、そのときから好きになった。
で、落合監督は来期は退任してやんないそうで、理由は、客が入らないからだそうだ。つまり、ゲームとしてオモシロクないというファンが多いんだそうだ。愛想がないのがイカンのだそうだ。憮然がアカンのだそうだ。
ま、いいや、私ゃそれでも稽古を観るときは、落合ふうに(「オレ流」とはいわないが)私流で観る。そこに在るときだけは、あらゆる面倒なことは排除する。私と演技者との恋愛があるだけだ。 チェッ、バカヤロウ。その炭素が石炭なのか金剛石(ダイアモンド)なのか、どこでどういう判断をしたのか知らないが、くだらねえことに拘泥して、落合ひとり守れないなんて。

« SLOFT通信・36 | トップページ | SLOFT通信・37 »

北村想のポピュリズム」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558792/52806308

この記事へのトラックバック一覧です: バカヤロウ:

« SLOFT通信・36 | トップページ | SLOFT通信・37 »