無料ブログはココログ

« SLOFT通信・女3への手紙・序 | トップページ | SLOFT通信・女3への手紙・2 »

2011年9月27日 (火)

SLOFT通信・女3への手紙・1

加東サユミ さま

『演技者の存在と演技の存在』
タイトルは難しいですが、その意味としての読み方は「演技者はどんなふうにアルのか、その演技者の成すところの演技というのは、どんなふうにアルのか」ということです。
出来るだけ詳細に順を追っていきます。
・演技者というのは舞台で何らかの役に就いて、演技をする者です。ですから「役者」というふうにいいます。私はあまり「役」を重視しないので、ふつう演技者と呼んでいますが、同じものです。私が「役」を重視しないのは、理由があります。そこから入っても辿り着くところは同じだと思われるので、そこから入りましょう。
・役者は役作りというものを「してしまいます」。
・何故なら、戯曲いろいろな「役」が書かれてあって、演技者はそのどれかの「役」を演ずることになるからです。
・このとき、戯曲というものは未だ「書かれた劇」です。
・この「書かれた劇」が演技者の手に渡るや否や、「演じられる劇」へと移行します。
・その後は、事情と都合で、戯曲には手を入れられ、書き込みや削除が行われます。これを戯曲の「台本化」といいます。
・この事情と都合の中には、演技者も含まれます。戯曲(「書かれた劇」)においては、「役」というものは「○○ガアル」という「在り方」で書かれています。(よく、昔話などで、~あるところに、お爺さんとお婆さんガアリマシタ~というのと同じです。これを~あるところにお爺さんとお婆さんデアリマシタ~とするとずいぶんと奇妙なことになります)
・演技者は「役」を手にして役者となるのですが、このときは、演じられる劇に移行するために、「○○デアル」という「在り方」になります。『夕月』で例示すると、加東サユミ「ガアル」から女3「デアル」に移るのです。
・このとき、演技者は「役」というものをイメージします。これは生理的、自然的なもので仕方ない営為です。加東サユミは、女3をイメージします。これが、加東サユミの脳の中で行われる戯曲の「台本化」です。ここにおいて加東サユミにとって、戯曲は書かれた劇ではなく「演じられる劇」へと移行しています。
・次に、加東サユミは、脳の中の「役」のイメージと、現実(素材)として存在する(加東サユミ「ガアル」加東サユミ)と、イメージである(女3「デアル」加東サユミ)を対応させていきます。このときに、[素材は表現に優先する]という命題に突き当たります。そこで、加東サユミの脳裏では、「ガアル」ものをどの程度まで「デアル」ものに変貌させることが出来るのか、自身の「演技」の力(「演技力」ではナイのでこう書いておきます)を計りながら、あるいは演出者の力量や相手役の力量を計りながら、想定し、「役」をイメージから実態へ移行すべき準備をします。
・しかし、ここが身体論の難しいところでもあるのですが、脳髄もまた身体の一作動にしか過ぎません。たとえば、走り高跳びの選手は、バーの高さをみて「飛べる」「飛べる可能性はある」「飛べるかも知れない」とは思いますが、「絶対に飛べない」高さには挑戦しません。(それは脳が現前のバーを観て判断します)同様に、演じられる劇においての「役」が「演技出来る」可能性を持っているから、それをイメージするのですが、演劇の場合、困ったことに、現前に現実のバーなどは、ナイのです。

« SLOFT通信・女3への手紙・序 | トップページ | SLOFT通信・女3への手紙・2 »

演劇」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558792/52842993

この記事へのトラックバック一覧です: SLOFT通信・女3への手紙・1:

« SLOFT通信・女3への手紙・序 | トップページ | SLOFT通信・女3への手紙・2 »