無料ブログはココログ

« ゆっくり考えるのが正しいとは限らない | トップページ | その春はいまだ遠く »

2011年4月12日 (火)

今朝(4・12)の中日(東京)新聞から

「九つの人九つの場を占めてベースボールの始まらんとす」(正岡子規)の短歌で、一面の『中日春秋』は締めくくられている。東北大震災の復興で、いま各々に出来ることは、各々のポジションでのまっとうな仕事だという主張だ。 ベースボールを「野球」という日本語に訳したのは、たしか子規だ。この短歌は、私たち演劇屋には、ヒジョーによくワカル。ただ、日本の小劇場演劇は、仕込みやバラシの段階で、演出家や役者がともに仕事をする。アタリマエのことのように私たちは思っているが、そういうことは、日本だけらしい。これは、野球に例えれば、攻める場合は一丸となって、ということになる。さて、子規の歌の九つに入っていないものがあるとすれば、政府、行政だろう。ここでも、行政はその不手際で、復興の邪魔にしかなっていない。だいたい指示が大雑把に過ぎる。そこまでアホとは思わなかったが、管総理は、三陸沿岸の被災地に「エコタウン」なるグランド・ビジョンを表明した。ほんま、アホちゃうか。そうじゃないだろ。いまは、仮設住宅だろ。このひと、気が狂ってんじゃナイのか。現状では、仮設住宅の着工が遅れ(それを瓦礫撤去のせいにしているが)軒数が目標に達するのに1年かかる。つまり、避難所被災者は、1年、避難所生活を強いられることになる。エコタウンなどというお気楽な話は、キリスト教信者の方々に反感を持たれるのを覚悟でいえば、死んだら天国に行けるから、現実は我慢しなさい、と同じじゃナイか。ともかくも、政府、行政は復興の邪魔をしないこと、復興を利用しないこと、釘、刺すぞ。
くだらねえから、読み飛ばしているのだが、『現代日本誤百科・ひもとく』(町田健)の本日の「圧巻の一言」については一言いっておく。「一言は簡単な言葉という意味だが」は明らかに間違った解釈だ。ここは「一言」が「簡単」だけではなく「簡潔」な、という意味合いも持っていることを、いや、逆に、そういう意味合いで用いられていることのほうが多いということを、いわねばならない。また、「一言」というのは、たいてい「一言ではすまない」ことのほうが多いということも、日常的事実だ。さらに、たとえば「諸行無常」や「会者定離」はひとことだが、これを「簡単な言葉」というのかどうか、この学者がいう「簡単」という一言は何なのか、さらにいうなら、こういう重箱の隅を突つくようなコトバに対する対峙の仕方を、この学者は原稿料を懐に入れながら、どんな目的で続けているのか、一言でいってもらいたいもんだ。

« ゆっくり考えるのが正しいとは限らない | トップページ | その春はいまだ遠く »

北村想のポピュリズム」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558792/51368464

この記事へのトラックバック一覧です: 今朝(4・12)の中日(東京)新聞から:

« ゆっくり考えるのが正しいとは限らない | トップページ | その春はいまだ遠く »