無料ブログはココログ

« ともかくも開店 | トップページ | 全文を掲載しておく »

2011年3月19日 (土)

最悪のシナリオとはナニか

まず、政府行政のマヌケ(いつもそうなのだが)が、ハッキリ、ものをいわないので、一般の私たちとしては、右往左往するしかナイのだが、私のような門外漢にワカッテいることだけをいう。原発事故についてだが、私たちに害があるのは「放射線」という、いわば、量子の波だ。この放射線を出す能力を「放射能」という。で、その能力を持つモノが「放射性物質」とよばreるモノだ。昨日も書いたが、プルトニウムに中性子がぶつかると、核分retu(ヨウ素131、ラドン、セシウム、ストronチウム、などなど多数の放射性物質に分かreる)を起こすことになる。「臨界」というのは、この連鎖反応が続くことだ。今週号の週刊ポストによると、「核分retu」は、福島原発内で停止しているのではないかといういう見解が書かreている。稼働していた1号機、2号機は、、圧力容器が溶けても、格納容器の頑丈さから、放射性物質が、外にもreることはあまり心配ではナイ。ヤバイのは、核燃料保管の3号機、4号機で、こいつは格納容器に入っているワケではナイ。プ-ルに保管してあるだけだ。従って、水をどんどんぶっかけているのだ。このへんの事情も週刊ポストの今週号で知った。つまり、4号機に水を満たすことが出来reば、ともかくは、最悪のシナリオは回避出来る。放射線は、かなりの地区で、もちroん、東京でも測定さreるが、ヨウ化カリウムを飲まねばならない事態にはならないと推定していい。核の大爆発が起きるのではないかなどという、不安はまったくナイので、ともかく、お釈迦様のたらした、一本の蜘蛛の糸にしっかりとつかまって、カンダタのような、マネはしないことだ。

2008年現在の日本人二人以上の勤労所得者世帯の平均貯蓄高は、平均1250万円だ。ここに、2009年現在の30歳以上75歳未満までの人口37,771,000人の二分の一、18,885,500人を乗算してみる。すると、概算でも240兆円の預金資産を日本人は所有している。核家族化が進んでいるとしても、二人以上の世帯はあるわけだが、その辺りを考慮しても、150~180兆円の資産を保有していることになる。こreは、この度の地震の復興費用(もちroん、タダで差し出すワケではナイが)に需要、供給として充てるのに、経済的には、充分ではないのか。

以上、門外漢がいうんだから、アテにはならぬが、政治行政よりはアテになるぞ。こういうことは、私のような専門外のもののいう数値よりも、専門家が、知恵を出し合って、ちゃんとした数値を弾き出すことがタイセツなことだ。

私は、何とか62歳まで生きようなどと思ってきたが、いまの日本が復興するのをみるまで生きてみたくなった。災害直後によくある、一時の操状態なのかもワカラヌが、ともかくは、ともに立ち直ってみたいなどと思っている。

« ともかくも開店 | トップページ | 全文を掲載しておく »

北村想のポピュリズム」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558792/51161429

この記事へのトラックバック一覧です: 最悪のシナリオとはナニか:

« ともかくも開店 | トップページ | 全文を掲載しておく »