無料ブログはココログ

« ヘタルタヘル | トップページ | キシキシと軋む »

2010年11月26日 (金)

騙しヒマだし

ゆんべも9時間起きずに寝て、昼寝もして、これも計ったように3時前に起きる。ともかく、脳は休んでいるようだ。(ふつうは、脳の疲れをとるには、一日2時間でもイイらしい。身体の疲れをとるのが4時間かかるらしく、従って、順次に疲れがとれていくということを考えると6時間寝ていれば大丈夫らしい)。とはいえ、ひとの3倍、精神力で生きてる感じなので、それくらい疲労が蓄積すると、眠るのだろう。今夜は粕汁にしてみた。母親はおでんにするつもりだったようで、おでんも煮てしまったが、粕汁も、食材を買い求めておいたので、作ってしまってあった。ほんとうは、酒粕に少量の味噌を入れるのが文字通りミソなのだが、出来上がっていたので、そういうふうに教えておいた。母親は、食って「なるほど、これに味噌が入ってたら、味が出るなあ」と納得していた。味噌は、味噌汁以外にも、適量を隠し味に使えるのだ。おかずを粕汁にしたワケは、むかし、小学生の頃、まだ母親は教員で、晩飯が一汁一菜ならぬ、粕汁だけという日もあった。私は、それがなんとも貧しく感じられて、「今日は汁だけで飯が食えた」と皮肉をいって、ひどく叱られたことがあった。「立派なおかずやないか」と、母親にしてみれば、仕事を終えて帰ってから作れる具の多い粕汁は汁ではなく、おかずだったのである。しかし、私はそれを不服とした。服従しなかった。これは私の反面教師になっている。如何に仕事がタイヘンでも、食べるものに文句をいわれるなら、家族なんぞ、簡単に崩壊すると、いまでも思っている。今夜はその腹いせ、意趣返しをやってみたのだが、母親はもちろん、そんなことは記憶になく、「粕汁だけをおかずに食べるのか」と逆に驚いたふうに問うた。「そうだ」とアタリマエのように返事をした。あんたがむかし、したことをしているのだと、私は面従腹背、家族愛なんぞには何の縁もゆかりもナイ人間だと自覚しながら。「食を征する者は家を征す」というコトバがある。また、ある時、私は仕事仲間の既婚の女性から「お祖母さんがいうの、食べさせるものに手を抜かなければ旦那は必ず帰って来るって」というコトバを聞いたことがある。含蓄のある文言である。

« ヘタルタヘル | トップページ | キシキシと軋む »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558792/50138448

この記事へのトラックバック一覧です: 騙しヒマだし:

« ヘタルタヘル | トップページ | キシキシと軋む »