無料ブログはココログ

« 『どちらかが彼女を殺した』を読む | トップページ | 賽は投げられた »

2010年10月15日 (金)

ただの自転車屋

こんど生まれてくることが出来たなら、自転車屋になろ。いろいろな器具を使って、一日中、自転車を組み立てたり、修理したり。ときどき、ひとりごといって。独身で。青いツナギ着て。鬱病なんかとは縁のない仕事。それが出来ない今世なので、そんな芝居を書いてみようかと思う。ただ、自転車が組み立てられていくだけの芝居。ときどき、ぼそぼそ、ぽつりとせりふが入るだけ。自転車が組立上がったら、おしまい。タイトルは『ただの自転車屋』・・・柄本さん、やんないかな。

« 『どちらかが彼女を殺した』を読む | トップページ | 賽は投げられた »

演劇」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558792/49747820

この記事へのトラックバック一覧です: ただの自転車屋:

« 『どちらかが彼女を殺した』を読む | トップページ | 賽は投げられた »