無料ブログはココログ

« 今夜の鍋 | トップページ | たら鍋中止のいきさつ »

2010年10月29日 (金)

今日の鍋

今夜は豚と白菜、もやし。出汁は、うどんスープの素。ストレート・スープに人気があるらしく、えらく種類も増えて出回っているが、3~4人前というのは多すぎるので、うどんスープの素を使う。仰々しくナントカ出汁とかいろいろ書いてあるストレート・スープと差などナイのだ。うどんスープの素なら、8袋入りで2袋を使えば充分だ。母親はその鍋に今夜もご満悦。「作ってもろて食べるのが、またええわ」とはいうが、冬の料理は簡単だ。週5日は鍋でいける。アトは母親の漬けたひの菜漬け。これは関西特有のもので、やや辛味があって、ご飯にまぶすと美味しい。もちろん、茶漬けにもあう。私が小中学生の頃、朝飯といえば、両親はこのひの菜で茶漬けをかきこんで、出勤した。もちろん、私のために朝飯など用意されたことはナイ。あの頃の私の夢は、一度でいいから、朝の味噌汁というので飯を食うことだった。私は朝も昼も、適当に台所にあるものを調理して、食っていただけだ。昼にゆんべの汁が残っていたりすると大助かりで、雑炊にして食った。何もナイときが多かったので、そういうときは、飯にバターをまぜて醤油を垂らし、バターがナイときは、醤油だけで飯を食った。あの頃は、どこも貧しかったから、特別に自分だけが貧しいものを食っている感じはしなかった。残り飯があるだけでも助かった気になった。インスタントラーメンが登場すると、これほどありがたい食品はなかった。・・・今日も咳が止まらず、咳止めを二度も服用した。咳とともに不整脈が出るのが病態なのだが、これは気持ちのいいものではナイ。半ば鬱病気味なのだが、バレないようにしながら、テレビでやってた女子バレーの解説なんかを母親にしてみた。母親は私が中学生の頃、バレー部にいたことをすっかり忘却していた。さて、今夜もキツイ夜になる。そういえば、ゆんべはいっぱい夢をみた。劇団『青い鳥』の芹川さんが、幸福そうに笑っていた。みると客席にほとんど客はいない。また、若い頃の両親が揃って出てきた。これは初めてだ。アトは、本番の途中で声が出なくなるなんてのも、あった。他にもたくさんたくさんあったが、もう記憶にナイ。急に寒くなったので、血圧の変動が激しく、こいつもキツイ。今夜も吐き気を抑えるために、ウイスキーを一杯やっか。

« 今夜の鍋 | トップページ | たら鍋中止のいきさつ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558792/49880198

この記事へのトラックバック一覧です: 今日の鍋:

« 今夜の鍋 | トップページ | たら鍋中止のいきさつ »