無料ブログはココログ

« だからどうだというんだ | トップページ | 無意識の劇場 »

2010年9月24日 (金)

アタリマエです

エンタメニュースには見出しだけでもざっと目を通すが、今日開いたのは、NHK大河ヒロインの上野樹里の奇行(つまり、ワガママ)のお話。監督には意見をする(演出になのか、脚本になのかは知らん)共演者の演技にもダメ出しする、で、絶対に妥協しない。と、同時に大物女優(なんだかいっぱい出てるのね。NHKの出演料はNHKの規定、つまりお手盛りだから)。とはタメ口をきく。読み合わせで途中、いなくなる。て、ことで女織田裕二といわれている、とのこと。同世代の女優では実力№1といわれている、らしいけど、ほんとかよ。オレは、綾瀬はるかのほうが出来ると思うけど。いや、けして樹里さんがキライなのではナイ。いい芝居します。これが箸にも棒にもかからない大根の、名前だけのham女優であるなら、言語道断だろうけど、樹里さんの脳裏にあるのは、宮崎あおいでしょう。あったりまえじゃん。彼女の大河より視聴率落として、負けるワケにはいかないからな。監督に意見するというのもアタリマエで、NHKの監督(ようするにdirector)の力量なんて、いいとこ猿真似でしょう。どうせ漫画読んでしか勉強してナイ手合いなんだから。いま民放が、いよいよ経済的に苦しくなってきて、つくる番組は何の工夫もなく、それならもう通販番組なんてことやってるのに、NHKは竹の子会社ばかりつくって(おい、この公共放送こそ、天下りの最たるもんだぜ)銭があるから、どこのトンマの子息だか知らないのも、礼儀知らずも、世間知らずも、想像を絶するほど混じっているのだ。おまけに、契約で雇っているスタッフ(たとえば美術会社)には、差別の激しいこと。クロンシュタントの叛乱でも起きるんじゃねえかと思えるほど。オレは、その現場でソフトでもハードでも働いたことがあるから、身をもって知ってんの。・・・さて、織田裕二にされてしまうのはひでえ話だが、そんな中で、1年間の大河の主役を張っていかねばならないとなると、文字通り「張って」いかねばならないのはいうまでもナイ。命を張る、気を張る、演技を張る、これアタリマエです。大竹しのぶは、樹里さんの「奇行」とやらを、面白がっているのだそうだけど、さすがに、天才は天才を知るだねえ。馬鹿なのは、こういう女優の「奇行(わがまま)」だけを真似したがるham actressだけ。オレは、樹里さん、応援するぜ。たぶん、ドラマは観ないけど。

« だからどうだというんだ | トップページ | 無意識の劇場 »

北村想のポピュリズム」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558792/49547364

この記事へのトラックバック一覧です: アタリマエです:

« だからどうだというんだ | トップページ | 無意識の劇場 »