無料ブログはココログ

« おコトバではありますが・10 | トップページ | おコトバではありますが・12 »

2010年7月 5日 (月)

おコトバではりますが・11

話を急いでもしょうがナイので、ちょうど中間点あたりのここいらで、ちょっとマトメておくと、もともとの思いつき(inspiration or motif)は、構造主義やポスト構造主義と称される、それら自体、ポスト・マルクス主義、ポスト実存主義が、言語の構造、体系を重視していること、影響されていること、そうして、それらの大元は、ソシュール言語学であること、で、しかし、ソシュール言語学をハンカチョーに誤読していくと、ウィトゲンシュタイン哲学よりははるかにマシな気配なのだが、かつ、それが「話しコトバ」に重点を置いていること、ではあるが、「劇言語」の入り込む余地がナイ(というか、私たちの要する劇言語とは、コトバに対しての考え方がチガウ)という異和感をもたざるを得なかったということ、という情況があり、それ(ソシュール言語学)に対して、「劇言語」からのいいぶんというものを提示してみたかった、のだが、ソシュール言語学を形而上学としてイチャモンつけている、デリダの思想にも納得がイカナイ、し、脱構築というソシュール言語学に対する批判的措定はオモシロイのだが、そういうことでなく、あからさまにいってしまえば、「劇言語」は、形而上学でいいんじゃないのか」という思いが強く、また、ソシュール言語学は、ヘーゲル弁証法からも反論出来そうであるし(デリダは、ヘーゲルも形而上学として退けている)、とはいえ、最初に、思い出したのが、構造主義というのは、数学から入ったほうがワカリヤスイのではないかという、経験で、では、その、『群論』という考え方を用いて、なんとなくやれるんじゃないかと、妄想(imagination)したのだ。で、ここまで、やっと辿り着いたと。・・・で、つづきだが、A4サイズの紙に任意の点aを置いて回転させるということは、その角度(すなわち距離)、に時間が加わることになり、距離と時間なら速度が出てくるはずだから、これは「力学」としても扱えるし、また、回転させるということと、群が(操作の集合として)関数を扱えるのならば、円関数(三角関数)としても考えていけるのではないか、さらに、点aは「座標」を持つことになるので、直行する数直線を実数と虚数にすれば、複素平面が扱えるのではないか、とすると、複素平面をひとつの形而上のものとして考えられるのではないか、というのが、おおまかな、だいたいの目論見であった。いまのところ、この目論見は、大きく逸脱はしていないはずだ。A4サイズの紙をラングと仮に設定して、含まれる要素としてのコトバを数詞とすると、差異は簡単につけられる。(なぜなら、1<2<3<4<5<6・・<・・nという順序の構造をつければいいからだ)。つまり、ラングというのが、[規約・法規・体系・動かしがたい先見性]ではなく、単に共通規範としての存在であることを示せば、半ば、いいことなのだ。おそらくソシュールは、「ある自然的な構造(言語)」があって、それらが「無構造の集合(パロール)」だったものが、「人為的な構造(ラング)」となり、そこから、ラングが転換して「体系」として君臨したために、主客が逆転して、まず「人為的な体系」が置かれることになり、すべての言語営為は、この体系の中に収束されるか、逆に、この体系からの写像としての存在となる宿命を持つ。てなふうに考えたのだ。その具体例として、「イヌ」はけして「イナ」とはいえない。なぜイヌなのかはまったく恣意的なことなのだが、それが実体であれ、聴覚像であれ、そういう決定性が存在する、ということなのだ。私たちは「劇言語」の立場から、この決定性を、数学の概念を援用しつつ、こえていこうとしている。

« おコトバではありますが・10 | トップページ | おコトバではありますが・12 »

哲学」カテゴリの記事

数学」カテゴリの記事

表現とコトバ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558792/48802270

この記事へのトラックバック一覧です: おコトバではりますが・11:

« おコトバではありますが・10 | トップページ | おコトバではありますが・12 »