無料ブログはココログ

« new! 新着情報:南の島に星がふる (2010.0711終了) | トップページ | 映画感想『ディアドクター』 »

2010年6月 8日 (火)

交通安全とパチンコ

昨日は免許更新。更新センターが滋賀県の場合、最寄りの駅から遠い、田んぼの真ん中にある辺鄙なところで、バスも一日10本ほどしか走っていない。かつ、更新受け付けは、午前に1時間と午後に1時間しかやんない。しょうがないので、タクシーを利用。これで片道2700円。余談だが、このタクシーの運転手さんが、この地方の交通道徳と、警察対応のお粗末をボロクソに熱弁。で、一番乗りだったが、さて、どうしていいのか、誰もいないんで、待つしかナイ。そのうち、待つひとが増えてくるんだけど、長椅子が一つしかナイので、皆さん、立ってるしかナイ。受付窓口は10ばかりあるのだが、そのうち3ヶ所は「交通安全協会」のもの。これは、交通課の退職警察官の再就職先だが、免許更新者において、そこに入会金を支払うかどうかは任意(とはいっても、平然と徴収している県もあるらしい)なので、私は支払わない。この協会がやってることは、パチンコ業界の警察利権に比べればカワイイもの。あのね、パチスロ(私はここ10年やってナイけど)ね、あれ、一機種の検査(もちろん、警察官の再就職先のとある協会がやる)費用が181万円ですよ。この収入は、年間にして20億円以上。で、この協会とパチンコ機製造メーカーがグルという仕組み。これは、資料が古いので現在どうなっているのかはワカラナイ。よって(らしい・ようだ)としかいえねえんですがね。まあ、それでも、要するにパチンコ業界というのは、警察官僚の垂涎の天下り先ですよ。・・・ずっと名古屋で更新してきたので、ちょっと驚きの免許更新でしたが、やはり、土地のひともイライラはしているようで、受付が1時からだから、窓口の閉じられたカーテンの向こうから、昼飯を終わった係の女性の方々が世間話に興じてキャッキャッと笑う声が聞こえてくるのが、それを助長する。イイカゲン、ひとりの爺様が、閉じられた窓を叩いて、「何がどうなっていて、どうすればいいんだ」と、詰問しましたねえ。1時に受付窓口に行けばいいのか、並べばいいのか、申請用紙も置いていないし、まったく、ここの作業の流れがワカランのです。そのうち、安全協会の方が出てきて、流れを説明。説明ったって、幾つかの行程、手順を一回述べられるだけ。よほど注意して聞いていないと、ワケわかんなくナル。公務員というのは、私たちの税金の48%で暮らしているんだから、数千円のここの手数料(証紙代金)てのは、税金の二重払いになるんじゃねえのかな、などと、思いつつ、帰りもタクシーで(だって、次にバスが来るのは1時間半後ですから)ってことになりまして、次は5年後か(ゴールドですから)生きてねえかも知んねえナ、と、帰宅。ヤな一日。

« new! 新着情報:南の島に星がふる (2010.0711終了) | トップページ | 映画感想『ディアドクター』 »

北村想のポピュリズム」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558792/48574184

この記事へのトラックバック一覧です: 交通安全とパチンコ:

« new! 新着情報:南の島に星がふる (2010.0711終了) | トップページ | 映画感想『ディアドクター』 »