無料ブログはココログ

« 土俵には金が埋まっている | トップページ | おコトバではありますが・1 »

2010年6月21日 (月)

あれか、これか

テレビのニュース(バラエティ)で繰り返し報道(放送)される力士の野球賭博における名古屋場所を開催するかどうかという、不毛の議論(座談、談義)を観ていて、他人事(私は相撲なんぞに興味はナイ)ながら腹が立ってきた。そんなもの、簡単なことじゃないか。賭博をやったことがナイ力士だけで、名古屋場所を開催すればすむことじゃナイか。それを、緊急理事会とかで、やってるらしい。どうい結論が出るかどうか知らないが、「このたびの一連の不祥事につきましては、協会、理事、現役力士ともども深く反省し、二度とこのようなことのナイように角界の清廉化に努めるとともに、日本国技の大相撲ファンのみなさまに対しては、さらに深くお詫びをして、いま一度、温情なるお心にすがる思いで、名古屋場所の開催をお許し願いたいと・・・・」てなことになるんだろうけど、そうしないと銭になんないからね。銭なんですよ。賭博が問題じゃナイの。銭にまみれた相撲協会の体質が問題なの。何が心・技・体だ、どこが国技だ(誰が決めたのか知らないけど、どこを捜しても、そんな法規はナイな)。アホラシイ。

« 土俵には金が埋まっている | トップページ | おコトバではありますが・1 »

北村想のポピュリズム」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558792/48685537

この記事へのトラックバック一覧です: あれか、これか:

« 土俵には金が埋まっている | トップページ | おコトバではありますが・1 »