無料ブログはココログ

« 東京日記・ふたり芝居・1 | トップページ | 塾、初日 »

2010年5月31日 (月)

政治的茶番

福島大臣罷免、社民連立離脱。こういうのを茶番というのだ。で、お決まりのように、総理辞めろ、となる。総理が変わったって、どうなるもんでもナイことは、私たち大衆も承知のことだ。たとえば、福島社民党首が総理だったら、日米同盟関係、つまり安保の問題を、どういうふうに解決したのか、このオバハンは、マスコミにたびたび「生出演」されているが、ただの一言も発言されていない。おっしゃっているのは、沖縄県民の「民意」ばかりで、そりゃあ、いくら何でも、国民(選挙民)シンパシーに訴えてのエエカッコだけじゃないか。連立政権でいきましょうと誓ったからには、総理の責任は、与党社民党、閣僚の福島大臣の責任でもあるのは、アタリマエのことだ。ガキの友達づきあいでもあるまいに、罷免されてでも、与党に留まって、おのれたちの信念のもとに、粘り強く闘っていけないのか。民主党も利口とはいえないが、社民党もアホだな。『傷だらけの人生』(鶴田浩二)の歌だぜ。「η馬鹿と阿呆のからみあい」、で、漁夫の利が自民党というワケだ。ああ~あ、いやな茶番をみせつけられたな。せめて『三国志』あたりを読んでもらいたいよ。私は、中学生だったが、冒頭の「桃園の誓い」に涙したぜ。「呉越同舟」に陥る前に、何故「臥薪嘗胆」「捲土重来」と道を開けないのか。要するに、沖縄基地のことは、国民と同程度、他人事でしかナイような、一幕でした。

« 東京日記・ふたり芝居・1 | トップページ | 塾、初日 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558792/48503272

この記事へのトラックバック一覧です: 政治的茶番:

« 東京日記・ふたり芝居・1 | トップページ | 塾、初日 »