無料ブログはココログ

« 劇、その身体・08 | トップページ | 黄昏の予兆 »

2010年2月 2日 (火)

とおりこして、夏

あのハンバーグ屋にはいやなひとだけ連れていく

これをみて夏まで生きようと思うのかと思えるポスター

幻聴なのか鉄琴の音を聞いて目覚める朝

目薬を何度さしたのか忘れてしまうほど仕事した

ふと観た時計が444のぞろめで妙にうれしい

春など来なくていい とおりこして、夏

線香をつける 故人ほど多く語る者はナシ聞くのは私だけ

気分転換につくる自由律はほんとに自由

ストレス解消に精神科医に勧められた飲酒を断る妙な診察

孤独というのを味わったことなどないひとりの私

« 劇、その身体・08 | トップページ | 黄昏の予兆 »

うた」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558792/48350720

この記事へのトラックバック一覧です: とおりこして、夏:

« 劇、その身体・08 | トップページ | 黄昏の予兆 »