無料ブログはココログ

« 刹那の殺人 | トップページ | パンドラの愛しみ »

2010年2月11日 (木)

書き下ろし、の作品について

昨日、大西・寺十指導の横浜んたらかんちゃら(いつまでたっても正式名称がおぼえられない)の有志公演、書き下ろしを脱稿。『悪夢くん』というタイトルだけもらって、参加人数その他の条件を待機していたのだけど、書きたくなったので、書き始めたらもうビョーキだからな。ともかく、plotがどんどん浮かんできてメモでは間に合わず、大西に電話して今回は、書いたもので、そっちでなんとかしてくれと、頼み込み(というか、恫喝し)、で、アト少しで書けるんだけど、要するに『悪夢くん』というのは、どんな作品にすれば良かったんだ、てなことを訊いて、いまさらどうなるものでもナイのだが、書き上げてから、悪夢くんの役は女性がやるのかと訊いてみると、そうだというので、そりゃあ良かった、けど、悪夢くんというのは登場しないんだ、ってナニが良かったんだか。しかし、書き上げてみると、出てないこともないし、ああ、あの女優なら演れるから、いいやと、無責任。『ウディ・アレンの影と霧』(1992)をモチーフにしたせいか、筆致が軽い。大西が大ファンのデイヴィット・リンチふうの、「なんで?」という、いわゆるoutputが殆どナイともいえる。つまり、世界がせせこましくないのだ。起承転結をつけないと「不条理演劇」といわれるみたいだけど、生きてて(生活してて)まともに起承転結なんてついたことなんてアルのかよ。無理につけようとすると、ヒロシマ・ナガサキみたいに大量殺戮の爆弾でも落とさないとしょうがナイ。キリスト(ユダヤ)教の創造主にしても、力業で、ノアの洪水やら、ソドムやら、バベルじゃないか。私たちにんげんは、もっと穏やかにいこうよ。起承転結ではなく、帰結転生てのはどうだ。山田風太郎先生みたいでいいね。というワケで、作品はウソをつかないな。と気づいたのであった。(いまごろ、ネ)

« 刹那の殺人 | トップページ | パンドラの愛しみ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558792/48350612

この記事へのトラックバック一覧です: 書き下ろし、の作品について:

« 刹那の殺人 | トップページ | パンドラの愛しみ »