無料ブログはココログ

« 巷の売文業からひとこと・補 | トップページ | 報告 »

2009年9月18日 (金)

映画情報『カイジ』

最近の映画プロデューサーは、マンガしか読んでナイから(まるで前首相だな)映画がツマンナイのだと、元劇団員の映画愛好家がいっていたが、この映画を観ると、彼の弁もよくワカル。こういうモノは大人の観るモノでもなく、また大人の創るモノでもナイということがよくワカルのだ。よく突っ込みどころがあるとかどうとか、映画ファンがいうのは、まあそれでもゆるせるからという、ひとつの愛情なのだということをよく、この映画制作(製作)関係者はココロに刻んでおいたほうがいい。何故なら、この映画にはナニを突っ込んでもしょうがナイと思われるからだ。要するに、みなさん、この映画のスタッフもキャストもナニか大きな勘違いをされているのか、ただのアホか、いずれかだと判断するしかナイというのが、私の感想というより診断である。香川照之などはいい役者なのに、不遇だなあとまたため息をついてしまう。監督(佐藤東弥)はテレビのひとである。これが映画初監督らしい。テレビのひとが映画を創ると、誰が創っても、テレビドラマが大画面になっただけ、なのは、何故なのか、映画批評家には本気で考えてもらいたいとも思う。ともかく、ハナっからこれってコントじゃねえだろうなというプロット(ここでは展開の意)に、笑っていいのかそうでないのか、迷ったあげく、けっきょく笑った。金融大手の会長が社員を集めて「金は使うことに意義がある、ではナニに使えばいいか」と、訓示するシーンから始まるのだが、その問いかけにナンバー2が「核シェルターを造ることです」と答える。「アホか」と漫才なら突っ込むところだが、会長が「そのとおり、地下王国を築くのだ」と、大真面目になにやら江戸川乱歩の『パノラマ島奇譚』みたいなことをいいだすと、さらにナンバー2が「そのための人材はいっぱいおります」と応じる。この人材が、要するに不良債権者の若者だというのである。で、最初の「限定ジャンケン」というゲームに負けた若者やおっさんたちが、地下の作業場に送られる。地下王国を造るのに、いまどき人海戦術である。地下鉄を通すのにも、トンネルを掘るのにも、いまどきあんなことはしない。じゃあ『蟹工船』へのオブジェかというふうに良心的に観もするが、時空は中国でも北朝鮮でも近未来でもナイ、現在の日本である。すでに、このあたりで、脚本家(大森美香)のホンが破綻しているというか、準備稿レベルのものでしかナイことがワカルのだが、いまどきシナリオスクールに通っている素人でも、こんなホンは書かないだろうというホンに、観客は最後までつきあわされる羽目になる。おそらく大森は金融に関してはおそろしく無知なのに勉強すらしないで、このホンを書いている。原作はマンガだが、マンガだからゆるされる世界はあっても、映画のリアルティはそれをゆるさない。ここに二つ目の問題がある。さらに、「鉄塔渡り」というゲームがある。これは非合法の殺人である。クライマックスの「Eカード」というゲームは、主人公とナンバー2との一対一のカードゲームなのだが、ナンバー2の仕掛けるイカサマがあほらしい。あんなのは、カードのほうに仕込みをすればすむことなのだ。ここでは脚本家の博打に対する無知が馬脚を現す。もうちょっと勉強せえよ、しかし。ともかく、主人公の(舞台でなら通用するだろう)大熱演の絶叫には閉口する。もちっと「力を抜け」とでもいってやりたくなる。あるいは、二人のカード合戦の演出に、そういう素人が観てもワカルような心理戦をやたらと大袈裟に説明するなといいたくなるが、書き出したらキリがナイのでもうやめる。なんでこんなクズのような映画(作品の中でも人間のクズというせりふが何度も出てくるが、これは映画のクズだ)が出来上がってしまうのかについては、ひとこといっておく。それはおそらく、監督にホンを書く力がナイからだ。テレビの分業は、脚本家と演出家を何の疑問もなく引き裂いてしまった。ホンが書けないというのは、映画監督にとって致命的なのではないか。かつての映画監督は、みな本書きから始めた。だから映画会社には監督部などはなく、監督は文芸部に属したのである。

明日から中津川へ(何の用事でかワカランのだけど)行きます。四、五日開店休業です。

« 巷の売文業からひとこと・補 | トップページ | 報告 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558792/48456481

この記事へのトラックバック一覧です: 映画情報『カイジ』:

« 巷の売文業からひとこと・補 | トップページ | 報告 »