無料ブログはココログ

« 夏の死に | トップページ | わしゃ、かなわんよ »

2009年8月 8日 (土)

そうか、学会

杉田かおるの『杉田』がオモシロイ。(小学館)2005年の出版なので、彼女が結婚で幸せいっぱいのときに書かれた本である。もちろん、斎藤美奈子さんの『文芸誤報』からの書評を読んで購入。だいたい、斎藤さんと、豊崎由美さんと、かつては米原万里さんをおさえておけば、女性評論はアトはカスみたいなもんで(というか、党派的で)、どうでも良い。『杉田』は「出生の秘密から結婚生活まで」になっているが、それに触れられているのはごく僅かでしかない。では、何について書かれているかというと、彼女の〔信仰〕について書かれている。彼女は法華経(日蓮正宗)の信者である。で、創価学会のことや池田大作のことについても、さらには、その裏側、黒幕についても書かれているのであるから、斎藤さんの書評によると、この本は宣伝出来なかったろうということなのだが、そうだろうな、これだけ内幕を書かれたら創価学会もかなりの圧力をそこいら中にかけたろう。それもそれなりにというか、戦慄するくらいオモシロイのだが、私のカテゴリーにおいては、彼女の演技術の習得の話や、バラエティに出演するための戦略など、芸能人、というより演技者としての杉田かおるには極めて興味を引かれる。役者は、一度読んでみて損はナイ。まあ、学会員は手にしないだろうけども。しかし、日本共産党も創価学会もけっきょくは、組織としての堕落と腐敗という点では目くそ鼻くそなんだなあ。

« 夏の死に | トップページ | わしゃ、かなわんよ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558792/48457853

この記事へのトラックバック一覧です: そうか、学会:

« 夏の死に | トップページ | わしゃ、かなわんよ »