無料ブログはココログ

« でが | トップページ | 雨の日に »

2009年6月 6日 (土)

いいんじゃないですか

中日新聞で『エンタ目』の連載を始めたので、通年より数倍、観劇の回数が増える。とくに感想や批評を書く気はナイが、各回に写真が一葉必要なので、何か観ておかねばならない。今月は本日観劇予定の『夜明けの奥地』(劇団B級遊撃隊)のつもりだが、来月分で長久手町文化の家に触れるので、昨日は、長久手まで『相思双愛』(パンダラコンチャ)を観に出かける。ペンクラブの河野さんと、劇評家の安住さんにはさまれての観劇。簡単にいってしまえば、山田太一さんの本と向田邦子さんの本を交互に観ているふう。そうか、向田さんというのは近代文学なんだなあ、だから古くならないんだ。元から古いんだから。山田さんのは現代文学より少し先にいったから、いまでは古くなったんだ。てなことを考えながら、どこで、どんなやり方で二つのパラレルな芝居を交えるのかだけを興味をもって観ていた。で、ふーん、なるほどね、美しくまとめたなあ。出演者は、テレビで見知ったひとたちばかりの4人。あのひとたちにとっては、演劇というのは、ああいうものなんだなあ。と、センスやクオリティでは、加藤健一芝居のレベルではナイ、上手い着地のさせ方に拍手しておこう。安住女史はお疲れのようだったけど、私は途中から目を閉じて、芝居を聞いていた(戯曲を耳で追っていた)だけなので、ストレスも多くはなかった。それでも、寝酒に水割りを二杯呑んだなあ。『必殺2009』もゆんべはまったく駄作だったし。おかげで、寝覚めはワルワル。| 

« でが | トップページ | 雨の日に »

演劇」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558792/48521925

この記事へのトラックバック一覧です: いいんじゃないですか:

« でが | トップページ | 雨の日に »