無料ブログはココログ

« 映画情報『MW』 | トップページ | なんといえば »

2009年5月13日 (水)

映画情報『重力ピエロ』

原作がいまをときめく伊坂幸太郎。(『アヒルと鴨のコインロッカー』よかったですね。映画でしか観てませんけど)で、本編。観終わったすぐの感想。「ウソくせえなあ」でした。まあミステリですから虚構中の虚構で、映画にするとウソくさくもなりやすいんですが、これは原作者の原作に原因があるとすれば、伊坂センセが直木賞を何度も逸しているのはそのせいでしょう。しかし、私はこれはヌケのほうだと思います。ウソくせえ理由は「生活感」の希薄さですね。もちろんスタイリッシュに撮るために敢えてそう演出したんでしょうけど(と、良心的に解釈しておきますが)それが裏目に出ましたどすな。意地悪く考えれば、この監督(森淳一)はまともに生活というのをやったことがナイんじゃねえかな。その手の場面ではこの程度でいいだろうシーンの連発です。ディテールを描かないと。生活を描くことは何も糠味噌臭くすることではありません。一応やってはいるんですけど踏み込みが足りないから、ああ、スタッフが用意した消えものか、と興醒め。ミステリとしては単純過ぎて早くから先が読めてしまうので、それでもいいんですけど、もう一工夫というより、カッコよさなんかのこだわりを棄てて、ひと粘りしてもらいたかったですわ。そういうところは韓国映画をみ倣わないといけません。

« 映画情報『MW』 | トップページ | なんといえば »

映画・テレビ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558792/48577833

この記事へのトラックバック一覧です: 映画情報『重力ピエロ』:

« 映画情報『MW』 | トップページ | なんといえば »