無料ブログはココログ

« 四十九日でナニをするか | トップページ | 目覚めのはざまで »

2009年5月19日 (火)

映画情報『ラスト・ブラッド』

アニメ、ノベル、ゲームになってるそうだが、映画として感想をいっておく。ストーリーとしては賞味期限をとおにきれている。チャンバラとは、刀をただ振り回すだけのものではナイ。オチになるのか、アリスという役名の外人ブスの最後のセリフには椅子からずり落ちた。だいたい、なんでヒロインがセーラー服なの。極めてオタク映画からなのけ。VFXは下手な演技を誤魔化すために使ってはイケナイ。オニゲンというのはおにぎり屋のゲンさんのことなのか。小雪は、要するに出稼ぎに行ったワケだ。チョン・ジヒョンというのはけっこうな年齢じゃねえの。英語がおばはんの吹き替えみたいに聞こえたぜ。韓国は、いいテレビドラマ創っているのに、なんでこんなスカ屁のような輸入原作ものをわざわざやるのんや。試写はこれで三連敗。

« 四十九日でナニをするか | トップページ | 目覚めのはざまで »

映画・テレビ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558792/48577695

この記事へのトラックバック一覧です: 映画情報『ラスト・ブラッド』:

« 四十九日でナニをするか | トップページ | 目覚めのはざまで »