無料ブログはココログ

« 演劇者からひとこと | トップページ | 筋肉痛 »

2009年5月 7日 (木)

感無量寿経・グラン・トリノ

クリント・イーストウッド最後の出演作品となる『グラン・トリノ』、なんとまあテーマはというと、かの有名な新約聖書マタイ福音書22章39節「自分を愛するように汝の隣人を愛せよ」である。(と思うんだけど、たぶん間違いナイ)。映画はそこに始まり、そこに終結する。ただし、イーストウッド監督のいわんとしていることは、何も聖書の伝導ではナイ。合衆国はこの聖書の二つの最高綱領(一つは主なる神を愛することなのだが)の根本にもう一度もどるべきではないかという訴えである。イーストウッド監督のここ数本の作品によって、ことごとくアメリカン・ドリームは解体されたと思っていい。で、それはそれ、私はラストシーンからエンディングにいたる場面で、目頭が潤むどころか、大粒の涙をポロポロと落として泣いてしまった。イーストウッドの俳優としての去り方に感無量になったからだと思う。宝探しやら、ホラーも悪いとはいわないが、イーストウッド監督のオーソドキシィには、深く潔くため息をつくのみだ。

« 演劇者からひとこと | トップページ | 筋肉痛 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558792/48577905

この記事へのトラックバック一覧です: 感無量寿経・グラン・トリノ:

« 演劇者からひとこと | トップページ | 筋肉痛 »